Ban (制汗デオドラント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Ban(バン)は、ライオンから発売されている制汗デオドラント製品である。1962年7月発売。

アメリカ合衆国で最初に発売され、その後日本でライセンス生産されるようになった。現在、アメリカ・カナダにおいては、花王の現地法人が販売している。

商品概要・歴史[編集]

沿革
1962年7月 - 「ban」発売開始。
当初はロールオンタイプで、現在のブリストル・マイヤーズ スクイブ社と技術・商標契約を締結し、同社との提携を行う形で展開されていた。当初のパッケージは米国とほぼ同じで、成人女性を対象としたエチケット用品。現在もほぼおなじ形状で販売されている[1]。1998年の事業再編による制汗デオドラント剤事業のチャッテム社への売却の際も当社との提携で一定の成果があった日本においては対象から除外されていた[2]
1967年3月 -『バンスプレー』デオドラントスプレー発売。
パウダースプレー式で手軽に使えるようになり、女子学生、特にスポーツ部員の間で人気となり想定外のユーザーを獲得[1]
1976年2月 - 『ニューバン16 パウダースプレー』デオドラントスプレー発売。
製品ラインを分離。16歳前後の顧客に訴求力をもたせる、明るいデザイン、数年毎の更新、女性アイドル起用のCM、「使っていることが知られると恥ずかしい」というイメージの払拭めざす。消臭に重きをおいた従来スプレーも並行販売するが、のちに、1987年にはban16の売り上げがブランド全体の約8割を占める[1]
1982年 - 『バンスプレー』
成人向けは16との差別化のため、清涼感、消臭機能を強調し、医薬品のようなクールな配色のパッケージとなる。
1985年3月 -『バンスティック』発売。スティックタイプ。
「Ban」表記となる。若年むけ16スプレーは、4種の香りを選べるファッション小物性を強調[1]
1986年3月 -『バン パウダースプレー』デオドラントスプレー発売。
成人向けも女性に向けたやわらかな配色と丸みのある形状に変更[1]
1988年8月 - スティックタイプ『バンスティック』にソフトフレグランスとノンフレグランスを追加
1995年2月 -
『バン16 パウダースプレー』と『バン パウダースプレー』が統合し、『バンセレクト パウダースプレー』に改称
『バンスティック』を『バンセレクト スティック』に改称
当初は制汗消臭市場を独占していたが、この時期には8x4やその他の競合製品が台頭しシェア低下。2商品ライン上の多製品の開発・販売の煩雑さや重複解消のため統合したのが「バンセレクト」。しかし旧製品の2つのユーザー層どちらつかずの対象設定が、その後も続く低迷の一因となる[1]
1996年2月 - 『クール&ドライバン』発売。男性用デオドラントスプレー
1997年2月 -
『バンセレクト スティック』スティックタイプ改良(組成変更)
『バン 素足さらさら』発売。足用デオドラントスプレー。
1998年2月 -
『バンセレクト パウダースプレー』デザインを変更し、新たにキャップ一体型のワンタッチキャップを採用。手軽に使えることとともに、移動中にキャップが外れバッグが汚れる事故への対応。[1]
『バンセレクト ロールオン』ロールオンタイプ改良(容器とデザインを変更)
『バン 素足さらさら』足用デオドラントスプレーに大サイズ(90g)を追加発売
1999年2月 -
『バンセレクト ロールオン』ロールオンタイプ改良(香調を追加し、デザインを変更)
『クール&ドライバン』男性用デオドラントスプレー改良(容器とデザインを変更)
2000年3月 - 『バンセレクト スティック』スティックタイプ改良(デザイン変更)
2001年2月 -
『バンセレクト パウダースプレー』デオドラントスプレー改良(組成とデザインを変更)
『バン 素足さらさら』足用デオドラントスプレー改良(デザインを変更し、ワンタッチキャップを採用)
2001年12月31日 -
ライオン、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社から日本国内における商標権及びその他すべての知的財産を買収により取得。これにより、日本国内での「Ban」はライオン独自で展開するようになる[3]
2002年2月 -
『バンセレクト ロールオン』・『バン 男性用ロールオン』ロールオンタイプ改良(デザインを変更し、『バンセレクト ロールオン』のレモンライムをグリーンレモンを改良)
2002年2月23日 -
『クール&ドライバン』男性用デオドラントスプレー改良(内容量を120gに増量しデザインを変更、清涼感の持続性を向上、アクアムスクを追加)
『バン薬用ロールオン』乳液タイプのロールオン発売
『バンセレクト パウダースプレー』デオドラントスプレーにベビーパウダーの香り追加
