田辺茂一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田辺 茂一たなべ もいち 本名の読みはしげいち、1905年2月12日 - 1981年12月11日)は、東京府出身の出版事業家、文化人紀伊國屋書店創業者。

略歴[編集]

東京新宿にて、紀州備長炭を商う「紀伊國屋」の跡取りとして生まれる。祖先は紀州和歌山の出身。

私立高千穂小学校在学中であった、1915年大正天皇の即位大典の日、父に連れられて入った丸善で洋書に魅せられて、書店経営を志すに至る。卒業後、慶應義塾専門部予科に入学。同級に演出家の大江良太郎がいた。1926年3月、慶應義塾高等部を卒業。1927年1月、新宿にて紀伊國屋書店を創業する。1928年小学校の同級生だった舟橋聖一たちと共に、同人誌文芸都市』を創刊。

戦災で大きな被害を受け、一時は廃業も考えたが、将棋仲間だった角川源義の励ましで事業を再開。1946年1月に法人化し、株式会社紀伊國屋書店に改組。それに伴って、同社代表取締役社長に就任。1950年、陸軍主計中尉あがりの松原治を経営陣に迎え、初めて経営が安定する。

これ以降、田辺自身はほとんど経営に関与せず、夜な夜な銀座に出現してバーからバーへと飲み歩き、華麗な女性遍歴を繰り広げて「夜の市長」と呼ばれた。

その傍ら、1964年には、紀伊國屋ビルに演劇ホール(紀伊國屋ホール)を設け、1966年には紀伊國屋演劇賞を創設するなど、文化事業に力を注いだ。

紀伊國屋書店には、自分好みの美少女を店員として置いて、若者達の気を引いた。田辺は、都会とは芸能や文化の集積ではなく、「そこへ行けば何かがある」と思わせる点が必要であると考えていた。

『芸者の肌』『おんな新幹線』『すたこらさっさ』『穀つぶし余話』など著書多数。大の駄洒落好きとしても知られた。また、夏目伸六夏目漱石の次男で随筆家)の妻が原宿で経営していた「小料理 夏目」には、たびたび訪れており飲み代をつけにしていた。

1966年随筆家佐々木久子石本美由起杉村春子灰田勝彦広島出身者や縁のある文化・芸能人が結成した「広島カープを優勝させる会」に、梶山季之の飲み友達だった関係で東京出身ながら参加した。優勝が実現したのは、ほぼ10年後の事だった。

1969年に公開された大島渚監督の映画『新宿泥棒日記』には、本人役で出演している。

1971年荒木経惟が自身の実質的な処女作である「センチメンタルな旅」(自費出版)を紀伊國屋書店に置いてもらおうとしたときに、荒木経惟に序文を加えることをすすめ、「私写真家宣言」と呼ばれる文章が挿入される。「私写真」という言葉はここから生まれた。

1980年10月、株式会社紀伊國屋書店代表取締役会長に就任(後任社長に松原治)。

1981年10月、シュバリエ・デ・ザール・エ・レットル(フランス文芸勲章騎士章)受章。

1981年12月11日悪性リンパ腫で死去。

エピソード[編集]

  • 長男の田辺礼一NHKアナウンサーだったが、1981年、松原の招きで紀伊國屋書店に入社。専務を経て相談役となった。
  • 次のクラブに行く時に、ピーコに「(銀座の真ん中を)俺の鞄を持って、俺の前に立って『タナベモイチが通ります〜、タナベモイチが通ります〜』って言いながら歩け」と言い、声が小さいと「もっとおっきい声で!」と言い直しをさせながらも、本人は小声で「そこのけ、そこのけ」と並木通り[要曖昧さ回避]からずっと歩いて(歩かせて)いたとのこと。元気な時には、「俺の葬式のとき、ピーコは駐車場で『こっちこっち』ってやる係だからな」「なんで! 私、駐車場でそんな事する係、嫌よ」「バカヤロー、森繁久彌だって下足番なんだぞ」との会話などもあったとのことで、ピーコは著書で「茂一ちゃんは困った人でもあったけど、とても可愛くていい人だったよ」などと述懐している。
  • 1965年日本ペンクラブ創立30周年記念祝賀会の準備で、まだ詩集を二、三冊出した頃の堤清二を同会会員に引き入れる[1]。祝賀会開催のための募金集めは、ペンクラブの名前では大企業の偉い人に会うのに時間がかかるため、西武百貨店社長の肩書を持つ堤なら面会も早かった。当時、大企業は寄付の要請に防備を固めていた。堤清二は父・康次郎池田勇人と親しく[2][3]、その取り巻きである「財界四天王」とも近い関係であったため、当時鉄鋼連盟会長だった富士製鉄永野重雄に寄付の要請に田辺と行った。すると田辺はくしゃくしゃの上衣の内ポケットから、当時のペンクラブ会長・川端康成の寄付要請書を取り出したが、その宛名は「鉄鋼労連会長殿」になっていた。永野は「これは労働組合宛ですよ。僕は経営者の方だから立場が逆だが」と突き返した。田辺は少しもあわてず、その場でボールペンで"労連"のところに二本の線を入れ、"連盟"と書き直し「鉄鋼連盟会長殿」と換え、また突き出した。永野は笑っていたが、堤は恥ずかしさで頭を掻いた[1]。またトヨタ自動車の本社を訪ねた際には、当時の豊田英二副社長が対応してくれたが、田辺は不躾に「『黒の試走車』のような産業スパイ小説がベストセラーになっている世の中ですから、寄付をお勧めします」と言った。堤は「それはまずいですよ。そういう言い方はないですよ」と田辺の袖を引っ張った。田辺は「そうか」と怪訝な表情で堤を顧み、この二人のやりとりが滑稽だったか豊田は大笑いし寄付を承諾してくれた[1]。どこに行っても似たようなことの連続で、堤は冷や汗のかきどおしだったが、二人の募金活動は順調に進んだという[1]
  • 1980年頃、ラジオで「炭屋の片隅ではじめた本屋が日本一の本屋になるような、そんな時代というのは、もう来ないんでしょうね」と問われ、「何でも時代のせいにしてりゃあ、そりゃあ楽だわな」と答えている[4][注釈 1]
  • 「茂一のひとり歩き b/w 茂一音頭」という曲を吹き込み、レコードリリースしている。
  • 田辺に目をかけられた落語家の立川談志は、彼の死に際して形見分けがなされた。これには田辺自身の遺言もあったといわれる。また、談志は、田辺の死後『酔人・田辺茂一伝』を執筆している[注釈 2]

