蚕ノ社駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蚕ノ社駅
ホーム全景(左側が帷子ノ辻・嵐山方面/右側が四条大宮方面)
ホーム全景(左側が帷子ノ辻・嵐山方面/右側が四条大宮方面)
かいこのやしろ
Kaikonoyashiro
A5 嵐電天神川 (0.2km)
(0.5km) 太秦広隆寺 A7
所在地 京都市右京区太秦森ヶ前町
駅番号 A6
所属事業者 京福電気鉄道
所属路線 嵐山本線
キロ程 3.9km(四条大宮起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗降人員
-統計年度-
882人/日
-2013年-
開業年月日 1910年(明治43年)3月25日
テンプレートを表示
四条大宮方面行きホームの奥からの駅全景
ホーム全景(ラインカラー導入前)

蚕ノ社駅(かいこのやしろえき)は、京都市右京区太秦森ヶ前町にある京福電気鉄道嵐山本線。駅ナンバリングはA6

歴史[編集]

2008年(平成20年)1月16日に開業した京都市営地下鉄東西線太秦天神川駅は、当駅から東に約250mの距離にあり、同年3月28日に同駅との乗換駅として嵐電天神川駅が開業するまでのしばらくの間は、当駅が地下鉄との乗換駅の役割を担っていた[1]。両駅間は案内表示なども掲示されているものの、当時は歩道が狭く工事中の区間も多かった。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。各ホーム東端の斜路三条通と連絡する。併用軌道から専用軌道に入ったところに位置している。安全地帯の駅以外は各駅とも1両分は覆うことができる比較的大きな上屋と建付けのベンチのある駅が多い嵐電であるが、この駅には両側のホームにも3人が座れるベンチしかなく、特に嵐山方面行きホームの上屋は小さく貧弱なものである。かつては四条大宮方面行きホームには長めのベンチが設置されていたが、ホームの幅員が狭いうえに、後述のとおり2ヶ月余りだけ地下鉄との乗換駅になり混雑が予想されたため、大部分のベンチが撤去された。なお、四条大宮方面行きホームは敷石が敷かれている。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

京福電気鉄道
嵐山本線
嵐電天神川駅 (A5) - 蚕ノ社駅 (A6) - 太秦広隆寺駅 (A7)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』4号 京福電気鉄道・叡山電鉄・嵯峨野観光鉄道・京都市交通局、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年4月3日、8-9頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 蚕ノ社 - 「嵐電」(京福電気鉄道)