花は花よめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
花は花よめ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日21:00 - 21:56→21:00 - 21:55(56→55分)
放送期間 1971年8月27日 - 1972年1月21日
1972年8月25日 - 1973年5月4日
1974年10月11日 - 1975年4月4日(85回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 波多腰晋二、梅谷茂、矢野義幸、長富忠裕、新沢浩、吉野洋、伊藤祥二
脚本 布勢博一、岡本克己、柴英三郎、高階有吉
出演者 吉永小百合児玉清真野響子
テンプレートを表示

花は花よめ』(はなははなよめ)は、日本テレビ系列の『金曜劇場[1](毎週金曜日21:00 - 21:56 → 第2シリーズ第6話から21:00 - 21:55)にて放送されたテレビドラマ。放送形式はカラーVTR

第1シリーズは1971年8月27日から1972年1月21日まで(全22話)、第2シリーズは1972年8月25日から1973年5月4日まで(全37話)、第3シリーズは1974年10月11日から1975年4月4日まで(全26話)、以上3シリーズにわたって放送された。

概要[編集]

西みどりは、亡き母の同輩だった吾妻坂の西乃家の女将・駒子に引き取られてそこの養女となり、後に人気芸者となった。そのみどりがある日、ふとしたことから花屋「花清」を営む三人の子持ちの清水達郎と出会い、後に達郎と結婚して、妻そして母として奮闘することになる。

主演の吉永小百合にとって、芸者役も子持ちの役も本作が初めてとなった。本作の主演を務めるに当たり、東京神楽坂の芸者から指導を受け、また花柳梅静門下で日本舞踊の稽古も行った[2]。また、吉永と児玉清は、本作スタートの前年1970年に同じ日本テレビ系のドラマ『おふくろの味』で共演。その縁もあって、吉永は児玉との再共演を望んでいたといい[2]、本作で再びの顔合わせが実現した。

なお、第3シリーズでは児玉の役名、および先妻の子持ちの男性と結婚するというストーリーは同じながらも、舞台は果物屋『百果園』に変わり、主演は真野響子に交替。夫婦の年の差は15歳差となっている。一部キャストは第1・第2シリーズから引き続き出演したが、その中には役柄が変わった者もいる。

キャスト[編集]

第1・第2シリーズ[編集]

ゲスト[編集]

第1シリーズ
第2シリーズ


第3シリーズ[編集]

スタッフ[編集]

  • 第1シリーズ
  • 第2シリーズ
    • 脚本:柴英三郎、岡本克己 ほか
    • 演出:波多腰晋二、長富忠裕、新沢浩、矢野義幸、梅谷茂 ほか
  • 第3シリーズ
    • 脚本:布勢博一、岡本克己、高階有吉
    • 演出:吉野洋、新沢浩、梅谷茂、伊藤祥二、矢野義幸
  • 音楽:山下毅雄
  • 制作:日本テレビ
  • メインテーマ - 歌:スリー・グレイセス (作詞:ヤマシタケ、作曲・編曲:山下毅雄

放送日程[編集]

※サブタイトルは、第3シリーズの第13話 - 第26話のみ存在。

第3シリーズ[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1974年10月11日 (サブタイトル無し) 岡本克己 吉野洋
2 10月18日 (〃)
3 10月25日 (〃)
4 11月1日 (〃) 布勢博一
5 11月8日 (〃) 岡本克己 新沢浩
6 11月15日 (〃) 布勢博一
7 11月22日 (〃) 岡本克己
8 11月29日 (〃) 吉野洋
9 12月6日 (〃) 布勢博一 梅谷茂
10 12月13日 (〃) 岡本克己 新沢浩
11 12月20日 (〃) 布勢博一
12 12月27日 (〃) 岡本克己 伊藤祥二
13 1975年1月3日 新春早々さようなら 布勢博一
14 1月10日 あなたもタバコがやめられます…? 梅谷茂
15 1月17日 星占い 高階有吉 吉野洋
16 1月24日 捨て子でーす今日は 布勢博一 矢野義幸
17 1月31日 ケチケチ大作戦 岡本克己
18 2月7日 カラスなぜ泣くの 布勢博一 伊藤祥二
19 2月14日 蛙とワンにゃん病院 岡本克己
20 2月21日 北へ帰る旅人 高階有吉 吉野洋
21 2月28日 一人ぼっちでいるよりも 新沢浩
22 3月7日 天気予報とシマシマパンツ 伊藤祥二
23 3月14日 美人選びます 岡本克己 新沢浩
24 3月21日 激突! 跡目争い 伊藤祥二
25 3月28日 カサブランカの女 高階有吉 吉野洋
26 4月4日 バラバラ家族 岡本克己

脚注[編集]

  1. ^ ただし第1・第2シリーズはトヨタグループ単独提供であるため、枠名は『トヨタ金曜劇場』となっていた。
  2. ^ a b 日本テレビ編『日テレドラマ半世紀』35ページ より。

参考文献[編集]

日本テレビ トヨタ金曜劇場
前番組 番組名 次番組
花は花よめ
(第1シリーズ)
花は花よめ
(第2シリーズ)
日本テレビ系 金曜21:55 - 21:56枠
女ですもの
(21:00 - 21:56)
花は花よめ
(第2シリーズ)
(1972.8 - 9)
【1分縮小して継続】
NNNニューススポット
(21:55 - 22:00)
【1分拡大して継続】
日本テレビ系 金曜劇場
花は花よめ
(第3シリーズ)