ダン池田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダン 池田
出生名 池田 啓助
生誕 1935年4月11日
出身地 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮京城府生まれ
日本の旗 日本北海道留萌市育ち
死没 (2007-12-25) 2007年12月25日(72歳没)
埼玉県
学歴 中央大学経済学部(中退)
職業 バンドマスター
メンバー ダン池田とニューブリード

ダン池田(ダン いけだ、本名・池田 啓助1935年4月11日- 2007年12月25日)は、日本バンドマスター。ラテンパーカッション奏者であり、指揮者として活躍。またタレントとしても活動していた。

常に口髭を生やし、パンチパーマの髪型が印象的であった。

来歴・人物[編集]

1935年4月11日朝鮮京城[注釈 1]生まれ[1]。終戦と同時に日本へ引き揚げて来ている。

池田の芸名でもあった『ダン』の由来は、高校生時代に生徒会長を務めていた頃、自分が好きだった女子生徒の手を繋ぎたいという目的でフォークダンスを開催しており、その際に「ダンス」と「啓助」を併せた「ダン助」というあだ名を、池田の同級生達に付けられたのがきっかけとなっている[1]

北海道留萌高等学校の入学を経て、長野県松代高等学校を卒業した。その後は中央大学経済学部に進学したが、後に中退している。留萌高校吹奏楽部出身の音楽家は他に佐藤勝がおり、後輩には森田公一がいた。

中央大学在学中から本格的にプロのバンド活動を始めており、その後は事務員を務めていた。

1969年になって『ダン池田とニューブリード』を結成し[1]フジテレビ系の音楽番組である『夜のヒットスタジオ』のカラー放送開始と同時に専属のバンドとしてニューブリードが抜擢される事となり[注釈 2]、即レギュラーに起用された[1]。番組は人気と高視聴率を得ると共に、池田の知名度も上がって来る。

以降は「夜ヒット」と同時に、フジテレビ系列の『オールスター家族対抗歌合戦』や『スターどっきり報告』・『オールスター水泳大会』・『ズバリ!当てましょう』・NHKの『ひるのプレゼント』など、第2のステレオ放送開始以降の主にフジテレビ・NHKの音楽番組を中心に出演をして活躍する[注釈 3]

その一方で「家族対抗歌合戦」では審査員として起用される様にもなり、また「スターどっきり」の方でもレポーター役に抜擢されて出演し、音楽活動と並行してタレントとしても活躍していた。

NHK紅白歌合戦』では、1972年から1984年まで指揮者を務めた。なお1974年のみは、原信夫とシャープス&フラッツが演奏を務めたため、10回紅組の指揮を担当した。1983年からは紅白でバンドが分かれなくなり、1983年・1984年は両組の演奏を担当した。

1985年3月25日に、毎週月曜日に放送していた1時間枠の『夜のヒットスタジオ』が最終回を迎えるにあたり、16年目をもって出演を降板した。翌週の3月31日にニューブリードのバンドマスターを交代する。4月以降は契約の残っているバンドの仕事など、他番組の出演は継続した。

「夜のヒットスタジオ」の降板から約8ヶ月後となる1985年11月12日、はまの出版からダン池田著の『芸能界 本日モ反省ノ色ナシ』という書籍が出版される[1][注釈 4]。内容は日記を1年間分まとめて掲載された物であったが、実に70万部を売り上げるベストセラー本となった。

しかし書籍のタイトルから見て取れる通り、芸能界や業界に対しての辛辣な表現やタレント・著名人への痛烈な批判もあったことから[注釈 5]、世間からは当時『暴露本』として騒がれた[2]。池田はこの著書の影響により、今後ニューブリードとしてのバンドマスターおよび芸能活動を継続するのは困難である物と判断し、池田から元ブルーコメッツ小田啓義に交代する措置を取った。

同バンドは更にブルーコメッツの三原綱木にバンドマスターを交代した際に、名称を「ザ・ニューブリード」に変更する。その後も『NHK歌謡コンサート』や『NHK紅白歌合戦」・『NHKのど自慢チャンピオン大会』などで活動した。バンド活動を離れて単独となった後、池田自身がプロデュースした『兄弟鳥』という東北出身の民謡歌手をデビューさせた[3]

1988年には、一時的ではあったが「ダン池田とハッピートーンズ」というバンドを結成し、同年に行われたソウルオリンピックの日本の応援歌を山田直稔が作詞し、作曲の方は池田に依頼され担当した[4]

