ハマトラ (ファッション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハマトラとは、1970年代後半から雑誌社の企画により誕生したトラディショナル・スタイルファッションで、主に女子大生やその年齢層の若い女性が嗜好した。横浜トラディショナルを略して、ハマトラと呼ばれる。

概要[ソースを編集]

横浜には東京や神戸や大阪のような全国規模のファッション産業は存在せず、過去から現在までファッション界に"横浜のファッション"というカテゴリーは存在しない。 しかし、1970年代中頃から流行していた神戸発のニュートラに対抗する横浜発のファッションという触れ込みで、女性ファッション誌「JJ」(光文社)の誌面企画で1976年前後に生み出されたファッション・スタイルがこのハマトラである。「JJ」は横浜元町界隈に集う女子大生たちのニュートラとは違う独特のコーディネートに着目し、[1]“おしゃれな港町横浜のお嬢様学校・フェリス女学院大学”に通う女子大生の着る物・身に付ける物をイメージして、大学の最寄りの横浜元町商店街で扱う商品から選んで登用した。1979年から翌1980年に掛けて一大ブーム[2]となったが、そのブームの収束は早く、1981年には再びニュートラにブームが取って代わられる。[3]

海外高級ブランドのアイテムをも組み合わせるニュートラがキャンパス・ファッションだけではなく、社会人の着用やフォーマル・ファッションまで範囲とするのに対して、ハマトラはキャンパス・ファッションの範囲に限定され、故にカジュアル・ファッションがメインとされたことにより、ハマトラが本来ターゲットとした二十歳前後の年齢層以下の女子中高生にも影響を与えた。

ポロシャツベストカーディガンタータンチェック巻きスカートハイソックスパンプスの基本的な組み合わせである。元町商店街に本店を構えるブランドが定番で、フクゾーの洋服、ミハマの靴、キタムラのバッグが神奈川県内では「三種の神器」とまで呼ばれていた。上述の元町ブランドの他にも、ハマトラにおける唯一の海外高級ブランドの定番アイテムとして、クレージュの弁当箱型ショルダーバッグや、ブーム末期は都内で展開したSHIPSやボートハウスなどの胸元にロゴが入ったレタードトレーナーなども目立っていた(ただし、これらはニュートラのほうでも組み合わせられていた)。 よくいえば「清潔感あるお嬢様」、悪くいえば「小学生にしか見えないスタイル」であるとも描写される。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 「JJ」1980年10月号 特集「ハマトラ大研究」より
  2. ^ All About横浜 の元町の項目にてハマトラを一大ブームとの記述有り。http://allabout.co.jp/gm/gc/5093/
  3. ^ 「JJ」の表紙にハマトラの文字が飾られ、そして特集記事で取り上げられたのが1981年4月号 『東西8大学対抗 私たちのハマトラ情報』が最後。以後、1981年度は毎号にわたってニュートラをメインに取り上げることとなる。また、その年の秋には主婦と生活社から「週刊女性特別編集 ニュートラ 秋冬の活躍アイテム総登場」や講談社から「若い女性別冊 ニュートラ大図鑑」などのムック本も刊行される。そして、1981年11月には小学館から「JJ」のライバル誌「CanCam」が創刊されるに至る

関連項目[ソースを編集]