城みちる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
じょう みちる
城 みちる
本名 城谷 晃太郎
生年月日 (1957-11-18) 1957年11月18日(61歳)
出生地 日本の旗 日本広島県安芸郡音戸町(現・呉市
国籍 日本
身長 173cm[1]
血液型 A型[1]
職業 歌手タレント
活動期間 1973年 - 1976年
1985年 - 現在[2]

城 みちる(じょう みちる、1957年11月18日[1] - )は、日本歌手タレント。本名は城谷 晃太郎(じょうやこうたろう)[1]ミュージック・オフィス合田所属。現在、広島を拠点に活躍している。

来歴・人物[編集]

広島県安芸郡音戸町(現呉市)出身。音戸町は呉市から海を隔ててすぐの倉橋島にあり、城谷家は江戸期には、両替商として浅野藩藩札を扱っていた[3]明治になってから造り酒屋郵便局・電報局を始めて、父親の代で電器店を開いた。実家は800坪の土地に、築200年を越える木造建築で、2階は全てで百畳あり、六つの部屋がで仕切られていたという。裏山から引いた水で賄っていることから、現在も島の中で1軒だけ、水道契約をしていないという[3]

武田学園呉高校(現武田高校)→明治大学付属中野高校定時制→堀越高等学校卒業→駒澤大学中退。

1972年昭和47年)、中学3年の時に「スター誕生!」の広島県予選で本選出場に残り、翌1973年(昭和48年)「スター誕生!」第7回のチャンピオンに輝く。父親が強く反対する中[補足 1]、芸能事務所社長長良じゅんの自宅に1年間下宿[2]。同年『イルカにのった少年』東芝EMIより歌手デビュー[補足 2]した。デビュー曲の曲名を決めたのも長良で、鑑賞していた映画に出てきた『沈没船船首のイルカに乗った少年の像』より曲名が決まった[2]

『イルカにのった少年』は50万枚の大ヒットを記録[3]、1974年(昭和49年)の第16回日本レコード大賞にて新人賞を獲得した[5]。童顔で細身のルックス、歌唱力で、一躍トップアイドルに上り詰めた[3]。同時期にデビューしたあいざき進也豊川誕らと共に「新新御三家」と呼ばれる。

1975年(昭和50年)の沖縄海洋博では、日本代表として歌唱した[3]

10枚のシングルレコードをリリースし、20歳で引退(芸能活動休止)。歌手活動は高校3年間だけで、その後は駒澤大学に入学するも中退[4][6]

3年間の芸能活動のあとは大学に行って家業を継ぐという父との約束に従って1979年(昭和54年)に帰郷、1981年(昭和56年)から長期間、実家の電器店[補足 3]を営んでいた[4][6]

アイドル歌手としての人気絶頂時にあった伊藤咲子と歌番組で共演した事をきっかけに、彼女との恋に落ちた。当時の他のアイドルも皆恋愛はしていたが、アイドル同士というのは無かったので、大きく取り上げられたのではないかと話している[3][7]
伊藤とは1975年(昭和50年)より4年間交際し、城の引退後もしばらく付き合っていたという[3][8]

1986年(昭和61年)、長良に誘われビートたけしと会食。ビートたけしは「イルカにのった少年はどこに消えた?」などと、城を漫才のネタに使っていたので、一言文句でもと思ったが、ビートたけしから「来月から始まる番組(「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」)に出ないか」と出演依頼があり[2][3]、悩んだ末にこれを受諾、芸能界に復帰した[9]。芸能活動再開後はタレントとしても幅を広げ「しあわせ家族計画」や、懐メロ特集など多数のテレビ番組に出演している。

20代前半の頃に一般の女性と結婚、長男を儲けるも1年で離婚、1991年(平成3年)に地元広島でリポーター業などを行う山本けいこ (山本敬子、城谷けいことも)と再婚し[8]長女をもうけた。夫婦で全国ネットのバラエティ番組に出演[10]

