風 (はしだのりひこの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はしだのりひことシューベルツシングル
初出アルバム『未完成』
B面 何もいわずに
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル フォークソング
時間
レーベル エキスプレス / 東芝音楽工業
EP-1132
作詞・作曲 作詞:北山修
作曲:端田宣彦
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン[1]
  • 1969年度年間12位(オリコン)[1]
  • はしだのりひことシューベルツ シングル 年表
    -
    1969年
    さすらい人の子守唄
    (1969年)
    未完成 収録曲
    風 (KAZE)
    (1)
    日本の旅 (A TOUR THROUGH JAPAN)
    (2)
    テンプレートを表示

    」(かぜ)は、日本のフォークソング・グループであるはしだのりひことシューベルツが、1969年(昭和44年)1月に発表した楽曲である。

    解説[編集]

    本曲は、ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーであった端田宣彦が、1969年にフォークルが解散した後に杉田二郎らと結成した『はしだのりひことシューベルツ』のレコードデビュー第1作として製作され、東芝音楽工業から発売された。

    端田の盟友である北山修が作詩、端田が作曲を担当、58万枚を売る大ヒットとなった[2]

    本曲では端田が1番、井上博が2番のリードボーカルを担当、間奏の口笛は杉田二郎によるものである。

    また本曲ではしだのりひことシューベルツは、1969年末のTBSテレビ系列「第11回日本レコード大賞」で新人賞を獲得した(最優秀新人賞の受賞者はピーター夜と朝のあいだに』)[3]

    端田は2017年12月に死去したが、その端田が生前最後に公の場で作詩の北山、元シューベルツの杉田と一緒に歌唱したのもこの『風』であった[4]

    端田の葬儀・告別式(2017年12月6日)では、杉田の音頭で約600人の参列者が本曲を合唱した。葬儀に参列できなかった北山は、当日流された映像メッセージにて本曲の歌詞を朗読した[5]

    収録曲[編集]

    1. 作詩:北山修、作曲:端田宣彦[注釈 1]、編曲:青木望
    2. 何もいわずに
      作詩:シューベルツ、作曲:杉田二郎、編曲:ありたあきら

    主なカバー[編集]

    映画での使用[編集]

    2010年公開のアニメ映画『カラフル』では、本作のインストゥルメンタルが劇中で使用されている。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ レコードジャケットでは『はしだ・のりひこ』名義での表示となっている。

    出典[編集]

    1. ^ a b オリジナルコンフィデンス「コンフィデンス年鑑 1969年版」
    2. ^ はしだのりひことシューベルツ「風」 懐かしの国内ヒット曲&音楽番組出演レビュー
    3. ^ 第11回日本レコード大賞 日本作曲家協会
    4. ^ はしだのりひこさん死去、今年4月に最後のステージ 日刊スポーツ 2017年12月3日
    5. ^ はしだのりひこさん告別式 600人で「風」を合唱 日刊スポーツ 2017年12月6日
    6. ^ [1]チェルシア・チャン公式サイト
    7. ^ プリシラ・アーン、名曲「風」をカバーbarks 2013年1月16日

    関連項目[編集]