追憶のヒロイン/イマージュな関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
追憶のヒロイン/イマージュな関係
Winkシングル
初出アルバム『Each side of screen
B面 イマージュな関係
リリース
規格 8cmCD
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップスアニメソング
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞:及川眠子
作曲:門倉有希
編曲:門倉聡
プロデュース 水橋春夫
チャート最高順位
Wink シングル 年表
背徳のシナリオ
(1991年)
追憶のヒロイン/イマージュな関係
(1991年)
摩天楼ミュージアム
1992年
テンプレートを表示

追憶のヒロイン/イマージュな関係」(ついおくのヒロイン/イマージュなかんけい)はWinkの13枚目のシングル1991年12月16日ポリスターより発売された。

解説[編集]

Winkとしては現時点で初にして唯一の両A面シングル。二曲ともに日本テレビ系のアニメ『わたしとわたし ふたりのロッテ』(1991年11月9日 - 1992年9月5日放送)のオープニングおよびエンディング・テーマ曲として作成されたものである。

エンディング・テーマ曲となった「追憶のヒロイン」は、作詞を及川眠子、作曲を門倉有希、編曲を門倉聡が担当。

オープニング・テーマ曲となった「イマージュな関係」は、作詞を及川眠子、作曲を松本俊明、編曲を門倉聡が担当した。

本作はWinkの「臨時シングル」として[3]、前記アニメ放送開始より1ヶ月余り後の、1991年12月16日に発売。同年末近くに正規のシングルとして認められ、テレビの音楽番組でも歌唱することに決定したが[3]、本シングルのリリース直後の時期に歌唱されたのは、専ら「追憶のヒロイン」であった[注 1]。なお、アニメ版におけるデュオパートの中に、シングル化にあたってソロパートにされた個所がある。

オリコンチャートの週間ランキングでは、12月30日付の初登場5位を最高位とし、以後、100位以内には、翌1992年2月17日付の84位まで、7週連続ランクインした[1][4]。同チャートの年間ランキングでは、1992年度において売上13.602万枚により138位となっている[2]

収録曲[編集]

  1. 追憶のヒロイン
  2. イマージュな関係

収録アルバム[編集]

テレビ番組における歌唱[編集]

※ 在京キー局のテレビ番組の放送日は首都圏のもの。地方の系列局の放送日は異なる場合がある。

  • 追憶のヒロイン
放送日 (曜日) 番組名 放送局 備考
1991.12.27 (金)[5] ミュージックステーション[5] テレビ朝日
1992.01.02 (木)[注 2] タモリ・山田邦子のヤマモリ音楽ステーション[注 2] テレビ朝日 Winkは同番組で、「きっと熱いくちびる」と「背徳のシナリオ」も山田邦子コメディを交えつつ歌唱。
1992.01.10 (金)[6] ミュージックステーション[6] テレビ朝日
1992.01.31 (金)[注 3] G-STAGE[注 3] フジテレビ Winkは同番組でザ・ピーナッツの楽曲「情熱の花」も歌唱。
1992.02.02 (日)[注 4] 歌謡びんびんハウス[注 4] テレビ朝日 Winkは同番組の次回2月9日(日)放送分にも出演[注 5]
1992.02.15 (土)[注 6] 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ[注 6] TBS
1992.06.15 (月)[7] Winkコンサートツアー’92[7] NHK BS2 同番組は1992年4月5日(日)に中野サンプラザで開催された「Sapphire」コンサートを収録したもの。
1993年1月3日(日)に再放送[8]
ライブビデオ『WINK '92 CONCERT SAPPHIRE』(ポリスター、1992年9月26日)に本曲歌唱部分も収録。
  • 衣装は、コンサート用のものを着用した1992年6月15日の『Winkコンサートツアー’92』以外、鈴木早智子が青色、相田翔子が黒色の衣装。
  • イマージュな関係
放送日 (曜日) 番組名 放送局 備考
1992.12.22 (火)[注 7] silent night from angels '92[注 7] WOWOW Winkはコンサート用の衣装を着用して出演。
1993年10月19日(火)に再放送[注 8]
同番組はビデオ『La Soirée D'anges 〜天使たちの夜会〜』(ポリスター、1993年6月25日)として商品化。『Wink Performance Memories ~30th Limited Edition~』(ポリスター、2019年4月24日)のボーナス映像としても収録。

カバー[編集]

  • 追憶のヒロイン
  • Yoo Yoo英語カバー。タイトルは「Acting Heroine Of Memories」。Yoo YooによるWinkの楽曲の英語カバーアルバム『WINK COLLECTION』(ポリスター、1992年9月26日)に収録。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テレビ番組における歌唱」の節参照。
  2. ^ a b 読売新聞』1992年1月1日第2部第24面(『読売新聞縮刷版』1992年1月号p.56)のテレビ番組表に「爆笑ものまねウィンク」として番組放送予定記載あり。
  3. ^ a b 「音楽」(『ザテレビジョン』1992年第4号)p.61(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  4. ^ a b 「音楽」(『ザテレビジョン』1992年第5号)p.67(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  5. ^ 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1992年第6号)p.43(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。
  6. ^ a b 『読売新聞』1992年2月15日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1929年2月号p.688)および夕刊第16面(同前p.704)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  7. ^ a b 『読売新聞』1992年12月22日朝刊第23面(『読売新聞縮刷版』1992年9月号p.991)の衛星・UHF TV番組表および夕刊第16面(同前p.1016)のテレビ番組表に「ウィンク・ライブ」の表題で番組放送予定記載あり。
  8. ^ 『読売新聞』1993年10月19日朝刊第23面(『読売新聞縮刷版』1993年10月号p.871)の衛星・UHF TV番組表および夕刊第16面(同前p.896)のテレビ番組表に「ウィンク・ライブ」の表題で番組放送予定記載あり。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『オリコン年鑑1992別冊 オリコン・チャート・データ'91』オリジナルコンフィデンス、1992年5月10日。
  • 『オリコン年鑑1993別冊 オリコン・チャート・データ'92』オリコン、1993年5月15日。

関連項目[編集]