テレビドラマ出演[編集]

著書[編集]

  • 『純文学のために』編 紀伊国屋パンフレツト 1935
  • 『能動精神パンフレツト』編 紀伊国屋パンフレツト 1935
  • 『作品の印象』赤塚書房 1939
  • 『轗軻 随筆評論集』昭森社 1941
  • 『酔眼竹生島』創元社 1953
  • 『世話した女』創元社 1953
  • 『茂助の昨今』角川書店 1954
  • 『夜の市長』朋文社 1957 田辺茂一コレクション /北溟社 2006
  • 『おんなたわけ』鏡浦書房 1959
  • 『浪費の顔』七曜社 1964
  • 『おんな新幹線』徳間書店 1967
  • 『裸像との対話 わが縦横交友録』富士書院 1967
  • 『芯のない日々』新潮社 1970
  • 『正体見たり』新潮社 1972
  • 『すたこらさっさ』正続 流動 1973
  • 『遊ばない人間に仕事ができるか』大和出版 1976
  • 『茂一ひとり歩き』日本経済新聞社 1976
  • 『わが町・新宿』サンケイ出版 1976 のち旺文社文庫 紀伊國屋書店 2014
  • 『遊びの値打ち』ごま書房 ゴマブックス 1977
  • 『あの人この人五十年 もいちの縦横交友録』東京ポスト 1978
  • 『名を売る人間が仕事を伸ばす』大和出版 1979
  • 『作家のうらおもて 田辺茂一対談集』行政通信社 1980
  • 『穀つぶし余話』言叢社 1981
  • 『田辺茂一の美女対談』紀尾井書房 1981
  • 『浪費ざんまい 巷の自画像』三天書房 1981
  • 『六十九の非』新潮社 1982

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ヤングタウンTOKYO『サタデーナイトカーニバル』(TBSラジオ、1980年4月 - 1981年10月)における小室等の問い。「単なる炭屋さんが・・・」「"タンなる"は炭のシャレか」。録音によればかなり酔っている模様で、一緒にパーソナリティを務める吉田拓郎と共に猥談などで盛り上がっていた。
  2. ^ 立川談志が絶頂期にあった頃、談志が自分の行きつけの飲み屋で飲んでいると「よう、テレビでよく見る三流芸人じゃねぇか」と、ある老人にいきなり声をかけられた。談志はたいそう憤慨し、「この野郎、どうせ落語なんかろくに知らねぇんだろう」と激しく詰め寄ると、老人は噺家顔負けの掛け合いを披露してみせてついに談志を黙らせてしまった。この老人こそ田辺茂一であり、田辺は時折慢心をのぞかせていた談志を懲らしめてやろうと常々思っていたという。その後、ふたりは公私ともに信頼しあう間柄になったといわれている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 辻井喬『叙情と闘争 ―辻井喬+堤清二回顧録―』 中央公論新社 2009年 [ISBN 412004033X] 67-70頁
  2. ^ 上之郷利昭『堤義明は語る』 講談社 1989年 [ISBN 4061843834] 126、185頁
  3. ^ 松崎隆司『堤清二と昭和の大物』 光文社 2014年 [ISBN 978-4334978013] 119頁
  4. ^ 「そりゃぁ何でも時代のせいにしてたら楽だわな〜私の好きな言葉」

関連項目[編集]