祐子と弥生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

祐子と弥生(ゆうことやよい)は、双子姉妹の千葉 祐子(ちば ゆうこ)、千葉 弥生(ちば やよい)(両名とも1961年4月21日(55歳) - )による演歌歌手デュオ。現在は「裕子と弥生」と記される。

略歴[編集]

岩手県胆沢郡金ケ崎町出身。岩手県立金ケ崎高等学校卒業。

10歳から民謡を習い、一卵性双生児の姉・弥生と妹・祐子とのコンビで、1981年3月に行われた「NHKのど自慢」グランドチャンピオン大会でグランドチャンピオンとなる。

第一プロダクションに所属し、「NHKのど自慢」グランドチャンピオン大会からわずか4ヶ月後の7月にミノルフォンから「父さん」でデビュー、第23回日本レコード大賞新人賞を受賞した。同期近藤真彦山川豊沖田浩之竹本孝之堤大二郎ひかる一平矢野良子などがいた。この年は男性アイドルが多かった。

現在は、カラオケ教室を開いている。また、関東近県のカラオケ店などで、精力的に活動をしている。姉妹が指導した若林愛高梨桃子らは2005年3月にPLIMEのメンバーとしてデビューしている。

1996年、音楽家のアドバイスを受け、芸名を本名の祐子から裕子に改名、千葉の行徳でカラオケを教えている。

主な代表曲[編集]

  • 父さん(1981年)
  • 海峡越えて(1982年)
  • 泣くも笑うも一緒です(1982年)
  • 北国ごころ(1983年)
  • 浪花節だよ人生は(1984年)※この作品は競作。他に細川たかし木村友衛などが同作をリリース。
  • ひと目惚れしてなんとやら(1985年)
  • 港恋しぐれ(1985年)
  • 浅草ラプソディー(1986年)
  • 大漁船(1987年)
  • 恋みれん(1988年)
  • ふるさと一番恋二番(1989年)
  • 男の街(1990年)
  • あの日の朝に(1993年)
  • 最上川恋歌(1997年)