『バンセレクト スティック』スティックタイプにせっけんの香り追加
2002年3月16日 - 『バン UVシート』ニオイも抑えるボディ用日焼け止めシート発売
2003年2月8日 -
『バン パウダースプレー』デオドラントスプレー改良(独自開発の「超ドライパウダー(高多孔質マグネシア・シリカ)」配合、デザイン変更、グレープフルーツとグリーンティーを追加して6種類に整理)ブランドを「Ban」に戻し、イタリア人デザイナー・ピエルパオロ・ピタッコに依頼した大人向けデザインに変更。男女雇用機会均等法の改正(1999)をうけ、働く機会の増えた女性にも受け入れられる[1]
『バン ゼロ 薬用デオドラントスプレー』デオドラントスプレー発売。天然フラボノイドクワエキス・クララエキス)を配合。
『バン 素足さらさら』足用デオドラントスプレーに特大サイズ(135g)追加
2004年1月31日
『バン パウダースプレー』デオドラントスプレー、「汗センサーパウダー(エリスリトール含浸パウダー)」配合、フレッシュピーチの香りの追加、ヘアライン加工の新デザイン採用)
『バン パウダーシート』汗ふきシート改良
『バン ロールオン』ロールオンタイプ改良
『薬用バンゼロ デオドラントスプレー』デオドラントスプレー改良(「新ラスティング処方」を採用)。
『バン 薬用ロールオン』はクワエキス・クララエキスの新配合により『薬用バンゼロ デオドラントローション』にリニューアル。
『バン 素足さらさら』はクララエキスの新配合により『薬用バンゼロ フットデオドラントスプレー』にリニューアル。
2005年1月29日
『薬用バンゼロ』シリーズ(デオドラントスプレー・デオドラントローション・フットデオドラントスプレー)を改良。パッケージデザインを変更
『薬用バンゼロ デオドラントスプレー』はリフレッシュマリンノートとヒーリンググリーンノートを追加。
『薬用バンゼロ デオドラントミスト』スリムミストタイプを発売。
『メンズバンゼロ デオドラントスプレー』男性用デオドラントスプレー発売。
2005年2月19日
『バンプチスプレー』デオドラントスプレー、制汗デオドラント剤を使い始める小中学生に向けたプチサイズ(20g)を期間限定で発売
2006年2月1日
シリーズ4アイテム(パウダースプレー・パウダーシート・ロールオン・パウダースティック)の、デザインを変更、香りのラインナップをパウダーシートと共通の4種類。
パウダースプレーは「ナノテクカラッとパウダー」を採用し、ワイルドストロベリーとクリアシトラスを追加。
パウダーシートはエンボス加工を施した「ワッフルシート」を採用。
『メンズバンゼロ デオドラントスプレー』男性用デオドラントスプレーにスタイリッシュソープノートを追加
男性用顔用シート『メンズバンゼロ フェイスリフレッシュシート』発売。
2007年2月7日 - 『new Ban』シリーズ
『new Ban』シリーズ(デオドラントパウダースプレー・リフレッシュパウダーシート・デオドラントロールオン・デオドラントパウダースティック・フットデオドラントスプレー)として、従来の『バン』シリーズ・『薬用バンゼロ』シリーズのラインナップを整理・統合。新たにローズマリーエキスとオトギリソウエキスを新配合し皮脂汗によるニオイにも対応。
デオドラントパウダースプレーは香りのラインナップを一部変更し、新たにウォーターリリーとアップルライチを加えた8種類となる。メタリック地に小さなロゴと鋭角的な形状をつかい、科学・機能性を強調するデザインを採用したが、店頭で見づらく埋没するなど失敗[1]
デオドラントロールオンは植物エキスを6倍高濃度配合したミルキータイプ(無香性)を追加。
2008年2月6日 -
フットデオドラントスプレーを除く既存アイテムもパッケージデザインをリニューアル。
『new Ban デオドラントミスト』携帯できるミストタイプ発売
『new Ban リフレッシュパウダーシート』汗ふきシートに無香料を追加。
2009年2月16日 - 6アイテムで全面刷新を行い、『Ban』シリーズとなる。
デオドラントパウダースプレーはロゼチェリーとアップルバニラを追加。デザインは、先の反省から丸みある形状と白地に大きなロゴとなる。
リフレッシュシャワーシートは肌あたりが柔らかい「ソフトメッシュシート」を新採用するとともに、シートを大判サイズに変更し2枚に切り分けられるミシン目を入れた。香りのラインナップを4種類に整理した。
2010年2月 -
『Ban デオドラントパウダースプレー』デオドラントスプレー改良(ロングラスティング香料採用)
『Ban リフレッシュシャワーシート』汗ふきシートにウォーターリリーを追加
『Ban 薬用デオドラントロールオン 高濃度ミルキータイプ』ロールオンタイプ改良(デザインを変更)
2010年3月17日 -
『Ban 薬用デオドラントスプレー 高密度タイプ』デオドラントスプレー。消臭成分・制汗成分を含ませた複合パウダーにより高い消臭効果。
