山田直稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ なおとし
山田 直稔
生誕 (1926-04-16) 1926年4月16日(92歳)
日本の旗 日本 富山県東礪波郡井波町(現南砺市
別名 オリンピックおじさん
出身校 日本大学富山県立富山工業高等学校
職業 浪速商事株式会社代表取締役会長
著名な実績 オリンピック
大相撲本場所の応援
受賞 ゆうもあ大賞
栄誉 紺綬褒章
公式サイト http://www.naniwa1001.co.jp/olympic/

山田 直稔(やまだ なおとし、1926年4月16日 - )は日本実業家。「オリンピックおじさん」として知られる(後述)。

人物[編集]

富山県東礪波郡井波町(現南砺市)出身。富山県立富山工業高等学校卒業。日本大学工学部建築学科卒業後にワイヤーロープ業界に入り、1960年に浪速商事株式会社を設立。ホテル事業や不動産などへ幅を広げ、浪商グループを築き、現在は同社代表取締役会長。

オリンピックにおいては、様々な種目の会場で金色シルクハット羽織はかまといういでたちで日の丸の旗を振る。初めて応援に出掛けた夏季オリンピック1964年東京オリンピックであり、これ以降、日本ボイコットした1980年モスクワオリンピックも含めて2016年リオデジャネイロオリンピックまで14大会連続で夏季オリンピックの応援に出掛けており、「国際オリンピック応援団長」「オリンピックおじさん」の愛称で有名になった[1][2]。毎回のオリンピック観戦は体力的・経済的にも負担となっており、毎回自らが拠出する宿泊費などの費用は大会あたり1000万、のべ1億円以上を使っているという[3]。高齢であることもあり、82歳の時の北京オリンピックを最後に応援に出掛けることからの引退を表明していたが、後に「引退表明」を撤回、ロンドンオリンピックにも応援に赴いた[4]。その後母校の富山工業高校が甲子園出場し、急遽帰国し応援に駆けつけた。2020年の東京でのオリンピック開催を受け、94歳での同大会までは応援を続けていくと述べている[3]

また大相撲でも同様に、日の丸及び五輪のロゴ入りジャージに大きなシルクハットを被り、金色の日の丸扇子を広げ向正面のたまり席に座り応援を行っている。人気力士の名前が印刷された紙を周りに配ってもいる。これらのことに対して坂信一郎は、理事長から帽子をやめるように注意されたことなどを語り、「ぜひあの応援の仕方はやめてほしい」「はっきり言って目障り」「勝手に席に入っている」などと批判した[5][6]

1984年 - ゆうもあ大賞 受賞。

1984年 - 紺綬褒章 受章。

著作[編集]

著書[編集]

雑誌連載[編集]

  • 「人生は山彦なり」(週刊朝日、2012年 - 連載)

テレビ 他メディア出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]