山本淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本淳一
出生名 山本淳一
生誕 1972年2月28日(44歳)
出身地 日本の旗 日本東京都八王子市
学歴 東京都立墨田工業高等学校卒業
職業 歌手
俳優
タレント
活動期間 1987年-2013年
2014年-
事務所 WING RUN

山本 淳一(やまもと じゅんいち、1972年2月28日 - )は、日本の歌手俳優タレント、プロレスラーである。元光GENJI(後に光GENJI SUPER 5にグループ名が変更)のメンバー。

東京都八王子市出身。八王子市立陵南中学校東京都立墨田工業高等学校卒業。ニックネームは「バンジー」、「淳くん」。所属事務所はWING RUN[1]

ジャニーズ時代の参加ユニット[編集]

来歴[編集]

  • 1986年1月19日に、日本テレビアイドル花組おとこ組』の出演者オーディションに合格し、ジャニーズ事務所に入所。
  • 1987年8月19日に、光GENJIのメンバーとして、「STAR LIGHT」でレコードデビュー。
  • 1995年9月3日、グループ解散。ジャニーズ事務所に残り、ソロ活動を開始。また、同年にはユニット「Junichi&JJr」を結成。
  • 2001年2月遠山景織子との間に長男が誕生するが、未入籍のまま破局。
  • 2002年2月末、ジャニーズ事務所を退所。
  • 2006年4月18日、バナー広告ホームページ「ミリオンダラーハッピー」を設立。
  • 2011年4月30日、「ミリオンダラーハッピー」営業活動終了。
  • 2011年6月、諸星和己佐藤寛之と共に、TUBEの東日本大震災復興応援歌「RESTART」に参加した。
  • 2011年8月6日、東京・表参道GROUNDで、7年ぶりのソロライブであるチャリティーイベント『東日本復興を応援しよう!「Cafe and Bar 山本」』を行った。
  • 2012年5月16日、シングル「少年」を発売、ソロ歌手として再デビューする。
  • 2013年3月2日、所属事務所との契約が解除となり、芸能活動を休止した。原因は借金問題と言われている[2]
  • 2014年9月29日、公式ブログを開設。翌日に芸能活動再開と報じられた[3]
  • 2015年10月31日、2016年2月13日とシアタープロレス花鳥風月運営元のG-TALENT主催でライブを開催[4][5]
  • 2016年2月14日、東京・スターライズタワーにて行われた花鳥風月『Vol.36 「世の中よあはれなりけり」』にてプロレスラーとしてデビュー。対戦相手はブラックタイガー&リアルブラックタイガー&ウルフスター☆組(パートナーは服部健太三尾祥久[5][6][7]

人物・エピソード[編集]

  • 光GENJIでのイメージカラーは赤。
  • 歌唱力、歌声が高いこともあって、光GENJIの曲では高音パートを担当することが多かった[8]
  • 高い運動能力を持ち、連続バック転やバック宙など、様々なアクロバットを曲の振り付けで披露していた。
  • デビュー初期に一時期、「右脛骨外骨腫」という奇病にかかり心配されたが、手術で患部を削り取り、無事に治癒した。
  • 身軽さを売りとしたキャラクターであり、なおかつあだ名がチンパンジーに由来するバンジーであったため、猿の次郎とバク転対決をするなどしたこともあった。このようにメンバー中ではバラエティ番組での活躍が多く、歌番組やコンサートでのトークやビデオ、PV、ミュージックビデオ等でも「オチ担当」であり、その際は高い確率でバナナが使用されていた。
  • 近年、元メンバーの大沢樹生との交流が頻繁に確認され、自身のブログにもその様子が書かれている。また、諸星和己佐藤寛之佐藤アツヒロとも交流が続いていることが確認されている。
  • 木村拓哉の先輩である事を自ら公言している[要出典]
  • 2006年より芸能界から離れ、インターネットのバナー広告の営業マンに転職していた。
  • バラエティ番組の企画でマサイ族と交流を持ったことがあり、ホームステイ先のマサイ族が来日するなど後日に至るまで交流が続いている。
  • 2013年の芸能活動休止後は愛媛県松山市の知人社長を頼り、道後温泉のバーで店長として働いていることが報道された[9]
  • 2016年にプロレスデビューするが、ジャニーズ事務所所属時(光GENJI結成前)、新日本プロレス道場で山本小鉄に毎日のようにプロレストレーニングを受けていた[10]。以降も歌手活動は継続。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル
1 1992年12月16日 嵐になれ
2 2008年6月25日 地球はともだち〜エコラップ〜
小島あやめ×山本淳一)
3 2011年8月6日 負けない
4 2012年5月16日 少年