『Ban 薬用デオドラントシート 高濃度タイプ』発売。女性向け汗ふきシートで初めて制汗成分・殺菌成分を配合。
2011年2月9日 -
『Ban デオドラントパウダースプレー』、『Ban さっぱりシャワーシート』、『Ban デオドラントロールオン』改良。3アイテム共通でスタイリッシュさと機能表現として黒とナノイオン消臭を表現した星形のパッケージデザインを採用。清涼感を感じさせないとされる黒は異例の採用だったが売り上げは増加[1]
デオドラントパウダースプレーは酸化亜鉛を新たに配合した「ナノイオン消臭」を採用。香りは新たにカクテルフルーツを追加。さっぱりシャワーシートは汗のベタつきやニオイの元まで吸着する「ナノイオン吸着パウダー」を配合。
デオドラントロールオンはニオイの元から発生を防ぐ「ナノイオン殺菌」を採用した。
スティックタイプ『Ban 薬用デオドラントスティック 高密度処方』発売
2012年2月8日 - 『Ban 爽感さっぱりシャワーシート』、『Ban デオドラントロールオン』改良[4]
『Ban 爽感さっぱりシャワーシート』は厚みが増し、エンボス加工を施した「厚手×立体メッシュシート」を採用し、リフレッシュウォーターを増量。
『Ban デオドラントロールオン』は肌への滞留性を高めた高密着処方を採用。容器がガラス製からプラスチック製変更、内容量増量。
『Ban デオドラントパウダースプレー』には新しい香りとしてピンクプルメリアの香りとアクアスパークルの香りを追加した(これに伴い、ベビーパウダーの香りとカクテルフルーツの香りは製造終了)。
2012年4月19日 - 『Ban デオドラントパウダースプレー』(135g)と『Ban デオドラントロールオン』にディズニーデザイン限定パッケージを数量限定で発売。
2013年2月13日 -
ウォータータイプの制汗剤『Ban シャワーデオドラント』発売[5]
『トレンドコレクション』開始。『Ban デオドラントパウダースプレー』にその年や時期のトレンドを捉えた香り・カラー・デザインを採用した期間限定商品。第1弾として、「ハピネスドール(華やかなピンクローズの香り)」・「プレシャスレディ(可憐なホワイトブーケの香り)」・「シャイニーウーマン(すがすがしいピュアジャスミンの香り)」の3種類を発売(これに伴い、ピンクプルメリアの香り、ロゼチェリーの香り、アクアスパークルの香りは製造終了)[6]
2014年2月12日 -
「ナノイオンブロック効果」を採用したロールオンタイプの制汗剤『Ban 汗ブロックロールオン』発売[7]。汗腺に蓋をして制汗する効果をもち、脇汗に悩む女性に受け入れられ、2015年6月時点で累計販売個数が500万個を突破する大ヒットなる[1][8]
『Ban シャワーデオドラント』に清涼成分を配合した「クールタイプ」2種を追加発売し、既存品もパッケージリニューアル[9]
『Ban デオドラントパウダースプレー トレンドセレクション』の第2弾として、「可憐なフルーティフローラルの香り」、「魅惑のセクシーフローラルの香り」、「清楚なピュアフローラルの香り」の3種類を発売(これに伴い、2013年2月発売の『トレンドコレクション』3種は製造終了)[10]
2015年2月12日 -
『Ban デオドラントパウダースプレー トレンドセレクション』の第3弾として、「ロマンティックフローラルの香り」、「スウィートフローラルの香り」、「リフレッシュフローラルの香り」の3種類を発売(これに伴い、2014年2月発売の『トレンドコレクション』3種は製造終了)[11]
『Ban シャワーデオドラント』に、ローズフレグランス調の香りを採用した新ライン「&PINK」2種を発売[12](なお、本品の発売に伴い、微香性(アクアの香り)とシトラスの香りは製造終了)。
 ロールオンタイプの制汗剤『Ban ニオイブロックロールオン』発売[13]
『Ban 汗ブロックロールオン』ロールオンタイプに「せっけんの香り」を追加発売[14]
2016年2月10日 -
『Ban デオドラントパウダースプレー トレンドセレクション』の第4弾として、「リッチフローラルの香り」、「ブリリアントフローラルの香り」、「クリアフローラルの香り」の3種類を発売[15](これに伴い、2015年2月発売の『トレンドコレクション』3種は製造終了)。
ロールオンタイプの制汗剤『Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル』発売。「ナノブロックイオン効果」に「耐水皮膜成分」を配合した新処方を採用[16]
『Ban シャワーデオドラント』にフローラル系の香りを採用した新ライン「&Rich」2種を発売[17](これに伴い、『Ban シャワーデオドラント クールタイプ』は製造終了)。