2005年(平成17年)、父親がを患っていることが判明。これをきっかけに実家の電器店を店仕舞いする一方、城自身の歌を認めてもらうべく父親に500ヶ所の介護老人福祉施設(介護施設)訪問を約束し[補足 4]、翌2006年(平成18年)より全国の老人福祉施設などでの慰問公演を始めた[11][12][13][補足 5]

「500ヶ所の介護施設訪問」という約束は父親の存命中に達成できなかったものの[補足 6]、2013年初めの時点で780ヶ所を巡り、2015年(平成27年)10月8日に広島県福山市に所在する特別養護老人ホーム「むつみ苑」に於いて開いたステージにて慰問公演1000回目を迎えることが出来た[11][14][15]

近年では、自身の持ち歌「イルカにのった少年」に因んで、水族館などに於いてイルカ関連の営業活動を展開させており、2012年(平成24年)4月3日には大阪の「みさき公園」に於いて同園の”1日園長”として迎えられ、イルカたちとの「夢の競演」を開いた。このステージでは城自身が持ち歌「イルカにのった少年」を歌うのに合わせてイルカがジャンプするといった演出が繰り広げられ、観客を沸かせていた[16][17][補足 7]

2017年(平成29年)11月18日、広島市内に於いて「Thanks Party」を開いた。これは同年で還暦を迎えた城自身がファンへの感謝を込めた歌謡ショーであり、自身のアイドル時代の共演相手で一時期交際もしていた伊藤咲子らが共演者として駆けつけていた[18][19][20][21]

出演[編集]

レギュラー出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

アニメ[編集]

情報番組[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

EP
  • イルカにのった少年/真珠色の涙(1973年12月20日)
  • 君はエンジェル/角笛を吹く少年(1974年4月5日)
  • 君がまぶしい/みどり色の風(1974年6月20日)
  • 星空への誓い/緑の館(1974年8月20日)
  • チルチルみちる/情熱(1974年11月20日)
  • 大人への階段/一瞬の出来事(1975年3月5日)
  • 真夏の太陽/君だけを愛す(1975年6月5日)
  • サンゴ礁の娘/その時が来た(1975年7月20日)
  • 風のない日/ギターを弾くのはもうやめよう(1975年10月5日)
  • あの娘年下何年生/泣いちゃおうか泣いちゃおうか(1976年4月20日)ベストアルバム『BIG ARTIST BEST COLLECTION 城みちる』に収録
8cm CD

アルバム[編集]

LP
  • イルカにのった少年/城みちるファースト・アルバム(1974年3月5日)
    • SIDE A
      • イルカにのった少年
      • 個人授業
      • 真珠色の涙
      • 銀河をはしる少年
      • 叫びたくなるよ
      • 心の旅
    • SIDE B
      • あなたへの愛
      • あてのない旅
      • 美しすぎて
      • 口笛の街角
      • 魅力のマーチ
      • あの素晴らしい愛をもう一度
  • 君がまぶしい/みちるプレゼントII(1974年9月5日)
    • SIDE A
      • 君がまぶしい
      • 君は妖精
      • みどり色の風
      • 気ずいたら恋
      • 角笛を吹く少年
      • 君はエンジェル
    • SIDE B
      • カレンダー・ガール
      • ダイアナ
      • ハロー・メリー・ルー
      • 悲しき天使
      • カリフォルニアの青い空
      • 愛するハーモニー
  • みちるプレゼントIII(1974年12月1日)
    • SIDE A
      • 青い鳥
      • 夢見るひと
      • 星を数えて
      • りんごの木の下で
      • 少女と白い馬
      • 楽しくやろうよ
    • SIDE B
      • オー・キャロル
      • カラーに口紅
      • 君はわが運命
      • 恋の片道切符
      • I NEED YOUR LOVE TONIGHT
      • 渚のデイト
  • みちるの青春/大人への階段(1975年3月5日)
    • SIDE A
      • 大人への階段
      • 一瞬の出来事
      • ふれあい
      • 帰らざる日のために
      • よろしく哀愁
    • SIDE B
      • 若者たち
      • 愛の泉
      • 青年は荒野をめざす
      • あなたの心に
      • 君は今青春
  • 新しい旅立ち(1975年12月1日)
    • SIDE A
      • 風のない日
      • サボテンの花
      • 岬めぐり
      • 精霊流し
      • 22才の別れ
      • ギターを弾くのはもうやめよう
    • SIDE B
      • 人生を語らず
      • 我が良き友よ
      • シクラメンのかほり
      • 小さな街のプラタナス
      • 東へ西へ
      • 夕立

