カリフォルニアの青い空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリフォルニアの青い空
アルバート・ハモンドシングル
収録アルバム It Never Rains in Southern California
B面 Anyone Here in the Audience
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ソフトロック
時間
レーベル マムズ・レコード
作詞・作曲 アルバート・ハモンド、マイク・ヘイズルウッド
プロデュース アルバート・ハモンド、ドン・アルトフェルド
ゴールド等認定
ゴールドディスク
チャート最高順位
アルバート・ハモンド シングル 年表
Down by the River
(1972年)
カリフォルニアの青い空
(1972年)
If You Gotta Break Another Heart
(1973年)
テンプレートを表示

カリフォルニアの青い空」(カリフォルニアのあおいそら、英語: It Never Rains In Southern California)は、アルバート・ハモンドが1972年に発表した楽曲。

概要[編集]

作詞作曲はアルバート・ハモンドとマイク・ヘイズルウッド英語版。ハモンドはイギリス出身のシンガーソングライターで、1970年代初めにアメリカ合衆国に移住した。本作品は同名のアルバム『It Never Rains in Southern California』に収録されており、ビルボード(Billboard)誌で、1972年12月16日に、週間ランキング最高位の第5位を獲得。ビルボード誌1972年年間ランキングは第33位。

イギリスでは、ドゥービー・ブラザーズの「Listen to the Music」とともに、ラジオでの放送回数が多い、いわゆる「ターンテーブル・ヒット」の典型となり、頻繁に放送されたにもかかわらず、チャート入りすることはなかった。1970年代を通して、このレコードは少なくとも5回、複数のレーベルから再発売されたが、さらに放送される機会が重なったにもかかわらず、イギリスのトップ40チャートに入ることはなかったが、今でもしばしばラジオで放送されることがある。

歌詞の内容は、ハリウッドでの成功を目指してカリフォルニア州へやってきた俳優が、何ら成功を掴むことができず、悪戦苦闘の末に自暴自棄になる姿を歌っている。コーラスの部分では「カリフォルニアでは雨は降らないけど、そう言えばこうも言われてたね。振れば土砂降り、ああ土砂降りだ。 (It never rains in California, but girl don't they warn ya. It pours, man it pours.)」と歌われる。

1989年、ハモンドはベスト・アルバム『Best of Me』のために、この曲の再録音を行なった。

その前年(1971年)に日本で堺正章がヒットさせた曲「さらば恋人」に似ているとの指摘がある。[要出典]

南沙織によるカバー[編集]

カリフォルニアの青い空
南沙織シングル
収録アルバム 傷つく世代
B面 雨に消えた初恋
リリース
ジャンル J-POPアイドル歌謡曲
時間
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 A.Hammond・M.Hazlewood
プロデュース 酒井政利
チャート最高順位
南沙織 シングル 年表
傷つく世代
1973年
カリフォルニアの青い空 
(1973年)
色づく街
(1973年)
テンプレートを表示

カリフォルニアの青い空」(カリフォルニアのあおいそら)は、南沙織通算8枚目のシングル。1973年7月5日発売。発売元はCBS・ソニー

既にアルバム『傷つく世代』(1973.5.21)に収録されていたので、全シングルA面曲中、唯一のシングルカット作品になる[1]B面曲の「雨に消えた初恋」も同様にアルバム『傷つく世代』からのシングルカット。ただし、両曲ともアルバムでは前後の曲とイントロアウトロが繋がっていたため、シングル用に若干調整されている。そのため、肩書きでは「シングル・ヴァージョン」になる。

時期的に7thシングル「傷つく世代」(1973.5.1)と9thシングル「色づく街」(1973.8.21)の狭間の半端な時期に発売されたのは、レコード会社側から「何かシングルを出して欲しい」という要望があったため[2]

30周年CD-BOXCYNTHIA ANTHOLOGY』では、全5枚のCDのうち3枚を "ALL ABOUT SINGLES" と題して、南沙織・シンシア両名義のシングルA・B面曲を発売された順に収録しているが、本シングルの2曲のみが欠落している。この理由は、カヴァー曲であるということ以前に、この2曲を収録すると3枚に収まらない、という事情があった。例えば、この2曲を収録すると現時点のラストシングル「初恋/うみ そら かわ」(1997.4.21)が2曲ともDisc 3に入らくなる。A面曲とB面曲が境目になって違うディスクになってしまうことを意識せず、それぞれのディスクに 80分いっぱい収録したとしても、「うみ そら かわ」だけが入らない。ほか、シングルA面曲を発売順に収録している『GOLDEN J-POP/THE BEST 南沙織』(1998.11.21)でもオリジナル作品ではないために、もう1枚のカヴァー・シングル「グッバイガール」とともに収録が見送られた。しかし、『GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクション』(2010.9.8)で同楽曲が収録されたため、南のシングルA面曲はすべて揃うこととなった。

収録曲[編集]

  1. カリフォルニアの青い空(3:10)
    • 作詞・作曲: A.Hammond・M.Hazlewood、編曲: 穂口雄右
  2. 雨に消えた初恋(3:27)
    • 作詞・作曲: A.Korneld・S.Duboff、編曲: 筒美京平

収録作品[編集]

  • カリフォルニアの青い空
南沙織 ポップスを歌う
シンシア・ラブ
THE BEST / 南沙織 -1978年11月版-
南沙織ベスト Recall 〜28 SINGLES SAORI + 1〜
Cynthia Memories
ドーナツ盤型12cmCDコレクション
Cynthia Premium
GOLDEN☆BEST 南沙織 コンプリート・シングルコレクション
ゴールデン☆アイドル 南沙織
  • カリフォルニアの青い空 -Album Version-
傷つく世代
Cynthia Premium
  • 雨に消えた初恋
Cynthia Memories
ドーナツ盤型12cmCDコレクション
Cynthia Premium
ゴールデン☆アイドル 南沙織
  • 雨に消えた初恋 -Album Version-
傷つく世代
Cynthia Premium 

脚注[編集]

  1. ^ アルバムと同時発売されたり、リメイクして発売されたシングルはある。
  2. ^ デビュー30周年記念メモリアル特別企画CD-BOX『CYNTHIA ANTHOLOGY』(2000.6.7、ソニーレコード)封入解説書参照。