『Ban デオドラントパウダースプレー』4種、『Ban シャワーデオドラント』3種、『Ban 爽感さっぱりシャワーシート』をパッケージリニューアル(これに伴い、『Ban デオドラントパウダースプレー』の「クリアシトラス」は製造終了)。
2016年4月1日 -
『Ban 爽感さっぱりシャワーシート』に、『Ban シャワーデオドラント &Rich』の香りとデザインを採用した数量限定品「&PINK エレガントローズの香り」、「&PINK フェミニンフローラルの香り」を発売(徳用サイズの36枚入りのみの設定)[18]
2017年2月8日 -
スティックタイプの制汗剤『Ban 汗ブロックスティック プレミアムラベル』を発売[19]
『Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル』に「せっけんの香り」を追加発売[20]
『Ban 爽感さっぱりシャワーシート』に「スパークリングフローラルの香り」を追加発売するとともに、既存の4香調も「さらさらパウダー」の改良と清涼剤の増量を行いリニューアル[21](これに伴い、クリアシトラスの香りは製造終了)。

商品ラインナップ[編集]

現行商品
Ban デオドラントパウダースプレー【医薬部外品】
スプレータイプ。スプレーボタン・キャップ一体型でキャップを外さず使用できるワンタッチキャップを採用。
小サイズ45gと大サイズ135gの2サイズ展開(大サイズはキャップを外して向きを反対にさせ、強く押し込むだけでガスを排出できる残ガス排出機能を装着)。2016年2月のパッケージリニューアルに伴い、無香料とウォーターリリーは大サイズのみの設定となった。
2013年に新たに立ち上げた『トレンドセレクション』は毎年その時期のトレンドの香り・カラー・デザインを掛け合わせたスペシャルラインで、第4弾は「ブーケガール~華ざかりの女性たちへ~」をテーマに、フローラルを主体とした3種の香りを用意し、パッケージデザインはピンク系をベースに、イラストレーターの松本美緒とのコラボレーションにより、花のデザインを施した。今回から小サイズ45gと大サイズ135gがセットとなった「ペアセール品」での設定となる。
無香性 -
フェアリーフローラル - ピンク
せっけん -
ウォーターリリー - 水色
リッチフローラルの香り
ブリリアントフローラルの香り
クリアフローラルの香り
Ban シャワーデオドラント【医薬部外品】
トリガー式容器を採用したウォータータイプ。
せっけんの香り
フローラルの香り
ウォーターリリーの香り
&PINK エレガントローズの香り
&PINK フェミニンフローラルの香り
&Rich スパークリングフローラルの香り
&Rich パールフローラルの香り
Ban 爽感さっぱりシャワーシート
ボディ用汗ふきシート。香料は「デオドラントパウダースプレー」や「シャワーデオドラント」と同じものを使用している。10枚入りと36枚入りの2容量を設定する。なお、2016年2月のパッケージリニューアルに伴い、無香料とクリアシトラスの香りは36枚入りのみの設定となった。2017年2月にクリアシトラスの香りと入れ替えで追加したスパークリングフローラルの香りも36枚入りのみの設定である。
無香料
せっけんの香り
フェアリーフローラルの香り
ウォーターリリーの香り
スパークリングフローラルの香り
Ban 汗ブロックロールオン【医薬部外品】
ロールオンタイプ。
無香料
せっけんの香り
Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル【医薬部外品】
「Ban 汗ブロックロールオン」の処方をベースに、耐水皮膜成分と「マイナスイオンポリマー(クロトン酸・VA・ネオデカン酸ビニル共重合体(基剤))」を配合したロールオンタイプ。
無香料
せっけんの香り
Ban 汗ブロックスティック プレミアムラベル【医薬部外品】
スティックタイプ。無香料。
Ban ニオイブロックロールオン【医薬部外品】
従来発売されていた「Ban デオドラントロールオン」後継のロールオンタイプ。香料は「デオドラントスプレー」や「爽快さっぱりシャワーシート」と同じものを使用している。
無香性
せっけんの香り
Ban 薬用デオドラントロールオン 高濃度ミルキータイプ【医薬部外品】
ロールオンタイプ。
Ban 薬用デオドラントスティック 高密度処方【医薬部外品】
スティックタイプ。
無香性
せっけんの香り
Ban フットデオドラントスプレー【医薬部外品】
足用デオドラントスプレー。
小サイズ45gと大サイズ135gの2サイズ展開(大サイズはキャップを外して向きを反対にさせ、強く押し込むだけでガスを排出できる残ガス排出機能を装着)
バン ロールオン 赤バン【医薬部外品】
発売当初からラインナップされており、50年を経た現在も発売されているロングセラー製品。ローションタイプ。
バン 男性用ロールオン【医薬部外品】