ベストアルバム[編集]

  • BIG ARTIST BEST COLLECTION 城みちる(1994年12月7日 東芝EMI TOCT 8641) 20曲入り
  • 城みちる GOLDEN☆BEST(2002年6月19日 東芝EMI TOCT-10858) 18曲入り
    • イルカにのった少年
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:高田弘/歌:城みちる
    • 銀河をはしる少年
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 叫びたくなるよ
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • あてのない旅
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 口笛の街角
      • 作詞:松井真佐子/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 君はエンジェル
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 君がまぶしい
      • 作詞:千家和也/作曲:林あきら/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 君は妖精
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 気づいたら恋
      • 作詞:杉さとみ/作曲:林あきら/編曲:竜崎孝路/歌:城みちる
    • 星空への誓い
      • 作詞:有馬三恵子/作曲:すぎやまこういち/編曲:すぎやまこういち/歌:城みちる
    • チルチルみちる
      • 作詞:川口文/作曲:すぎやまこういち/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 青い鳥
      • 作詞:たかたかし/作曲:牛車茂/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 夢見るひと
      • 作詞:有馬三恵子/作曲:すぎやまこういち/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 星を数えて
      • 作詞:増永直子/作曲:森田公一/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • りんごの木の下で
      • 作詞:有馬三恵子/作曲:すぎやまこういち/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 少女と白い馬
      • 作詞:増永直子/作曲:森田公一/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • 楽しくやろうよ
      • 作詞:たかたかし/作曲:牛車茂/編曲:あかのたちお/歌:城みちる
    • サンゴ礁の娘
      • 作詞:阿久悠/作曲:筒美京平/編曲:高田弘/歌:城みちる
  • NEW BEST1500(2005年8月24日 東芝EMI) 10曲入り

デュエット[編集]

エピソード[編集]

自身のこと[編集]

  • 堀越高校に在籍していた当時の城の学業成績は悪かったといわれている[24]
  • 父親との約束のため実家に戻ってからの城は、通信会社を経営する実業家の一面も見せている[18]
  • 城自身のアイドル時代の映像を娘の城谷るり(後記参照)に見せたところ「パパ、きもちワル~イ」と言われたが、一方でテレビアニメちびまる子ちゃん』に城自身がキャラクターとして登場する場面[補足 8]を見せると「パパ、すごいじゃん!」と尊敬されたという。なお、自身の歌「イルカにのった少年」をアレンジして歌うよう娘「るり」に頼んだこともあるが、この際には娘は拒否している[4][11]

娘「るり」のこと[編集]

城の娘は、広島市の専用劇場を拠点に活動するアイドルグループひろしまMAPLE★Sの元メンバーで、ネットアイドルの城谷るり[4][26][補足 9]。2016年(平成28年)4月20日に呉市文化ホールで行われた公演のステージで父娘初共演を果たしている[30]

