トゥナイト (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥナイト
TV Asahi Roppongi Center.JPG
生放送が行われたテレビ朝日旧社屋(写真は1989年のもの)
ジャンル ワイドショー
放送時間 月曜 - 木曜 23:25 - 翌0:20
月曜 - 木曜 23:55 - 翌0:50 (末期)
放送期間 1980年10月6日 - 1994年3月31日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
出演者 利根川裕
西村知江子
南美希子
松川裕美
雪野智世
玉利かおる
ほか
音声 モノラル放送
エンディング 当該節参照
テンプレートを表示

トゥナイト』は、1980年昭和55年)10月6日から1994年平成6年)3月31日までテレビ朝日系列局で放送されたテレビ朝日制作のワイドショー

概要[編集]

過去にテレビ朝日が制作・放送していた『23時ショー』の流れを汲む深夜番組として放送開始。

『23時ショー』と同様に情報番組の要素とバラエティ番組の要素双方を併せ持っていたが、この番組は情報面をより強化した内容で放送されていた。司会は、番組放送開始から終了まで一貫して作家の利根川裕が務めた。週4日編成で、基本的には55分番組として放送されていたが、1985年9月11日にロス疑惑の三浦和義が逮捕されたのを受け、緊急報道特別番組の形で35分延長し、1時間30分の放送を行ったことがある。

番組は、放送開始から半年後に始まった映画監督の山本晋也による風俗街リポートで、山本がリポート時に発していた「ほとんどビョーキ」というフレーズは、当時の流行語にもなった。他方、「未成年の性犯罪」、「薬物汚染問題やロス疑惑」、「豊田商事永野一男会長の殺害事件」、「日航機墜落事故」(1985年)など、政治・事件・事故など社会的に関心の強い硬派な内容にも積極的な取材を続けたため、ワイドショーの特性を生かしたニュース性も強みがあり、ナイトショーとしての制作スタンスを頑なに守り続けた。また、初期においては田原総一朗などによる政治討論の企画もしばしば組まれており、現在放送中の『朝まで生テレビ!』のような田原司会の討論番組の土壌を築いた番組でもあった(この事が関係してか、『朝生』の第1回目では利根川が討論司会を務めていた)。

番組は13年半にわたって放送され続けたが、1994年4月4日に『トゥナイト2』と題してリニューアルされた。

放送時間[編集]

いずれもJST

  • 毎週月曜 - 木曜 23:25 - 翌0:20 (1980年10月6日 - 1992年4月2日)
  • 毎週月曜 - 木曜 23:55 - 翌0:50 (1992年4月6日 - 1994年3月31日)
    • ネオドラマ』枠が編成されたのに伴い、従前より30分繰り下げられた。『大相撲ダイジェスト』放送時は『ネオドラマ』休止となる関係で、3分繰り上げて放送。

出演者[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

  • 山口敏枝(1980年10月6日 - 1981年3月)
  • 西村知江子 (1981年4月 - 1985年9月)
  • 南美希子(当時テレビ朝日アナウンサー、1985年10月 - 1986年3月)
  • 松川裕美(1986年4月 - 1988年9月)
  • 雪野智世(当時テレビ朝日アナウンサー、1988年10月 - 1989年9月、司会降板後もリポーターとしてレギュラー出演)
  • 門村幸夜(1989年10月 - 1990年9月)
  • 山崎尚子(1990年10月 - 1992年3月)
  • 田中滋実(当時テレビ朝日アナウンサー、1992年4月 - 1993年3月)
  • 玉利かおる(1993年4月 - 1994年3月31日)

その他の出演者(リポーターなど)[編集]

オープニングテーマ[編集]

歴代エンディングテーマ[編集]

ネット局[編集]

番組終了時のネット局[編集]

放送地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日(ANB) テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB)
青森県 青森朝日放送(ABA) 1991年10月1日開局から
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 1992年10月1日から
山形県 山形テレビ(YTS) 1993年4月1日のFNSからANNへのネットチェンジから
福島県 福島放送(KFB) 1981年10月1日開局から
新潟県 新潟テレビ21(NT21) 1983年10月1日開局から
長野県 長野朝日放送(ABN) 1991年4月1日開局から
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB) 1991年10月1日開局から
中京広域圏 名古屋テレビ (NBN)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)

途中打ち切りのネット局[編集]

いずれも『ネオドラマ』の編成開始および九州朝日放送制作の『ドォーモ』の放送時間繰り上げに伴い、1992年4月2日放送分をもってネット打ち切り。

放送地域 放送局 系列 備考
福岡県 九州朝日放送(KBC) テレビ朝日系列
長崎県 長崎文化放送(ncc) 1990年4月2日(開局時)から
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 1989年10月2日(開局時)から
鹿児島県 鹿児島放送(KKB) 1982年10月4日(開局時)から

朝日放送大分朝日放送では、当番組と後継番組のトゥナイト2は一度も放送されなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 渡辺宜嗣 - テレビ朝日公式サイト内 渡辺宜嗣(過去の担当番組 トゥナイト)
テレビ朝日 月曜 - 木曜 23:25 - 23:55枠
前番組 番組名 次番組
ミッドナイトショー
(1979年10月 - 1980年9月)
※23:25 - 翌0:20
トゥナイト
(1980年10月6日 - 1992年4月2日)
ネオドラマ
(1992年4月6日 - 1993年9月30日)
※23:25 - 23:55
テレビ朝日 月曜 - 木曜 23:55 - 翌0:20枠
ミッドナイトショー
(1979年10月 - 1980年9月)
※23:25 - 翌0:20
トゥナイト
(1980年10月6日 - 1994年3月31日)
トゥナイト2
(1994年4月4日 - 2002年3月28日)
※23:55 - 翌0:50
テレビ朝日 火曜 - 金曜 0:20 - 0:50枠
CNNヘッドライン
(1987年10月5日 - 1992年3月31日)
※0:20 - 0:30
熱帯夜アカデミー
(1991年7月1日 - 1992年3月31日)
※0:30 - 0:55
トゥナイト
(1992年4月6日 - 1994年3月31日)
トゥナイト2
(1994年4月4日 - 2002年3月28日)
※前日23:55 - 0:50