ズー・ニー・ヴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ズー・ニー・ヴー
出身地 日本の旗 日本
ジャンル グループ・サウンズ
活動期間 1968年 - 1971年
レーベル 日本コロムビア
(1968年-1970年)
キャニオン・レコード
(1971年)
メンバー 上地健一ボーカル
高橋英介ギター
山本翔(ボーカル)
旧メンバー 町田義人(ボーカル)
山本康生(ギター)
大竹茂ドラムス
塚谷茂樹ベース
桐谷浩史キーボード
荒井容一(ドラムス)

ズー・ニー・ヴー(Zoo Nee Voo)は、日本のグループ・サウンズバンド。所属レコード会社は日本コロムビアを経てキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)。 1968年春に結成し、1971年解散。

メンバー[編集]

1946年9月21日生。高知県出身。土佐高校成城大学出身。後にソロ活動。
  • 上地健一(ボーカル・パーカッション)
1946年9月8日生。長崎県出身。土佐高校→明治大学出身。町田と上地はズー・ニー・ヴー結成前の1967年、東大生の田村守と共に「キャッスル&ゲイツ」という人気フォークグループを組んでいた。
  • 山本康生(リード・ギター)
1947年9月28生。宮崎県出身。成城大学出身。
  • 塚谷茂樹(ベース・ギター)
1948年9月8日生。長崎県出身。明治学院大学出身。
  • 大竹茂(ドラムス)
1948年2月3日生。東京都出身。成城大学出身。
  • 桐谷浩史(キーボード)
1946年3月27日生。千葉県出身。立教大学出身。

アマチュア・バンド「マックルズ」にいた山本康生が、大学の同級生大竹茂とバンド結成しメンバーを探し始める。まずR&B専門のディスコテークでベースを弾いていた塚谷茂樹が加入。次に「キャッスル&ゲイツ」にいた町田義人と上地健一が加入。そして「マックルズ」で一緒だった桐谷浩史が加入して、1968年3月活動開始。

1969年 バンド創設者の山本康生と大竹茂が脱退。かわりに高橋英介(リード・ギター)荒井容一(ドラムス)が加入。

1970年 町田義人が脱退しソロへ転向。バンドは上地と高橋を残してメンバーチェンジし、キャニオンへ移籍した。ボーカルはのちにソロデビューして「和製ミック・ジャガー」と称される山本翔

概要[編集]

結成当時は「ZOOM BOOM 5」という名前だった。

1969年に新宿音楽祭の敢闘賞を受賞。

代表曲は2枚目のシングル「白いサンゴ礁」。この曲は当初B面だったが、ヒットしたため後年に発売された再発盤ではAB面が逆になっている。ジャケットは見開き仕様だったためオリジナルデザインの片面がそのまま使用された。オリコン最高位18位、累計売上17.7万枚を記録した[1]

4枚目のシングル「ひとりの悲しみ」は、改詩改題して尾崎紀世彦が歌った「また逢う日まで」の元歌として有名。(共に阿久悠作詞、筒美京平作曲)アレンジも全く同じであるが、符割りが微妙に違う。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • EP「水夫のなげき/雨あがりのサンバ」1968年11月発売 (コロムビア/LL-10077-J)
  • EP「涙のオルガン/白いサンゴ礁」1969年4月発売オリコン最高位18位 (コロムビア/LL-10090-J)、AB面が逆の再発売盤は(コロムビア/LK-7)
  • EP「可愛いあなただから/九月の出来事」1969年9月発売 (コロムビア/LL-10104-J)
  • EP「ひとりの悲しみ/未成年」1970年2月発売 (コロムビア/LL-10123-J)
  • EP「結婚生活/草原の小屋」1971年7月発売 (キャニオン/A-68)

アルバム[編集]

  • LP「ズー・ニー・ヴーの世界 R&Bベスト・ヒット」1968年10月25日発売 (コロムビア/YS-10042-J) ※デビューアルバム
  • LP「ゴールデン・ズーニーヴー」1969年11月10日発売(コロムビア/YS-10070-J)
上のLP2枚はその後、一枚にまとめられCD化されている。
  • CD「ズー・ニー・ヴーの世界+ゴールデン・ズー・ニー・ヴー(2 in 1)」1993年12月1日発売(コロムビア/COCA-11376)、1996年11月21日発売(コロムビア/COCA-13945)

ベストアルバム[編集]

  • LP「ズーニーヴー・オリジナル・ヒット 可愛いあなただから」1969年12月10日発売(コロムビア/YS-10073-J)
    • 可愛いあなただから
    • 雨あがりのサンバ
    • もう一度愛をこめて
    • 涙のオルガン
    • ヘイ・ジュード
    • 二人の午後の物語
    • 白いサンゴ礁
    • 九月の出来事
    • 水夫のなげき
    • ハイウェイの孤独
    • アンチェインド・メロディ
    • 机の上の戦争
その後、改題されて再発売
  • LP「ズー・ニー・ヴー オリジナル・ヒット エターナル・パーソナリティ・シリーズ」1979年8月発売(コロムビア/LZ-7024)
  • CD「アンコール・ベスト ズー・ニー・ヴー」1989年6月1日発売(コロムビア/CA-3490)
  • CD「ズー・ニー・ヴー ベスト・セレクション」1993年9月21日発売(コロムビア/ COCA-11049)、オンデマンドCD 2009年11月24日発売(コロムビア/CORR-10561 )
  • CD「コロムビア音得盤シリーズ ズー・ニー・ヴー〈限定盤〉」2003年1月1日発売(コロムビア/COCA-70379)
  • CD「ゴールデン☆ベスト ズー・ニー・ヴー」2012年2月1日発売

映画[編集]

  • DVD「野良猫ロックマシン・アニマル(1970年11月22日公開 映画)」 2006年12月8日発売(日活/DVN-144) ※ズー・ニー・ヴーは「ひとりの悲しみ」を劇中で唄って出演している。(EPとは別テイク)
  • CD「野良猫ロック 日活ニューアクションの世界」 2005年7月23日発売 (ウルトラ・ヴァイヴ/CDSOL-1101) ※「野良猫ロックマシン」シリーズのサウンド・トラック。「ひとりの悲しみ」収録。(同上・EPとは別テイク。映画の中では曲の一部が使われているが、サントラにはフルバージョンで収録されている。)

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコン チャート・ブック 昭和43年-昭和62年(20年)アーティスト編 全シングル作品』 オリコン、1988年9月、177頁。ISBN 4-87131-021-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]