その娘・るりについて、2017年(平成29年)6月3日に日本テレビ系列で放送された『有吉反省会』に於いてとりあげられた「雑二世軍団 一斉パトロール」VTRの中で、反省人の一人として登場した「るり」がリビングで横になりながら父親である城をこき使って片付けさせている姿が映し出されていた。このVTRでは「るり」を含めて3名の”雑二世軍団”タレントが反省人として登場しており、彼らの生活ぶりに反省見届け人の一人として出演していたバカリズムは、その中に放蕩さを感じ取り、「涙が出てきそうになった」と唖然とした表情を見せた。なお前出”雑二世軍団”タレント3名は番組の中で、禊ぎとして「城みちるさんに謝罪をして1日付き人」することを課された[26][31]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 芸能プロダクションやレコード会社等との面談の席上でも父親は「絶対に歌手にさせない」と強硬に反対していたが、最終的には”高校の部活動のつもり”で3年間だけという約束の下で許した[4]
  2. ^ 東芝系列のレーベルからのデビューとなった背景には、実家が東芝製品を取り扱う電器店(東芝チェーンストアー)であること、のちに後を継ぐこととなるこの電器店と東芝の家電製品に愛着を抱いていたことがある[4]
  3. ^ イルカに乗った少年の銅像がある。
  4. ^ この約束は、癌を宣告された父親に「好きなことをしろ」と言われた城が父親と交わしたものであり、父親との最後の約束となった[11]
  5. ^ 慰問公演自体はボランティアで行っているため、機材運搬なども全て城自身が済ませるのが基本となっている[11]
  6. ^ 父親は2008年(平成20年)頃に胆管癌のため81歳で他界している[14]
  7. ^ この「みさき公園」に於けるイヴェント出演は、同園が2012年(平成24年)に開園55周年を迎えることを記念してのイメージキャラクターとして城が起用されたことに伴うもの。城自身が同年に55歳を迎えたこと、そして同園がイルカショーを名物コンテンツと位置づけていることが城の起用に繋がった[17]
  8. ^ テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』にキャラクターとして登場する「城みちる」には、主人公「まる子」と同じ小学校のクラスに属する児童の一人である「山根」がファンとして付いてきており、城が歌い始めると「みちる~」と絶叫するという[25]
  9. ^ 城谷るりは2015年(平成27年)春に「ひろしまMAPLE★S」に加入、2017年(平成28年)2月3日に卒業公演を行った。なお、この卒業公演の1年あまり前に「ひろしまMAPLE★S」はグループ名を「MAPLEZ」に改称している[27][28][29]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 城みちるのプロフィール”. 城みちる オフィシャルサイト 【公式サイト】. 2017年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 『私の師 歌手 城 みちるさん 自然に気配り思いやり』 - 中国新聞 2012年5月28日 15面
  3. ^ a b c d e f g h 「新 家の履歴書」『週刊文春』2013年5月23日号、p.94-97
  4. ^ a b c d e f “57歳になった城みちる「娘は地元広島のご当地アイドルです」”. 週刊女性PRIME. (2015年4月26日). http://www.jprime.jp/articles/-/3574 2018年2月23日閲覧。 
  5. ^ 第16回日本レコード大賞”. 活動~日本レコード大賞~. 日本作曲家協会 (1974年12月31日). 2018年2月24日閲覧。
  6. ^ a b 城みちるプロフィール”. 合田道人 童謡の謎. ミュージック・オフィス合田. 2018年2月24日閲覧。
  7. ^ TBS (2013年7月19日). “「爆報!THE フライデー」2013年7月19日(金)放送内容”. テレビ紹介情報. 価格.com(番組情報提供…ワイヤーアクション). 2018年2月24日閲覧。
  8. ^ a b “城みちる&伊藤咲子、40年前の“禁断の恋”語った!”. サンケイスポーツ(SANSPO.COM). (2015年9月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150902/geo15090205020005-n1.html 2018年2月24日閲覧. "全2頁構成(→2頁目)" 
  9. ^ 「'70〜'80年代アイドル"あの人はいま"」『週刊現代』2012年5月19日号、p.61
  10. ^ PROFILE”. 山本けいこ 公式サイト. 2018年2月25日閲覧。
