木村清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きむら きよし
木村 清
Kiyoshi Kimura Statue at Sushi Zanmai Dotonbori 01.jpg
すしざんまい店舗前の木村の像(道頓堀店)
生誕 (1952-04-19) 1952年4月19日(70歳)
日本の旗 日本 千葉県野田市
別名マグロ大王(Tuna King)
出身校中央大学法学部通信教育課程
職業実業家
肩書き株式会社喜代村代表取締役
配偶者有り
公式サイトマグロ大王の部屋

木村 清(きむら きよし、1952年4月19日 - )は、日本実業家株式会社喜代村代表取締役

略歴[編集]

1952年4月19日[1]千葉県東葛飾郡関宿町(現:野田市)生まれ[2]1968年3月に中学校を卒業し、同年4月、航空自衛隊第4術科学校生徒隊に入った[3]

木村は戦闘機パイロットになりたいと希望していたが[3]、パイロット養成課程である航空自衛隊航空操縦学生の採用試験を受験するには高校卒業資格が必要であった。木村は、1970年[注釈 1]大学入学資格検定に合格して高校卒業資格を得て、航空操縦学生採用試験の受験資格を満たした[4][注釈 2]

しかし、航空自衛隊に入って3年が過ぎた1971年[注釈 3]交通事故に遭って目を患ったことで航空操縦学生採用試験を受験することを断念し、1974年[注釈 4]航空自衛隊を退職した[4]

航空自衛隊在職中に中央大学法学部通信教育課程に入学しており[5]、1979年に卒業[6]。航空自衛隊を退職した後は、司法試験合格を目指していた[5]

百科事典のセールスマンや、そろばん講師、焼き芋屋、日焼けサロン店店長、アサヒビールの売り子など職を転々とし、1974年に大洋漁業(現・マルハニチロ)の子会社である「新洋商事」に入社。当初は3か月のアルバイトで辞めるつもりであったが、魚の目玉目当てに司法試験を断念し入社した[7]。新洋商事で魚の仲買人となり、築地市場で多くの取引先を持つようになる。

1979年6月に新洋商事を退職し独立。喜代村の前身となる木村商店を創業した[8]。木村商店で弁当屋、カラオケ店、レンタルビデオ店などを経営し、1985年に喜代村を設立[8]。しかし、バブル崩壊に伴い全ての事業を清算。手元に残った300万円と、築地時代(新洋商事時代)のコネを活用し、寿司店「喜よ寿司」を開店。2001年4月に築地場外に日本初の年中無休・24時間営業の寿司店「すしざんまい本店」を開店した[8]

その他[編集]

  • 「すしざんまいの木村社長」と紹介されることが多いが、「すしざんまい」は喜代村が運営する寿司店の屋号であり、役職名としては「喜代村の木村社長」が正しい。
  • 築地市場の初競り日(1月4日または5日)に最高級マグロを競り落とすことが恒例となっている。競り落としたマグロは「すしざんまい」全店で通常価格で提供される。市場が豊洲に移転して初めての初競りとなった2019年1月5日には、史上最高値となる1本3億3360万円で落札し、話題になった[9]
  • 2021年の初競りを持ち、「一番マグロ」の競りに参加しないことを表明した。なお、豊洲市場で二番目に高値で取引される「二番マグロ」の競りには参加しており、2022年の初競りでは大間産・173キロを1,038万円で落札している。[10]
  • マグロ解体のパフォーマンスとして自ら包丁を入れ解体ショーを行うが、寿司職人ではないため寿司は握れない。
  • メディアへの登場頻度が高く、自らが「すしざんまい」の広告塔になりテレビコマーシャル(CM)に出演している。
  • 幼いころから顔が良く、ピアノも弾けたというが、音痴のため歌は歌わせないほうがいい、という。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 木村は「〔自衛隊に入ってから〕二年半で大学入学資格検定(大検)を受けました。」と述べている[4]
  2. ^ 木村は「航空操縦学生採用試験を受験して合格した」とは述べていない[4]
  3. ^ 木村は、交通事故に遭った時期について「航空自衛隊に入って四年目、三等空曹の時のことです。」と述べている[4]
  4. ^ 木村は「失意の中で私は、一五歳から五年九カ月お世話になった自衛隊を退官することを決意しました。」と述べている[4]。事故に遭った1971年から3年後である。

出典[編集]

  1. ^ 2009年11月2日放送 カンブリア宮殿 村上龍X経済人 喜代村 社長 木村清”. テレビ東京. 2022年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月21日閲覧。
  2. ^ 木村 2016, pp. 52–54
  3. ^ a b 木村 2016, pp. 68–69
  4. ^ a b c d e f 木村 2016, pp. 72–74
  5. ^ a b 木村 2016, pp. 78–83
  6. ^ 『すしざんまい』ナイター 始球式に登場! (PDF) 」 『HAKUMON Chuo』2016 秋号、中央大学、2016年、 51頁、2019年1月6日閲覧。
  7. ^ 第7回 何でもやってみなければわからない。「もう駄目か」と諦めかけたときが夜明け前。”. あの社長が語る経営の極意. ブイネット・ジャパン. 2016年4月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月6日閲覧。
  8. ^ a b c 大手町ニュースカレッジ 講座のご案内”. 産経新聞社. 2013年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月6日閲覧。
  9. ^ 森健太郎 (2019年1月5日). “マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20190105/k00/00m/040/024000c 2019年1月6日閲覧。 
  10. ^ すしざんまい木村社長、一番マグロ初競り眺めポツリと「しのびないなぁ」二番マグロの競りを眺めた際には「しのびあるなぁ」、2022年1月5日、日刊スポーツ(電信版)

参考文献[編集]

  • 木村清 『マグロ大王 木村清』講談社、2016年。 

外部リンク[編集]