発売から40年以上つづくロングセラー商品。シトラスの香り。なお、「Ban」の現行ラインナップで男性用はこの商品のみである。
製造終了品
バン16
バン 素足さらさら【医薬部外品】
バン フォーメン
クール&ドライバン【医薬部外品】
バン ボディフレッシュ
Ban デオドラントロールオン【医薬部外品】
「Ban ニオイブロックロールオン」に継承
薬用バンゼロ デオドラントスプレー【医薬部外品】
薬用バンゼロ デオドラントロールオン【医薬部外品】
「Ban 薬用デオドラントロールオン 高濃度ミルキータイプ」に継承
薬用バンゼロ デオドラントミスト【医薬部外品】
Ban デオドラントスティック【医薬部外品】
「Ban 薬用デオドラントスティック 高密度処方」の発売に伴い製造終了。
Ban デオドラントミスト【医薬部外品】
2012年2月製造終了。
Ban シャワーデオドラント &COOL【医薬部外品】
2016年3月製造終了。
Ban 薬用デオドラントスプレー 高密度タイプ【医薬部外品】
2012年2月製造終了。
Ban 薬用デオドラントシート 高濃度タイプ【医薬部外品】
2013年3月製造終了。
メンズバンゼロ デオドラントスプレー【医薬部外品】
メンズバンゼロ フェイスリフレッシュシート

CM[編集]

歴代CM出演タレント

関連項目[編集]

競合商品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 日経デザイン2015年8月号、およびデザインの変遷
  2. ^ “日本における制汗剤「Ban」事業について” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2000年8月25日), http://www.lion.co.jp/press/2000010.htm 2012年7月18日閲覧。 
  3. ^ “ライオンが、米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社から制汗デオドラント剤「Ban(バン)」の日本における商標権を買収” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2001年12月13日), http://www.lion.co.jp/press/2001019.htm 2012年7月18日閲覧。 
  4. ^ “『Banデオドラントロールオン』・『Ban爽感さっぱりシャワーシート』改良新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2012年1月6日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2012/766 2016年2月11日閲覧。 
  5. ^ “『Banシャワーデオドラント』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2013年1月9日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2013/852 2016年2月11日閲覧。 
  6. ^ “『Banデオドラントパウダースプレー トレンドセレクション』期間限定新発売” (プレスリリース), (2013年1月9日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2013/853 2016年2月11日閲覧。 
  7. ^ “『Ban汗ブロックロールオン』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2014年1月9日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/927 2016年2月11日閲覧。 
  8. ^ “『Ban汗ブロックロールオン』が累計販売個数500万個突破!” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2015年6月18日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2015/1458 2016年2月11日閲覧。 
  9. ^ “『Banシャワーデオドラント クールタイプ』追加新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2014年1月9日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/928 2016年2月11日閲覧。 
  10. ^ “『Banデオドラントパウダースプレートレンドセレクション2014』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2014年1月9日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/929 2016年2月11日閲覧。 
