ダイアナ (ポール・アンカの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイアナ (Diana)
ポール・アンカシングル
B面 "Don't Gamble With Love"
リリース
録音 1957年5月
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク
ドン・コスタ英語版による)
ジャンル ポップ・ミュージック
時間
レーベル ABCレコード
作詞・作曲 ジョー・シャーマン英語版
ポール・アンカ
ゴールドディスク
ゴールドディスク
ポール・アンカ 年表
"Diana"
(1957)
"I Love You, Baby"
(1957)
テンプレートを表示

ダイアナ」(Diana) は、1957年ポール・アンカが作詞作曲し、自ら歌って有名にした楽曲で[1]、1957年5月にニューヨークドン・コスタ英語版のスタジオで録音された。

その後、RCAレコードと契約した後、アンカは「ダイアナ」など数多くのヒット曲を1963年に再録音した。これらのバージョンは、イタリアでも、特別なLPとして発売された。

概要[編集]

この曲は、アンカの高校時代の同級生であったダイナ・アユーブ (Diana Ayoub) からヒントを得たともいわれているが[2]2005年ナショナル・パブリック・ラジオ (NPR) のテリー・グロス英語版が行ったインタビューの中で、アンカは、教会で出会った、ほとんど知らない少女から示唆を受けたと述べている。録音に参加したスタジオ・ミュージシャンの中には、ギターのバッキー・ピザレリ英語版、ピアノのアーヴィング・ウェックスラー (Irving Wexler)、ベースのジェリー・ブルーノ (Jerry Bruno)、ドラムスのパナマ・フランシス英語版らがいた。録音は、1957年5月にRCAのスタジオで行われた[3]バッキング・ボーカルのひとりは、アーティー・リップ英語版(後のレコード会社重役)であった。

ポール・アンカ自身による1957年のオリジナル盤は『ビルボード』誌の総合チャートであるトップ100では最高2位にとどまったが、「ベスト・セラーズ・イン・ストアズ (Best Sellers In Stores)」チャートで首位となり、のべ900万枚を売り上げたといわれている[4]。「ダイアナ」はR&B・ベスト・セラーのチャートでも首位に立った[5]。また、この曲は全英シングルチャートでも首位となり、イギリスでも125万枚を売り上げた[6][7]

カバー[編集]

この曲には、数多くのカバーが存在している。1958年には、アンカ自身がイタリア語のバージョン(題名は英語と同じ「Diana」)を歌ったが、この歌詞を書いたのはマリオ・パンツェリイタリア語版であった。

フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズも、この曲をカバーしている。

1965年ボビー・ライデルがこの曲をカバーしてシングルとして出し、Billboard Hot 100の98位[8]、『ビルボード』誌の「ミドル・ロード・シングルズ (Middle Road Singles)」のチャートで23位まで上昇した[9][10]

リッキー・マーティンは、(スペイン語の歌詞で歌われた1996年の)アンカのアルバム『Amigos』で、この曲をアンカとデュエットした。2006年には、イタリアの著名な歌手エンターテイナーであるアドリアーノ・チェレンターノとアンカのデュエットが、モゴルイタリア語版ことジュリオ・ラペッティ (Giulio Rapetti]) とチェレンターノの共作で新たに書かれたイタリア語の歌詞による「Oh Diana」として発表された。

ブルガリアのバンド、ウィケダ英語版は、バルカン半島民謡の要素を盛り込んで、この曲をカバーしており、またホラー・パンクのバンドであるミスフィッツは、アルバム『Project 1950』にこの曲を収録している。

この曲は、インドのヒンディー語映画映画音楽でも2回カバーされており、いずれも1959年の映画であった。そのひとつは、映画『Dil Deke Dekho』で「Kaun yeh aaya mehfil me」として歌われたもので、音楽担当はウシャ・カンナ英語版であった。もうひとつは、映画『Baap Bete[11]で「Bol bol bol my little dove」として歌われたもので、音楽担当はマダン・マホン英語版であった。いずれの曲も、歌ったのはモハメド・ラフィであった。『Dil Deke Dekho』のバージョンの結末部には、アシャ・ボスレも登場する。

日本語による歌唱[編集]

「ダイアナ」は、いわゆる「ロカビリー」のブームが起こっていた日本でもヒットし、日本語詞を盛り込んだカバー・バージョンが、いろいろ制作された。渡舟人の日本語詞で山下敬二郎が歌った「ダイアナ」[12]は山下の代表曲とされる[13]。「ダイアナ」は、山下敬二郎の1958年4月のデビュー・シングル「バルコニーに坐って」のB面曲であったが、平尾昌章(のち昌晃)音羽たかし名義の日本語詞でシングル「ダイアナ」を出し、B面に「バルコニーにすわって」を収録した[14]

チャート[編集]

チャート(1957年) 最高位
オーストラリアの旗 オーストラリア ARIAチャート 1
カナダの旗 カナダ Canadian Singles Chart 1
イギリスの旗 イギリス 全英シングルチャート 1
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ビルボードBillboard Hot 100 2
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ビルボード』Best Sellers in Stores 1
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ビルボードR&B Singles Chart 1

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gilliland, John (1969). "Show 12 - Big Rock Candy Mountain: Rock 'n' roll in the late fifties. [Part 2]" (audio). Pop Chronicles. University of North Texas Libraries.
  2. ^ Paul Anka doesn't live here anymore: Part 1 paulanka.com
  3. ^ Anka, Paul; Dalton, David (2013). My Way: An Autobiography. New York: St. Martin's Press. ISBN 9780312381042. https://books.google.com/books?id=nK3YhlaflSQC&pg=PT51&lpg=PT51&dq=paul+anka+diana+bucky+pizzarelli&source=bl&ots=X1hnCXkugT&sig=N8OsChZsqepEHUCBro90CIFOYQk&hl=en&sa=X&ved=0CDYQ6AEwBWoVChMIiuvljPaSxgIVyy-sCh1JbgB3#v=onepage&q=paul%20anka%20diana%20bucky%20pizzarelli&f=false. 
  4. ^ Paul Anka, History of Rock and Roll. (URL accessed May 14, 2006)
  5. ^ Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-2004. Record Research. p. 32. 
  6. ^ Ami Sedghi (2012年11月4日). “UK's million-selling singles: the full list”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/news/datablog/2012/nov/04/uk-million-selling-singles-full-list 2012年11月4日閲覧。 
  7. ^ Rice, Jo (1982). The Guinness Book of 500 Number One Hits (1st ed.). Enfield, Middlesex: Guinness Superlatives Ltd. p. 33. ISBN 0-85112-250-7. 
  8. ^ Bobby Rydell - Chart History - The Hot 100, Billboard.com. Accessed May 22, 2016.
  9. ^ Bobby Rydell - Chart History - Adult Contemporary, Billboard.com. Accessed May 22, 2016.
  10. ^ "Middle Road Singles", Billboard, February 13, 1965. p. 50. Accessed May 22, 2016.
  11. ^ Baap Bete - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  12. ^ ダイアナ”. 歌ネット動画プラス/PAGE ONE. 2016年7月22日閲覧。
  13. ^ 山下敬二郎さん死去…カーチス「最期までロカビリーだった」”. zakzak by 夕刊フジ/SANKEI DIGITAL INC. (2011年1月6日). 2016年7月22日閲覧。
  14. ^ ダイアナ”. 歌ネット動画プラス/PAGE ONE. 2016年7月22日閲覧。