東京堂書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 東京堂
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0051
東京都千代田区神田神保町1丁目17番地
本店所在地 102-0074
東京都千代田区九段南1丁目3番1号
東京堂千代田ビル18F(九段本店)
設立 創業1890年
業種 小売業
外部リンク http://www.tokyodo-web.co.jp/
テンプレートを表示
本店所在地である東京堂千代田ビル(太陽神戸銀行東京営業部→さくら銀行本店→三井住友銀行九段営業部→あおぞら銀行本店が入居している)

東京堂書店(Books Tokyodo)(とうきょうどうしょてん)は、東京都千代田区神保町に本社を置く小売書店

概要[編集]

1890年に小売書店として開業し、翌年には出版取次業・出版業を開始。出版取次業は国策により1941年日本出版配給へ吸収された。1964年には小売部門と出版部門に分離独立し、出版部門が東京堂出版となった(本社は神保町本店と同じビルに入居している)。

東京堂書店の店舗は、本店にあたる神田神保町店のほか、2012年に開業した「ソヨカふじみ野店」(埼玉県ふじみ野市)がある。かつて神田神保町店のはす向かいに「ふくろう店」があり、2012年には女性向けの書店「Chez moi(シェ・モワ)」としてリニューアルしたものの、翌2013年に閉店している。また、東中野駅の駅ビルに2012年に開店した「アトレヴィ東中野店」があったが、2015年に閉店。

神田神保町店は千代田区の神田すずらん通りにある。靖国通りの三省堂書店神田神保町本店、書泉グランデなどと共に神保町の代表的な大型書店とされ、規模ではそれらに敵わないものの、独自の棚作りによって立花隆安原顯坪内祐三など多くの読書人に愛されている。

沿革[編集]

  • 1890年(明治23年) - 東京堂創業。小売業を営む。翌年に書籍取次業と出版業を始める。
  • 1941年(昭和16年) - 国内の書籍の流通が日本出版配給株式會社に吸収されることとなり、取次業を終了する。
  • 1964年(昭和39年) - 東京堂出版と東京堂書店に分離、独立。
  • 2011年(平成23年) - 東京堂と東京堂書店が合併。
  • 2012年(平成24年) - 既存店舗リニューアルカフェを併設。ふくろう店を「Chez moi(シェ・モワ)」に改装。6月にソヨカふじみ野店、8月にアトレヴィ東中野店がオープン。
  • 2013年(平成25年) - 「Chez moi」を閉店。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]