太田英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおた ひであき
太田 英明
プロフィール
出身地 日本の旗 日本東京都葛飾区金町
生年月日 (1963-05-19) 1963年5月19日(58歳)
最終学歴 慶應義塾大学文学部卒業
勤務局 文化放送
部署 コミュニケーションデザイン局 エグゼクティブ・プロデューサー
活動期間 1986年 -
ジャンル 情報・音楽など全般
出演番組・活動
出演中 大竹まこと ゴールデンラジオ!
(編成局長→エグゼクティブ・プロデューサーへの就任後も金曜日限定で出演)
出演経歴 東京っ子NIGHTお遊びジョーズ!!
今夜もBREAK OUT ラジオバカナリヤ
太田英明のまさかのラジオ
太田英明 ナマ朝!
ニュース・パレード
壇蜜の耳蜜
太田英明のMUSIC NEO
内海文化・QRの現金5万円入りのハンドバッグPodcast QR
その他 寺島尚正アナと漫才コンビ「内海文化・QR」としても活動。

太田 英明(おおた ひであき、1963年(昭和38年)5月19日 - )は、文化放送アナウンサー・エグゼクティブ・プロデューサー。東京都葛飾区出身。茨城県立水戸第一高等学校慶應義塾大学文学部文学科卒業。

来歴・人物[編集]

  • 1986年(昭和61年)4月、文化放送にアナウンサーとして入社。
  • 先輩アナウンサーである寺島尚正と「内海文化・QR」(うつみぶんか・きゅーあーる、太田は「内海QR」)という漫才コンビを組んでおり、アナウンサーと漫才師という2つの顔を持つ。このコンビは内海好江にとって最後の弟子である。
  • 文化放送の労働組合の執行委員長を務めていたことがある。
  • 神奈川県伊勢原市からの遠距離通勤。
  • 新人の頃、度胸をつけるためと称して車掌姿で電車に乗せられ観光案内をしていた。
  • 自他共に認める恐妻家
  • 入社以来、スポーツ実況を担当したことがない。現職男性アナウンサーでスポーツ実況経験がないのは太田だけである(2015年2月で定年退職→嘱託の竹内靖夫もスポーツ実況担当歴がなかった)。
  • 番組で、一緒に担当したのを機に、プリンセス・プリンセスのファンとなり、全国ツアーの開演前・終演後のMC(テープ録音)を担当したことがある。
  • アーティストのライブコンサートのCMのナレーションを多く担当している。
  • エビなどの甲殻類、蛸・イカなどの軟体類及び貝類に対しての食物アレルギーをもつ。
  • 2014年1月1日付で、報道事業局 制作部 担当部長に就任。
  • 2017年7月3日付で、編成局 アナウンス部長に就任[1]
  • 2020年10月1日付で、放送事業本部 編成局長に就任。9月24日(木曜日)に、アシスタントとして出演している『大竹まこと ゴールデンラジオ!』のオープニングで、「太田に関する重大発表」と称して文化放送社長(当時)の上口宏が緊急出演し、上口から太田に対し編成局長への人事異動の内示を通達された。民間放送局の正社員に対する人事異動の内示が、当該社員が出演する生放送番組の中で社長から直々に伝えられたことは、他局を含めても異例である[2]
    • 実際には異動を機にアナウンス部を離れたものの、編成局長への就任後も、『ゴールデンラジオ!』のアシスタントを続けている。2020年10月第3週まではアナウンス部時代と同じく週5日(月 - 金曜日)担当していたが、編成局長としての職務との兼ね合いで同月最終週から出演日を週1日に限ることがあらかじめ決まっていたため、日替わりで出演するパートナー(月曜日:阿佐ヶ谷姉妹、火曜日:はるな愛、水曜日:壇蜜、木曜日:光浦靖子、金曜日:室井佑月)が太田との共演継続に向けた手紙でのアピール合戦(放送上の呼称は「太田英明争奪・パートナーお手紙対決」)を展開。「文化放送 スペシャルウィーク」期間中の10月22日(木曜日)放送分でリスナー投票を実施したところ、室井の手紙に最も多い支持票が集まった。この結果を受けて、太田は「文化放送編成局長兼アナウンサー」という肩書で、同月30日から金曜日にのみ出演を継続[3]。月 - 木曜日担当アシスタントの後任には、アナウンス部時代の同僚かつアナウンス部長在任時の部下に当たる砂山圭大郎(休暇期間中の放送で「砂山大輔」・「K太郎」名義を含めてアシスタント代理を経験)が、同月26日放送分から起用されている。なお、アナウンス部長の後任には、部長在任時にアナウンス部次長であった水谷加奈が就任している。
    • 編成局長としては、文化放送の開局70周年(2022年3月31日)に向けた「文化放送開局70周年記念企画実行委員会」(2021年3月に局内で発足した部署・年代横断型の委員会)の委員長を兼務している[4]
  • 2021年7月1日付で、編成局が「コミュニケーションデザイン局」へ改組した事に伴い、編成局長を退任。アナウンサー兼務のままコミュニケーションデザイン局 エグゼクティブ・プロデューサーに就任。