  11. ^ a b c d e フジテレビジョン (2015年10月12日). “ノンストップ!”. TVでた蔵. 富士ソフト(番組情報提供…ワイヤーアクション). 2018年2月23日閲覧。
  12. ^ 「イルカに乗った少年」城みちるさんが慰問] - 赤穂民報 2008年7月29日
  13. ^ 城みちる PROFILE (PDF)”. 広島国際大学. 2018年2月25日閲覧。
  14. ^ a b 後藤洋平 (2013年1月29日). “核なき世界へ 被爆国から2013(1) 歌手・城みちるさん”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/hibakusha/shimen/hibakukoku2013/hibakukoku2013-01.html 2018年2月25日閲覧。 
  15. ^ ひろしま神楽女子代表の住川さんに神楽の魅力を伺いました! - NHK広島放送局 2015年10月7日
  16. ^ “「イルカにのった少年」の城みちるが現状を告白 イルカ関連の仕事で稼ぐ”. livedoor ニュース. トピックニュース. (2017年1月9日). http://news.livedoor.com/article/detail/12514437/ 2018年2月25日閲覧。 
  17. ^ a b “「イルカにのった少年」がイルカと競演…城みちる、みさき公園一日園長に”. J-CASTトレンド. (2012年4月4日). https://www.j-cast.com/trend/2012/04/04127776.html 2018年2月25日閲覧。 
  18. ^ a b “城みちる 還暦ディナーショーでの“自虐ポスター”が話題に”. 女性自身. (2017年12月2日). https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/31619 2018年2月23日閲覧。 
  19. ^ 城さん、還暦祝いのディナーパーティーのタキシードに挑戦!”. サルトリパーロ店主のブログ. サルトリパーロ広島(公式ブログ) (2017年10月3日). 2018年2月25日閲覧。
  20. ^ 18(土)は、城みちるさんの「THANKS PARTY」へ。…”. 谷村秀格(俳人・書家)《Twitter内公式アカウント》 (2017年11月19日). 2018年2月25日閲覧。
  21. ^ 仲間。”. 山本淳一(公式ブログ) (2017年11月19日). 2018年2月25日閲覧。 “城みちる還暦公演「Thanks Party」共演者の一人”
  22. ^ ミチル殿のこれ見て一件落着 公式Facebook 2017年3月17日.ミチル殿のこれ見て一件落着 公式Facebook.2017年11月26日閲覧。
  23. ^ サンゴ礁伝説 青い海のエルフィ”. 日本アニメーション. 2016年5月17日閲覧。
  24. ^ 日本テレビ (2011年9月6日). “超豪華!!スタア同窓会IV ~マルヒの(秘)おきて~”. TVでた蔵. 富士ソフト(番組情報提供…ワイヤーアクション). 2018年2月25日閲覧。
  25. ^ 『ちびまる子ちゃん大図鑑DX』 扶桑社2015年12月、260頁。全国書誌番号:22674569ISBN 978-4594073947
  26. ^ a b “バカリズム、二世タレントたちの放蕩ぶりに唖然「涙が出てきそう」”. livedoor ニュース. トピックニュース. (2017年6月4日). http://news.livedoor.com/article/detail/13155664/ 2018年2月24日閲覧。 
  27. ^ 【公式】香山紗英・城谷るり卒業のお知らせ。新体制について。”. MAPLEZ OFFICIALブログ. MAPLEZ(Powered by Ameba) (2016年12月29日). 2018年2月25日閲覧。
  28. ^ “MAPLEZ香山紗英、城谷るりが卒業発表”. 音楽ナタリー. (2016年12月30日). https://natalie.mu/music/news/215236 2018年2月25日閲覧。 
  29. ^ “ひろしまMAPLE★Sが改名、今夏QUATTROツアーを開催”. 音楽ナタリー. (2016年1月2日). https://natalie.mu/music/news/171257 2018年2月24日閲覧。 
  30. ^ “『イルカに乗った少年 城みちる』アイドル引退と恋愛、広島の実家や娘の画像 (page 2)”. Middle Edge(ミドルエッジ). (2016年4月25日). https://middle-edge.jp/articles/8Eeym?page=2 2016年5月9日閲覧。 
  31. ^ 日本テレビ (2017年6月3日). “有吉反省会”. gooテレビ番組. goo. 2018年2月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]