あの素晴しい愛をもう一度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あの素晴しい愛をもう一度 (TO BE TOGETHER AGAIN)
加藤和彦北山修シングル
B面 僕を呼ぶ故郷 (I'M PINING AWAY)
リリース
規格 7"シングル・レコード
ジャンル フォーク
時間
レーベル キャピトル / 東芝音楽工業
作詞・作曲 北山修、加藤和彦
チャート最高順位
  • 週間10位(オリコン
  • 1971年度年間46位(オリコン)
加藤和彦北山修 シングル 年表
- あの素晴しい愛をもう一度
(1971年)
-
加藤和彦 年表
チッチとサリー(チッチとサリー)
1970年
あの素晴しい愛をもう一度(加藤和彦と北山修)
(1971年)
家をつくるなら
1973年
テンプレートを表示

あの素晴しい愛をもう一度」(あのすばらしいあいをもういちど)とは、北山修が作詞、加藤和彦が作曲し2人の連名で発表した歌曲。1971年4月5日にレコード発売。1994年3月30日にはCDシングルも発売されている。「あの素晴しい愛をもう一度」と誤って表記されることが多い。2002年ザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)新結成のときも「素晴しい」とクレジットされた[2]

概要[編集]

この楽曲の成り立ちはシモンズのデビュー曲を依頼された加藤・北山コンビが、加藤が作曲に1日、北山が作詞に1日で作り上げた。加藤は北山から送られてきた歌詞を見て北山に電話をし「最高だよ最高」とはしゃいだと、北山が加藤の追悼文に記している[3]。結局、シモンズには別の曲が用意され、この楽曲は加藤と北山で歌うことになった。以上の経緯は、2010年7月31日のトークショーで北山が語っている。 この曲のオリジナル録音(1971年)のきっかけは、東芝音楽工業がフォークルの再結成を図って加藤・北山の両人にはたらきかけたものであるとされる。当時、フォークルの再結成はあり得ないと明言していた2人は、ジャケットでもカメラを全く無視している。これには東芝に対する抗議の意味を込めていると加藤・北山ともに当時のラジオ番組で語った。

オリジナル・ヴァージョンでは加藤による変則スリーフィンガーが展開されるが、「北山修25ばあすでい・こんさあと」に於いては「弾きながら歌える自信がない」とのことで通常のスリーフィンガーで演奏された。

第3番の歌詞の「あの時風が流れても変わらないと言った二人の」という一節は、「戦争を知らない子供たち」(ブロンズ社, 1971年)では「あの時星になりたいと夜明けまで泣いた二人の」となっている。ただし、この歌詞で歌われたことはない。2年後に出版された「ピエロの歌」収録の「北山修青春詞歌集」では、歌詞は「あの時風が流れても変わらないと言った二人の」となっている。

シングル・ジャケット表面には“加藤和彦 - 北山修”とあるが、折り返しの裏面では“歌 / 加藤和彦と北山 修”と記載されている。また、歌詞の他、北山が本作リリースの経緯を綴った「25才を前にして」が掲載されている。

収録曲[編集]

全曲作詞:北山修、作曲:加藤和彦、編曲:葵まさひこ

SIDE A[編集]

  1. あの素晴しい愛をもう一度 (TO BE TOGETHER AGAIN) - (2:47)

SIDE B[編集]

  1. 僕を呼ぶ故郷 (I'M PINING AWAY) - (2:10)

メモリアル・シングル 〜あの素晴しい愛をもう一度〜[編集]

2009年、マキシ・シングルとして復刻。さらにザ・フォーク・クルセダーズ「青年は荒野をめざす」「悲しくてやりきれない」の2曲をボーナス・トラックとして収録。日本の音楽界に多大なる貢献をした加藤に敬意を表し、後世に歌い継がれるべき1枚としてリリースされた[1]。パッケージ表面はオリジナル・シングル・ジャケット。裏面にはザ・フォーク・クルセダーズのステージ写真が使われている。

収録曲[編集]

全作曲: 加藤和彦。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. 「あの素晴しい愛をもう一度」(加藤和彦と北山修) 北山修 加藤和彦 葵まさひこ
2. 「僕を呼ぶ故郷」(加藤和彦と北山修) 北山修 加藤和彦 葵まさひこ
3. 青年は荒野をめざす(ザ・フォーク・クルセダーズ) 五木寛之 加藤和彦 川口真
4. 悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズ) サトウハチロー 加藤和彦 ありたあきら
合計時間:

カバー[編集]

この曲はソロやデュエットの形でカバーされるほか、中学校の音楽教科書に載ったこともあり様々な合唱編曲があり、2000年代になってもなお合唱コンクールなどでは定番曲である。2002年2003年の『FNS27時間テレビ みんなのうた』のテーマ曲にも使用され、総合司会だったみのもんたがエンディングで号泣しながら歌った。

この他カバー以外にも、これまでにCMで替え歌が何度か歌われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 【CDシングル】『メモリアル・シングル 〜あの素晴しい愛をもう一度〜』” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年11月5日閲覧。
  2. ^ ただし、同年に発売された本人選曲監修のベスト・アルバムMemories 加藤和彦作品集』での表記は「素晴らしい」となっている。
  3. ^ 北海道新聞』(2009年10月19日朝刊)
  4. ^ デビュー35周年記念CD-BOX天地真理 プレミアム・ボックス』(2006年)にも収録