担当番組[編集]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

前任者の山中つよしの後任。パートナーは、声優の平野文
  • 下町おやじ診療所(2008年3月31日〜2009年9月28日、月曜日 20:00 - 20:30)
  • 下町おやじ大人塾(2009年10月5日〜2013年3月25日、月曜 20:00 - 20:30)
  • くにまるワイド ごぜんさま〜(2008年10月3日〜2010年10月1日、金曜 10:04 - 10:25頃 「クイズ!だいぶショック!?」進行)
  • 太田英明とCOONのP!ck Up ★ STATION(2008年4月2日〜、水曜 26:00 - 27:00)
前任者のハマモトヒロユキの後任
2007年10月3日〜2008年3月26日までは「太田英明のP!ck Up ★ STATION」として放送
  • 太田英明・小泉麻耶のアソブココロ倶楽部(土曜 17:15 - 17:30、東海ラジオ放送は土曜16:45 - 17:00。2005年10月〜2009年10月3日。2007年4月7日より竹内のぞみから小泉麻耶へアシスタント変更)
  • がちっ娘〜GACHIKKO(2009年4月8日〜2010年3月31日、水曜 21:30 - 22:00)
    2009年9月まで水曜 25:30〜26:00に放送
  • 吉田照美 ソコダイジナトコ(2010年4月6日〜2011年9月27日、7時の情報デリバリー、毎週火曜日担当)
  • 太田英明の健康ワンポイントチェック(大竹まこと ゴールデンラジオ!内 15:04 - 15:05頃 ※セイ!ヤング ネクステージ内で、先に放送開始。2007年4月2日~2011年9月30日)
  • 太田英明の元気な一週間(大竹まこと ゴールデンラジオ!内 月曜〜金曜 15:05 - 15:07頃)
  • ニュース・パレード(2011年10月3日〜2013年9月27日、月曜〜金曜担当。2013年9月30日〜2014年9月30日、月・火曜担当(月曜のみの時期もあり)) 
  • 高田純次 毎日がパラダイス椎間板ヘルニアのため、休養中の高田純次の代打。2015年2月2日〜2月13日)
  • 吉田照美 飛べ!サルバドール 飛び出せ子ザル中継レポーター(金曜担当 2013年10月4日 - 2016年3月25日)
  • くにまるジャパン(2010年10月8日〜、金曜 10:05 - 10:25頃 「クイズレストラン ジャポネ」支配人(司会進行))
  • 太田英明のMUSIC NEO(2009年10月11日から放送中断期間を挿みながら2020年9月まで放送)
  • 内海文化・QRの現金5万円入りのハンドバッグPodcast QR、隔週金曜日更新)
  • 壇蜜の耳蜜 アシスタント(2013年7月1日〜9月23日、月曜 18:35 - 18:45。2013年10月1日〜2020年10月26日、月曜 19:30 - 20:00)
    編成局長への就任後も1ヶ月間出演した後に、2020年11月2日放送分から山田弥希寿(文化放送アナウンサー)へ交代。
  • “New Normal” HIT SONG COLLECTION(2020年11月17日 21:30 - 22:00、パーソナリティ)
    編成局長への就任後に、当該時間帯のレギュラー番組パーソナリティが活動の無期限自粛を発表したことに伴って番組の休止を余儀なくされたため、代替番組として急遽編成。翌週以降は、『松井佐祐里“new normal”の小部屋』と改題したうえで、当該番組でアシスタントを務める松井佐祐里(文化放送アナウンサー)が太田からパーソナリティを引き継いでいる。

出演テレビ番組[編集]

  • タモリ倶楽部(1996年1月26日、「クイズ?これは何だ!(名乗るほどの物ではありませんが)」)

出演映画[編集]

関連人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ 文化通信(文化通信社)2017年6月28日号。
  2. ^ “生ラジオで人事発令 大竹まこと相棒が編成局長昇進”. 日刊スポーツ. (2020年9月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202009240000356.html 2020年9月24日閲覧。 
  3. ^ “局長の肩書でラジオ番組出演継続、文化放送太田アナ”. 日刊スポーツ. (2020年10月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202010220000414.html 2020年10月24日閲覧。 
  4. ^ “文化放送開局70周年アニバーサリーイヤーコンセプトが決定 「もっと過激に もっと優しく 文化放送」”. 文化放送. (2021年3月16日). https://www.joqr.co.jp/qr/article/4359/ 2021年3月16日閲覧。 

外部リンク[編集]