晩年の池田は、前述にある書籍の影響も関係してテレビ・メディアでの活動の場が狭まってしまい、レギュラー番組での活躍はほとんど無く単発での仕事が依頼される程度となった[注釈 6]

また自ら芸能事務所を設立しており、演歌歌手をデビューさせるなど話題を作る。しかしその売り出しは失敗に終わってしまい、これ以降は表舞台から身を引く形になってしまった。

1990年代以降は、昔を懐かしむ映像で『夜のヒットスタジオ』出演時のバンドでの活躍ぶりが流れたり、単発で『あの人は今!?』(日本テレビ[5]などのスペシャル番組にゲストとして出演した以外は、池田の全盛期時代の姿や活躍していた頃の映像を見掛けなくなる。

1997年当時は、埼玉県の方で『ダン池田の店」という飲食店を経営しており、自らマスターを務めていて元気な姿を見せていた。

1998年以降は脳梗塞を患い自宅療養を行っていたが、2007年12月25日、急性呼吸不全のため死去。72歳没[1]。逝去後は近親者のみで密葬を済ませている。「故人の遺志で静かに眠らせてあげたかった」との遺族の意向から、訃報は死去から約2カ月後の2008年2月21日に公表された[1]

主な出演番組[編集]

映画[編集]

主な作曲作品[編集]

  • 「声高らかに がんばれニッポン!!」(作詞:山田直稔 作曲:ダン池田)
  • '88ソウルオリンピックのうた(作詞:山田直稔 作曲:岡部昌二、補作詞:ダン池田)[注釈 7]
  • 王子信用金庫社歌「王子マーチ」(作詞:池田節子 作曲:ダン池田)(1988年4月)[6]

主な著書[編集]

  • 「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」(1985年11月20日、はまの出版)ISBN-4-89361-011-2
  • 「第2弾・芸能界本日モ反省ノ色ナシ」(1986年5月25日、はまの出版)ISBN-4-89361-018-X
  • 「芸能界踏んだり蹴ったり」(1988年8月25日、はまの出版)ISBN--4-89361-053-8

関連項目[編集]

  • 疋田拓 - 夜のヒットスタジオのプロデューサー

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の韓国ソウル
  2. ^ この際にフジテレビとの専属契約を結んでいる。
  3. ^ フジテレビとの専属契約を結んでいたため紅白歌合戦を除き、TBSの『ザ・ベストテン』や日本テレビテレビ朝日など他局の音楽・バラエティー番組には出演していなかった。
  4. ^ 第1弾から出版され、好評で後に続編の第2弾も出版されている。ちなみに現在この出版社は既に事業を停止しており、現存していない。
  5. ^ 一部イニシャルでの公表もあるが、実名入りでタレントや著名人を赤裸々に非難し、性格や人間性を暴露していた。またテレビ局・番組関係者や芸能界の裏側・業界自体も酷評している。また本の目次から実名で記されたタレントも存在した。
  6. ^ 池田の本はベストセラーにもなり当時話題作りにはなったものの、出版後はテレビへの出演が激減してしまいメディアの露出も少なくなった。池田は書籍が売れて注目されたが、結果的に芸能界から干されてしまい表舞台より姿を消す形になったので、出版の代償は大きかったといえる。芸能界から退いた後は、飲食店を経営して活躍していた。
  7. ^ いずれも演奏はニューブリードを辞めた後に作った“ダン池田とハッピートーンズ”名義によるもので、発売はダン池田事務所。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “ダン池田さん死去していた…“夜ヒット”や紅白で伴奏務める(1/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2008年2月22日). オリジナルの2008年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080227143719/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080222/tnr0802220958012-n1.htm 2022年8月17日閲覧。 
  2. ^ “ダン池田さん死去していた…“夜ヒット”や紅白で伴奏務める (2/2ページ)”. MSN産経ニュース. (2008年2月22日). オリジナルの2008年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080227235424/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080222/tnr0802220958012-n2.htm 2022年8月17日閲覧。 
  3. ^ 「芸能界踏んだり蹴ったり」(発売:1988年8月25日、はまの出版)22〜 242頁に全体を通して過程が記されている。
  4. ^ 『芸能界踏んだり蹴ったり』(発売:1988年8月25日、はまの出版)243頁。
  5. ^ ダン池田 - オリコンTV出演情報
  6. ^ 「芸能界踏んだり蹴ったり」(発売:1988年8月25日、はまの出版)218 - 221頁。