東京堂書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社東京堂
Tokyodo Jinbocho Daiichi Building (2018-05-04) 01.jpg
東京堂本社が入る東京堂神保町第一ビル。東京堂出版本社も入っている(2018年平成30年〉5月撮影)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0051
東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
北緯35度41分42.9秒 東経139度45分36.0秒 / 北緯35.695250度 東経139.760000度 / 35.695250; 139.760000座標: 北緯35度41分42.9秒 東経139度45分36.0秒 / 北緯35.695250度 東経139.760000度 / 35.695250; 139.760000
本店所在地 102-0074
東京都千代田区九段南1丁目3番1号
東京堂千代田ビルディング18階
北緯35度41分42.9秒 東経139度45分36.0秒 / 北緯35.695250度 東経139.760000度 / 35.695250; 139.760000
設立 1917年大正6年)3月
創業1890年明治23年)3月
業種 小売業
法人番号 6010001034313
事業内容 書店事業、不動産事業
代表者 代表取締役会長 大橋信夫
代表取締役社長 大橋知広
資本金 7000万円
従業員数 27名
(2020年4月1日現在)
主要子会社 株式会社東京堂出版
外部リンク www.tokyodo-web.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示
東京堂千代田ビルディング
Aozora Bank Head Office.JPG
施設情報
所在地 東京都千代田区九段南1丁目3番1号
状態 完成
着工 1975年2月[1]
竣工 1977年6月[1]
用途 事務所[1]
地上高
高さ 81m[1]
各種諸元
階数 地下4階、地上20階、塔屋1階[1]
敷地面積 4,142 [1]
建築面積 2,111 [1]
延床面積 34,140 [1]
構造形式 RC造S造[1]
駐車台数 89台[1]
関連企業
設計 日建設計・東京[1]
施工 大成建設[1]
所有者 東京堂
テンプレートを表示

東京堂書店(とうきょうどうしょてん、: Books Tokyodo)は、東京都千代田区神保町に本社を置く小売書店

本項では、東京堂が所有するテナントビルである東京堂千代田ビルディングについても記載する。

概要[編集]

1890年明治23年)に大橋新太郎により博文館における小売書店として開業し、翌1891年には出版取次出版業を開始。しかし、出版取次業は第二次世界大戦太平洋戦争)に伴う国策によって1941年昭和16年)、国策会社日本出版配給(日配)へ吸収された。

戦後、日配の停止清算後も取次を再開しなかったが東京出版販売(東販、現・トーハン)創立に関わる。1964年には小売部門と出版部門に分離独立した。出版部門が東京堂出版となり、「民俗学辞典」「全国方言辞典」など刊行し、“辞書の東京堂”として著名[2]。同社本社は神保町本店と同じビルに入居している。

東京堂書店の店舗は、現在は本店にあたる神田神保町店のみが営業している。

かつては、神田神保町店のはす向かいに「ふくろう店」があり、2012年には女性向けの書店「Chez moi(シェ・モワ)」としてリニューアルしたものの、翌2013年に閉店している。 また、東中野駅の駅ビルに2012年に開店した「アトレヴィ東中野店」があったが、2015年に閉店している。同じく2012年に開店した「ソヨカふじみ野店」(埼玉県ふじみ野市)については、2021年に閉店している。

神田神保町店[編集]

1982年に竣工した神田神保町店は千代田区の神田すずらん通りにある。2002年には大規模なリニューアルが行われ、1~3階を書店が占めるようになり、2011年のリニューアルでは、カフェスペースが新設された[3]

靖国通り三省堂書店神田神保町本店、書泉グランデなどと共に神保町の代表的な大型書店とされ、規模ではそれらに敵わないものの、独自の棚作りによって立花隆安原顯坪内祐三など多くの読書人に愛されている。また、レジ前のメイン平台には各ジャンルの注目の新刊が並ぶので、来店するとまずここをめざす客が多い[3]

東京堂千代田ビルディング[編集]

1971年暮、普通のテナントビルとして設計が着手されるが、途中、太陽神戸銀行(現・三井住友銀行)をテナントとして迎えることが決定した。このため設計は見直され、内部は銀行の本部となる専用ビル、外部まわりはテナントビルスタイルという特異な性格を持つビルとして完成した[4]

テナントの変遷

完成したビルには太陽神戸銀行が東京営業部を置き営業を始めるが、1990年4月1日、同行が三井銀行と合併すると太陽神戸三井銀行(さくら銀行)本店となり[5]2000年4月1日、同行が住友銀行と合併すると三井住友銀行九段営業部となった。

三井住友銀行九段営業部が撤退後、2003年3月、旧日本債券信用銀行本店ビルで営業していたあおぞら銀行が再開発や老朽化のため、本店を東京堂千代田ビルに移すが[6]上智大学が四谷キャンパス内に建設したソフィアタワーが2017年春に完成すると同行本店はテナントとして入り、東京堂千代田ビルから撤退した[7]

2018年からはNTTデータグループの日本電子計算が、本社として使用している[8][9]

沿革[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『新建築』1977年9月号 p.286
  2. ^ a b 東京堂”. 千代田区立図書館. 2021年1月10日閲覧。
  3. ^ a b 『東京人』2018年12月号 p.41
  4. ^ 『新建築』1977年9月号 p.245
  5. ^ 「三井、太陽神戸、引っ越し準備大忙し、レイアウト替え・拡張工事も」『日経金融新聞』1990年3月14日
  6. ^ 「あおぞら銀 本店移転」『日本経済新聞』夕刊 2003年3月24日
  7. ^ 「あおぞら銀本店 上智大に入学 お披露目 完全移転は来月」『朝日新聞』2017年4月13日
  8. ^ 本社移転のお知らせ(日本電子計算株式会社)
  9. ^ 会社概要(日本電子計算株式会社)
  10. ^ 2020shs.pdf - 実践学園中学・高等学校(学校案内パンフレット2020年版)”. 実践学園中学・高等学校. 2021年1月9日閲覧。
  11. ^ 文部省告示第162号昭和10年(1935年)4月18日付で、設置と4月開校を認可〈官報昭和10年4月20日第2487号〉

関連項目[編集]

外部リンク[編集]