秦河勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秦 河勝
Hatano Kawakatsu.jpg
秦河勝『前賢故実』より
時代 古墳時代 - 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
墓所 兵庫県赤穂市坂越浦沖の生島(伝承)
官位 大仁小徳?)
主君 用明天皇崇峻天皇推古天皇
聖徳太子
氏族
父母 父:秦丹照[1]または秦国勝[2]または安閑天皇[3]
綱手、石勝、朴市秦田来津、物主、萬里?、広国?
テンプレートを表示

秦 河勝(はた の かわかつ)は、秦氏の族長的な人物であり、聖徳太子に強く影響を与えた人物とされる。。秦丹照、または秦国勝の子とする系図がある(古墳時代から飛鳥時代)。冠位は大仁(『上宮聖徳太子傳補闕記』によると小徳[2]。『朝野群載』巻三には「大花上」とある。

上宮聖徳法王帝説』では「川勝秦公」と書かれる。この場合の「公」は姓ではなく尊称である。

出自[編集]

日本書紀の記述では、河勝の先祖にあたる秦氏3世紀頃に秦国から百済(もしくは新羅)を経由して日本列島倭国帰化した有力氏族である[4]弓月君の直系子孫にあたる。

また、河勝は安閑天皇落胤説もある[3]

経歴[編集]

河勝は聖徳太子の儕輩(同志)として国造りに大きく貢献したとされており、当時の秦氏の族長的人物であったとされる。富裕な商人でもあり、朝廷の財政に関わっていたといわれる。四天王寺の建立や運営については、聖徳太子に強く影響を及ぼし、慈善事業制度(四箇院)の設置に関わった。

『上宮聖徳太子傳補闕記』によると、 用明天皇2年(587年)の丁未の乱の際は「軍政(『聖徳太子傳暦』では「軍允(3等官)」)」の地位にあり、軍を率いて聖徳太子を守護しつつ、聖徳太子に命じられて仏像とするための白膠木(ぬるで)の木を用意したという。聖徳太子(日本書紀や『聖徳太子傳暦』では迹見赤檮)が榎の木から射落した[5]物部守屋の首を斬ったのも秦河勝であるという。[要出典]そして乱後に冠位十二階大仁に叙された。

また、聖徳太子が諸国を巡った際に、山城国の「楓野村(=現在の葛野)」の「蜂丘」の南に宮を建て、その宮を河勝が一族を率い敬うことを怠らなかったので小徳に叙され、また宮を賜ったという。後に新羅の仏像を賜った際には宮を寺とし、水田數十町並びに「山野の地」等を施入した。これが広隆寺である。 一方『日本書紀』によれば、推古天皇11年(603年)、聖徳太子が「私のところに尊い仏像があるが、誰かこれを拝みたてまつる者はいるか」と諸臣に問うたところ、河勝が、この仏像を譲り受け「蜂岡寺」を建てたという。

一方、承和5年(838年)成立の『広隆寺縁起』(承和縁起)や寛平2年(890年)頃成立の『広隆寺資財交替実録帳』冒頭の縁起には、広隆寺は推古天皇30年(622年)、同年に崩御した聖徳太子の供養のために建立されたとある。

推古天皇18年(610年新羅の使節を迎える導者の任に土部菟と共に当る[6]。皇極天皇3年(644年駿河国富士川周辺で、大生部多を中心とした常世神を崇める集団(宗教)を追討している[7]

広隆寺来由記』には「大花上秦造川勝」と書かれている。

冠位について [編集]

後世の書物において河勝が授けられたとされる小徳(大花上)は、大夫格の代表者に授けられた冠位であって、その格ではない河勝が小徳になったというのは後世の秦氏の誇張である[8]

河勝の丁未の乱参戦について [編集]

河勝は、多くの書物において丁未の乱に参戦したことになっているが、『日本書紀』にそのような記述が見られないため、実際には参戦していないと考えられる。そのような伝承が発生したのは『日本書紀』によって原始的な聖徳太子伝説が形成され、四天王寺が『日本書紀』を取り入れて聖徳太子の縁起を拵え、秦氏の人間が『日本書紀』での太子と河勝の関係を踏まえ、新たに「河勝が丁未の乱に参戦した」と『上宮聖徳太子伝補闕記』に記したからであるとの見解もある。

逸話[編集]

初瀬川氾濫により三輪大神の社前に流れ着いた童子を見た欽明天皇は、以前の夢で「吾は秦の始皇帝の再誕なり[注 1]、縁有りてこの国に生まれたり」と神童が現れていたことから、「夢にみた童子は此の子ならん」として殿上に召した[9][10]。後には始皇帝の夢に因んで童子に「秦」の姓(かばね)を下し、また初瀬川氾濫より助かったことから「河勝」と称したとされる[11][12]

皇極天皇3年(644年)7月に富士川のあたりで、大生部多は長さ4寸ほどのを指して、「これは常世の神である。この神を祭る人は、富と長寿が得られる」といい、虫祭りをすることを勧めた。巫女たちも神のお告げといつわり、「常世の神を祭ると、貧しい人は富を得、老人は若返る」といった。このために信仰は広まり、都でも田舎でも常世の虫をとって安置し、財宝を差し出したが、何の利益もなく、損失が多かった。秦河勝は民衆が騙されるのをにくみ、大生部多を捕え打ち懲らしめたところ、巫女も恐れて祭りを勧めることをやめた。時の人は以下のような歌を詠んだ[7]