  11. ^ “『Banデオドラントパウダースプレー"トレンドセレクション2015"シリーズ』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2015年1月13日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2015/1014 
  12. ^ “『Banシャワーデオドラント&PINK』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2015年1月13日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2015/1015 2016年2月11日閲覧。 
  13. ^ “『Banニオイブロックロールオン 無香性』『Banニオイブロックロールオン せっけんの香り』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2015年1月13日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2015/1016 2016年2月11日閲覧。 
  14. ^ “『Ban汗ブロックロールオン せっけんの香り』追加新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2015年1月13日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2015/1017 2016年2月11日閲覧。 
  15. ^ “『Banデオドラントパウダースプレー』トレンドセレクション2016 新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2016年1月8日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2016/1595 2016年2月11日閲覧。 
  16. ^ “『Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベル』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2016年1月13日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2016/1596 2016年2月11日閲覧。 
  17. ^ “『Banシャワーデオドラント &Rich』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2016年1月13日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2016/1597 2016年2月11日閲覧。 
  18. ^ “『Ban爽感さっぱりシャワーシート&PINK』数量限定発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2016年1月28日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2016/1607 2016年6月15日閲覧。 
  19. ^ “『Ban汗ブロックスティック プレミアムラベル』新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2017年1月10日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2017/2158 2017年2月8日閲覧。 
  20. ^ “『Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベル せっけんの香り』追加新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2017年1月10日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2017/2159 2017年2月8日閲覧。 
  21. ^ “『Ban爽感さっぱりシャワーシート スパークリングフローラルの香り』追加新発売” (プレスリリース), ライオン株式会社, (2017年1月10日), http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2017/2160 2017年2月8日閲覧。 

外部リンク[編集]