川嶋あい On The Street

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

川嶋あい On The Street(かわしまあいオン・ザ・ストリート)は、かしわプロダクションが製作しているラジオ番組で、川嶋あい冠番組である。

川嶋あい On The Street
愛称 オンスト
ジャンル トーク番組
放送方式 収録
放送期間 2004年10月 -
放送時間 #ネット局の欄を参照
放送局 #ネット局の欄を参照
制作 かしわプロダクション
パーソナリティ 川嶋あい
テーマ曲 『僕らのOn The Street 』- 川嶋あい
テンプレートを表示

番組内容[編集]

リスナーからのお便りをもとに、川嶋がトークをする番組。基本的に、番組は川嶋一人で進行するが、ゲストを招いてトークを行う事もある。

番組の最後は、川嶋の曲で締めくくるのが決まりとなっており、また、リクエストも川嶋の曲が大半を占める。

主なコーナー[編集]

  • 川嶋スポーツクラブ 
    川嶋へのマラソンに関する質問 スポーツや健康に関する事
  • 何でもランキング
    世の中のありとあらゆる物に対して、川嶋独自の見解によって、ベスト3形式でのランキング付けを行う。
  • 川嶋ブックセンター
    エッセイや小説など、川嶋がお勧めする漫画以外の本を一冊紹介する。
  • 川嶋まんが道場
    川嶋がお勧めの漫画を紹介する。
  • Self liner notes(セルフ・ライナー・ノーツ)
    川嶋が自身の曲に対して、作った経緯や、曲の詞などについて解説する。
  • あいの種のタネ
    リスナーが、川嶋以外のアーティストの曲を川嶋に薦め、リクエストをかけてもらう。このコーナーに関しては、理由付けしていないと曲をかけてもらえない。
  • Ai got mail(アイ・ガット・メール)
    番組のメインコーナー。リスナーからのお便りを読み、川嶋がトークを行う。稀に、このコーナーでリスナーと電話トーク(逆電)を交わす事もある。
  • 突撃アポなし
    川嶋が事前のアポイントメントなしにリスナーへ電話、トークを交わすコーナー。2007年には「三重県の一郎」と名乗る人にかけたところ、電話に出たのは鳥羽一郎だった、というエピソードがある(このことは後年、川嶋自身もこの番組で思い出に残っていることとして挙げている)。なお、2010年には鳥羽の弟・山川豊とともに放送300回を祝うメッセージが流されている。

ネット局[編集]

現在

2018年4月現在。放送時間はJST

過去

番組独自の挨拶[編集]

ネット各局の都合上、午前中や昼過ぎ、夜間に放送するなど様々であるため、番組独自で一日中使っても良い挨拶を考えている。具体的な期間は決まっていないが、概ね1年程度で新しいものがリスナーによって考えられ、川嶋が決定する。

これまで使われた挨拶は以下の通り。

  • ジャンボ(2005年)
  • ンチャハッピー(2006年)
  • アロハロ(2007年)
  • ケロチュー(2008年)
  • ドラキュー(2009年)
  • トラッキー(2010年)
  • ぴょんぴょん(2011年)
  • らんらん(2012年)
  • テンテン(2013年)
  • ワンワン(2014年)
  • ハレルヤー(2015年)
  • クローバー(2016年)
  • よかネー(2017年)
  • ワンダフル(2018年)

その他[編集]

関連番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2017年3月までは土曜 17:30 - 17:45の放送。2017年4月から4月~9月の放送となる。10月~3月の同時間は「ラジオ寄席」を放送。