秦氏のルーツはユダヤ、キリスト(ネストリウス派)教徒であり、河勝は我が国に景教を広めたとされている[13]

太秦は 神とも神と 聞こえくる 常世の神を 打ち懲ますも(ウヅマサハ カミトモカミト キコエクル トコヨノカミヲ ウチキタマスモ)

〈太秦(うづまさ)は神の中の神という評判が聞こえてくる。常世の神を、打ちこらしたのだから。〉

風姿花伝』第四に述べられている伝説によれば、摂津国難波浦から出航し、播磨国赤穂郡坂越浦(現在の兵庫県赤穂市坂越)へ漂着した後、大避大明神(大荒大明神)となったとされている。そのため、兵庫県赤穂市坂越で没したとする説がある。坂越・大避神社はこの大避大明神を主祭神とし、神社の神域である生島には秦河勝のものと伝えられる墓がある。同じく赤穂市有年(うね)にも大避神社があるがこれは坂越の分家である。

宇治市放生院の伝説によると、推古天皇11年(603年)、聖徳太子の命を受けた秦河勝が宇治橋を架け、放生院をも開創したという。ただし宇治橋断碑の碑文によれば宇治橋は大化2年(646年)に架けられた元興寺の僧である道登によってとされている。

仏教の神[編集]

後世においては神格化がされており、仏教の神である摩多羅神と同一視されている。

服部幸雄も、「宿神である秦河勝の実体は摩多羅神であり、摩多羅神と秦河勝は同一視できる」との見解を示している[14]

芸能の神[編集]

河勝は芸能の神としても信仰されている。『風姿花伝』第四によれば、上宮太子(聖徳太子)が秦河勝に「六十六番の物まね」を作らせ、紫宸殿で舞わせたものが「申楽」の始まりと伝えている。そのため、河勝は申楽(猿楽)・能楽の始祖とされている。

系譜[編集]

秦氏の後裔を称するものは甚だ多く、以下のものが挙げられる。

  • 戦国大名長宗我部氏幕臣川勝氏
  • 楽家として知られる東儀家[17]
  • 河勝は猿楽の始祖とされ、観阿弥世阿弥親子も河勝の子孫を称した。また、金春流も河勝を初世としており、「秦河勝ノ御子三人、一人ニワ武ヲ伝エ、一人ニワ伶人ヲ伝エ、一人ニワ猿楽ヲ伝フ。武芸ヲ伝エ給フ子孫、今ノ大和ノ長谷川党コレナリ。」と金春禅竹が『明宿集』の中で記している。
  • 京都市右京区西京極にはかつて川勝寺とよばれる寺があり、近隣には「秦河勝終焉之地」の碑がある。この地域は明治の初めまで川勝寺村(せんじょうじむら)と呼ばれた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 宗本

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『惟宗系図』東大史料編纂所蔵(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』)
  2. ^ a b c 「秦氏系図」『山城州葛野郡楓野大堰郷広隆寺来由記』所収(太田亮『姓氏家系大辞典』)
  3. ^ a b 本朝皇胤紹運録』には「現神播磨国大僻大明神是也。秦氏祖云々」とあり、これは秦河勝のことで秦氏は通常は秦の始皇帝の子孫とされるが、この記載に従えば河勝は安閑天皇の落胤となる。
  4. ^ 新撰姓氏録』左京諸蕃
  5. ^ 『上宮聖徳太子傳補闕記』「太子亦誓放四天王之矢。即中賊首大連胸倒而墜樹」
  6. ^ 『日本書紀』推古天皇18年10月9日条
  7. ^ a b 『日本書紀』皇極天皇3年7月条
  8. ^ 加藤謙吉『秦氏とその民 渡来氏族の実像』(白水社、 1998年)
  9. ^ 世阿弥『風姿花伝』第4、神儀云 (沼 (1979), p. 50)
  10. ^ 林羅山本朝神社考』5; 『和漢三才図会』72 (青木 (1985), p. 5)
  11. ^ 松本正造『聖徳太子伝図会』文盛堂、1887年、秦河勝出生、106頁
  12. ^ 高木敏雄『日本神話物語』服部書店、1911年、秦河勝、191頁
  13. ^ 秦氏は『資治通鑑』(11世紀の中国史書)弓月王国の末裔
  14. ^ 服部幸雄『宿神論―日本芸能民信仰の研究』(岩波書店、2009年)p.47,58 ISBN 978-4-000-23459-7
  15. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』
  16. ^ 『駿国雑志』。尊良を河勝の次男とした書物も残されているが詳細不明。
  17. ^ 『地下家伝』

参考文献[編集]

  • 青木敦古代伝承における流水去来の想念 : 流れくるものと流れゆくものへの祈り」『跡見学園短期大学紀要』第21号、1-12頁、1985年。 NAID 110001041569http://id.nii.ac.jp/1612/00002804/ 
  • “泊瀬と長谷寺再説 : 聖処形成の一考察”, 立正大学文学部論叢 (63): 47-76, (1979), NAID 110000477324, https://hdl.handle.net/11266/3490 
  • 『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年
  • 宇治谷孟『日本書紀 (下)』講談社学術文庫、1988年
  • 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  • 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年。 NCID BN00924708全国書誌番号:87008471https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001831027-00