小町昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小町 昭(こまちあきら、1931年9月18日 - 2017年1月25日)は、北海道釧路市出身[1]作曲家編曲家

北海道釧路湖陵高等学校を経て、明治大学ではマンドリン倶楽部に入部。アコーディオンの演奏は当時、六大学一の腕前と言われた[2]。卒業後はキングレコード専属の作家として活躍し、主に歌謡曲の編曲を手掛け、川上英一とともに三橋美智也のヒット曲を数多く担当した。その傍らでNHK紅白歌合戦演歌の花道にっぽんの歌のオーケストラ、母校・明大マンドリン倶楽部の指揮者も務めた。

主な作品[編集]

編曲[編集]

  • 大津美子「東京アンナ」
  • 大月みやこ「なみだ星」
  • 春日八郎「博多流し」「青い月夜だ」「旅の灯台」「山の吊橋」「女のブルース」「やっこ凧だよ/瀬戸の水軍」「慕情の街
  • 倍賞千恵子「砂丘の雪」「コーヒーはいかが」
  • 三橋美智也「おんな船頭唄」「哀愁列車」「おさげと花と地蔵さんと」「夕焼けとんび」「赤い夕陽の故郷」「達者でナ」「石狩川悲歌」「坂東節/恋あらし」「花の奇兵隊」「信濃路音頭/御牧高原旅愁」
  • 三橋美智也・大月みやこ「下関音頭」
  • 若原一郎「あゝ初恋」「飛んでけ飛んでけ」

作曲[編集]

関連人物[編集]


脚注[編集]

  1. ^ [1] 釧路新聞 2011年9月19日付
  2. ^ [2] 「近代日本流行歌史」より