ダン池田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダン 池田
出生名 池田 啓助
生誕 1935年4月11日
出身地 日本の旗 朝鮮京城府生まれ
日本の旗 日本北海道留萌市育ち
死没 (2007-12-25) 2007年12月25日(72歳没)
埼玉県
学歴 中央大学経済学部(中退)
職業 バンドマスター
メンバー ダン池田とニューブリード

ダン池田(だん いけだ、本名・池田 啓助1935年4月11日- 2007年12月25日)は、日本バンドマスター・ラテンパーカッション奏者・指揮者タレント

来歴・人物[編集]

1935年4月11日、旧朝鮮京城(現ソウル)生まれ、終戦と同時に日本へ引き揚げた日本人である[1]

芸名の「ダン」は、生徒会長を務めていた高校時代、好きな女子と手を繋ぎたいがためにフォークダンスを開催し、「ダンス」と「啓助」をつなげた「ダン助」というあだ名がついたことに由来するという。

留萌高等学校を経て長野県松代高等学校卒業、中央大学経済学部を中退している。 留萌高校吹奏楽部出身の音楽家にはほかに佐藤勝森田公一らがいる。

中大在学中からプロのバンド活動を開始。その後、事務員を務めていた。

1969年、「ダン池田とニューブリード」を結成し、フジテレビ系「夜のヒットスタジオ」のカラー放送開始と同時に専属のバンドとして番組に抜擢される。

以後、夜ヒットと同じくフジテレビ系の「オールスター家族対抗歌合戦」・「スターどっきり報告」・「オールスター水泳大会」、「ズバリ!当てましょう」(第2期のステレオ放送開始以降)、NHKの「ひるのプレゼント」など主にフジテレビ・NHKの音楽番組を中心に活躍(フジの専属契約のため紅白を除きザ・ベストテン等には出演していない)。

NHK紅白歌合戦」では1972年1984年まで指揮者を務めた(尚、1974年のみは原信夫とシャープス&フラッツが演奏を担当したため、10回紅組の指揮を担当した。1983年から紅白でバンドが分かれなくなり1983年・1984年は両軍の演奏を担当した)。

1985年3月25日に月曜日放送の1時間版の「夜のヒットスタジオ」が最終回を迎え16年目に降板。

1985年3月31日、ニューブリードのバンドマスターを交代。

1985年4月以降は契約の残っているバンドの仕事など他の番組などでは、継続をした。 同年11月12日に『芸能界本日モ反省ノ色ナシ』(第1弾・第2弾)をはまの出版から出版。本書は自身の1年間分の日記をまとめたものだが、70万部のベストセラーになった一方で、タイトルに見て取れる通り、芸能界に対して辛辣な表現もあったことから暴露本と騒がれ、ニューブリードのバンドマスターを継続するのが困難と判断し、元ブルーコメッツ小田啓義に交代した。同バンドは、さらに同じくブルーコメッツの三原綱木にバンドマスターを交代した際、「ザ・ニューブリード」に名称を変更、2014年現在も「NHK歌謡コンサート」や「NHK紅白歌合戦」、「NHKのど自慢チャンピオン大会」などで活躍中である。

晩年の池田には単発での仕事しかなくなり、芸能事務所を設立してデュオの演歌歌手をデビューさせたが失敗。表舞台に出る機会が減っていった。

1990年代以降は懐かしの映像で「夜のヒットスタジオ」の映像が流れたり、単発で「あの人は今!?」等の番組に出演したりした以外、ダン池田の映像を見る機会がなくなった。

1997年当時、埼玉県で開業した「ダン池田の店」でマスターをつとめていた。

2007年12月25日、急性呼吸不全のため死去。享年72。近親者のみで密葬を済ませ、「故人の遺志で静かに眠らせてあげたかった」との遺族の意向から、訃報は死去から約2カ月後の2008年2月21日に公表された。

脚注[編集]

  1. ^ 留萌が産んだ著名人、有名人