太秦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広隆寺と嵐電

太秦(うずまさ)は、京都市右京区の地名。大阪府寝屋川市にも同じ地名がある。

概要[編集]

京都市右京区梅津以北から京都市北区に挟まれた住宅地が、現在の太秦の範囲である。木嶋坐天照御魂神社などの神社、京都最古の寺である広隆寺蛇塚古墳などの前方後円墳が良く知られている。

広隆寺秦氏の氏寺であり、国宝[1]の木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)を安置した京都最古の寺である。『日本書紀推古11年(603年)11月条には、聖徳太子から秦河勝が仏像を賜り、蜂岡寺(はちおかでら、現在の広隆寺)を建立したとある。『上宮聖徳太子伝補闕記』『聖徳太子伝暦』などは秦河勝が聖徳太子に仕えて活躍したとしている[2]

地名の由来[編集]

「太秦」という地名の由来には諸説ある。

  • 渡来系の豪族秦氏(秦酒公)がヤマト政権に税を納める際、絹を「うず高く積んだ」ことから、朝廷より「禹豆満佐=うずまさ」の姓を与えられ、これに「太秦」の漢字表記を当てたという説[3]
  • 秦氏の拠点であったことから、拠点という語義を「太い」という字で表し、「まさ」は秦氏の「秦」をもって表記し、「うずまさ」と呼ぶようになったという説[要出典]

映画撮影所[編集]

かつて多くの映画会社が時代劇映画の撮影所を置いていたことで知られ、牧野省三マキノ雅弘親子らのマキノプロ、阪東妻三郎プロ、片岡千恵蔵プロなどのほか、中小の映画会社のおびただしい数の撮影所が密集し、やがて日活(戦時統合で大映)、松竹東宝(前身のJ.O.スタヂオ1941年閉鎖、跡地は大日本印刷 京都工場。)など大映画会社の撮影所に集約されていった。1950年代の時代劇最盛期はこの界隈は大変な賑わいを見せた。

大映はすでに撤退したが、東映京都撮影所(大映から旧新興キネマの京都第二撮影所を買収。一部を東映太秦映画村として公開)、松竹京都撮影所(1965年閉鎖、現在は松竹京都映画が使用)の2か所のスタジオが現在も映画・ドラマなどを制作している。

鉄道[編集]

鉄道は山陰本線(JR嵯峨野線)に太秦駅がある他、京福電気鉄道(嵐電)の2路線、京都市営地下鉄東西線が通っている。京福電気鉄道はJR太秦駅に近接する帷子ノ辻駅から、北野線が北東に北区の北野白梅町駅(西大路今出川)まで、嵐山線が西に嵐山駅(嵯峨天龍寺)まで、南東に太秦地区内の太秦広隆寺駅(旧称:太秦駅)、蚕ノ社駅嵐電天神川駅を経て、下京区の四条大宮駅阪急京都線大宮駅と連絡)までを結んでいる。地下鉄東西線は太秦東部地区(天神川御池交差点下)の太秦天神川駅を終着駅としており、嵐電天神川駅はその乗換駅として新たに開業している。

脚注[編集]

  1. ^ この弥勒像はしばしば「国宝第一号」として言及されるが、この像と同じく1951年6月9日付けで国宝に指定された物件は他にも多数ある。「広隆寺」の項参照。
  2. ^ 平凡社世界大百科事典』「秦河勝」の項。
  3. ^ 平凡社『世界大百科事典』「秦氏」の項。

関連項目[編集]