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 収録曲
1 2002年11月6日 artless
  1. Eternaly
  2. It's all my things
  3. 明日の歌
  4. 陽はまた昇り
2 2003年12月20日 Forge a Link
  1. 手をつなごう
  2. Dust In The Wind
  3. Keep on movin'
  4. I wish I will..
3 2016年4月15日 Keep chasing[11]
  1. 少年
  2. ゼッタイ
  3. フワリ
  4. ニジイロのセカイ
  5. Yell〜message〜
  6. Go Straight

アルバム[編集]

発売日 タイトル
1 2012年10月3日 山本淳一

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

  • いい旅夢気分SP(2011年4月6日、テレビ東京) - 大沢樹生と共演
  • ダウンタウンなう(2015年11月6日、フジテレビ) - 諸星和己と共演[12]
  • これ、もう時効だよね?~今だから聞いちゃいますけど・・・(2016年5月23日、30日、テレビ東京)- 大沢樹生と共演[13]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

  • それいけ!フライデーナイト(栃木放送
  • 山本淳一のJUST IN MUSIC(1994年4月10日 - 2002年3月31日、ABCラジオ

web[編集]

  • 山本淳一のミリオンダラーハッピー(あっ!とおどろく放送局 2007年8月 - 2008年6月)
  • みんなの願いを叶えたい! 火曜日 (あっ!とおどろく放送局 2009年3月24日 - 2010年3月30日)
  • じゅん!じゅん!めぐみ!のアキバ♥大好き(あっ!とおどろく放送局、2010年10月7日 - )

CM[編集]

  • アイデアポーター「忍者WARS」(シアタープロレス花鳥風月 忍者WARSトークイベント編)[14]2016年8月 −

書籍[編集]

光GENJI全集第5巻。1990年12月発売。

脚注[編集]

  1. ^ 山本淳一オフィシャルブログ>Profile
  2. ^ 山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路””. 日刊ゲンダイ (2015年6月19日). 2015年6月22日閲覧。
  3. ^ [諸星和己、元メンバー山本淳一にエール http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140930-1375404.html](スポニチ、2014年9月30日)
  4. ^ 「光GENJIの曲は7人の曲でもあるし、みんなの曲でもある」”. ぼくらのプロレス (2015年11月3日). 2016年1月28日閲覧。
  5. ^ a b 「みんな笑うけど、僕は真剣です。大変ですよ。でも、僕のやりたいこと」元光GENJI・山本淳一バレンタインライブ”. ぼくらのプロレス (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。
  6. ^ 元・光GENJIの山本淳一がプロレスデビュー戦で勝利!(バトル・ニュース)”. Yahoo!ニュース (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。
  7. ^ 花鳥風月2・14スターライズタワー大会 ロビン&勝村vs梅沢&宮本 服部&三尾&山本vsブラックタイガー&リアルブラックタイガー&ウルフスター”. バトルニュース (2016年2月16日). 2016年2月17日閲覧。
  8. ^ 「STAR LIGHT」中盤、「いつか、きっと…」歌い出しなど。
  9. ^ 元光GENJI山本に結婚詐欺報道、現在は道後温泉でバーテンダーに。 - ナリナリドットコム 2013年9月20日
  10. ^ 【フリー記事】元・光GENJI山本淳一、プロレスデビューを語る「昔、山本小鉄さんに指導を……」”. Dropkick:『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部) - ニコニコチャンネル:スポーツ (2016年2月13日). 2016年2月17日閲覧。
  11. ^ New Songs。”. 山本淳一オフィシャルブログ (2016年4月13日). 2016年4月21日閲覧。
  12. ^ http://www.crank-in.net/entertainment/news/39726
  13. ^ http://news.mynavi.jp/news/2016/05/20/269/
  14. ^ 忍者WARS”. 忍者WARS . 2016年8月24日閲覧。

外部リンク[編集]