山口県立下関西高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口県立下関西高等学校
Shimonoseki-nishi HS.JPG
過去の名称 下関市立下関中学校
山口県立下関中学校
山口県立下関高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
校訓 天下第一関
設立年月日 1920年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
設置学科 【全日制課程】
普通科
理数科
(理数科は平成29年度より探究科に移行)【定時制課程】
普通科
学期 3学期制
高校コード 35146G
所在地 751-0826
山口県下関市後田町4-10-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

山口県立下関西高等学校(やまぐちけんりつ しものせきにしこうとうがっこう 英語: Shimonoseki-Nishi High School)は、山口県下関市に所在する公立高等学校。略称は、下関市内では「西高」(にしこう)、市外では「下西」(しもにし)。

概要[編集]

歴史
1920年大正9年)創立の旧制中学校「下関中学校」を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革により新制高等学校となった。2019年平成31年)に創立100周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 2学科
定時制課程(夜間) 1学科
  • 定時制課程の修業年限は4年であるが、山口県立山口高等学校の通信制課程を併修する(合わせて学ぶ)ことにより3年での卒業が可能である。
  • 山口県立山口高等学校 通信制課程の協力校となっており、月2回のスクーリングの会場となっている。
校地
校地は下関市内の高校が集中する東駅(駅名ではなく地名)にあり、「旭が陵」(あさひがおか)と呼ばれる高台に校舎が建つ。そのことにちなみ、文化祭は旭陵祭(きょくりょうさい)、同窓会組織は旭陵同窓会と称する。
校訓・校是
「天下第一関」を創立当初(旧制中学時代)より校是とする。この語は、万里の長城の最東端にある山海関に掲げてある扁額に由来。また、校訓は「自主・自律」。
校章
「高」を形どったシンプルなデザインである。また、「高」の字の下の口の部分のカーブが笑った顔を表している。
校歌
1962年(昭和37年)に制定。作詞は五味智英、作曲は平井康三郎による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「西高」が登場する。1番の歌詞は県外の山(福岡県北九州市門司区にある「風師山」(かざしやま))で始まるユニークなものとなっている。また3番の最後に校是の「天下第一関」が登場。
校則・校風
校則の内容は普通のもので、比較的自由な校風である。
通学(全日制課程)
自転車通学が認められているが、駐輪場のスペースの関係から学校より3km以遠に住む生徒に制限されている。
制服(全日制課程)
男子が校章入りの金ボタンが5個付いた黒色の詰襟学生服、女子が紺色のブレザー。夏服は校章入りのワイシャツ及びブラウス2003年(平成15年)より裾をズボンスカートに入れないタイプの夏服が制定された。 
進学(全日制課程)
国公立大学をはじめとする上級学校への進学を目指している。国公立では、地元である山口大学広島大学九州大学、私立では近畿地方に位置する関関同立へ進学する生徒が多い。また、東京大学京都大学を始めとする旧帝国大学には毎年15 - 20名、早稲田大学慶應義塾大学には毎年20 - 30名ほど合格している。
同窓会
校地にちなみ「旭陵(きょくりょう)同窓会」と称している。

沿革[編集]

  • 1920年(大正9年)
    • 3月7日 - 「下関市立下関中学校」の設置が認可される。
    • 4月15日 - 下関市王司町の文関尋常小学校跡地において開校。
      • 入学資格を尋常小学校を卒業した12歳以上の男子、修業年限を5年(現在の中1から高2に相当)とする。
  • 1923年(大正12年)
  • 1930年(昭和5年)
    • 3月18日 -下関市後田町字須朶ノ木に新校舎が完成。
    • 4月9日 - 新校舎に移転。
  • 1932年(昭和7年)7月6日 - 図書館が完成。
  • 1936年(昭和11年)4月20日 - 工業科教室が完成。
  • 1938年(昭和13年)
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令が施行される。
    • この時の入学生から修業年限が4年となる。
    • 「山口県立下関第二中学校」(夜間課程)を併設(定時制課程の始まり)
  • 1944年(昭和19年)- 軍需工場等への学徒動員が始まる。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月 - 4年生(1941年(昭和16年)入学生)と5年生(1940年(昭和15年)入学生)の合同卒業式を挙行。
    • 4月 - 学校での授業を停止。ただし学徒動員は継続。
    • 9月 - 終戦により、授業を再開。
  • 1946年(昭和21年)4月 - 修業年限が5年に戻る(4年で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革六・三制の実施)が行われる。
    • 旧制中学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(名称:山口県立下関中学校併設中学校、以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 旧制中学校3・4年修了者はそのまま在籍し、4・5年生となった(ただし4年で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により旧制中学校が廃止され、新制高等学校山口県立下関高等学校」(男子校)が発足。
    • 旧制中学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
    • 併設中学校を継承し(名称:山口県立下関高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
    • 通信教育部を開設。
    • 夜間課程の下関第二中学校は「山口県立下関第二高等学校」となる。
  • 1949年(昭和24年)4月21日 - 山口県立下関高等学校と山口県立下関第二高等学校の2校が統合され、「山口県立下関西高等学校」となる。
    • 通常制普通課程(全日制課程 普通科)、定時制普通課程(定時制課程 普通科)、通信教育部を設置。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 山口県立下関南高等学校を統合し「南校舎」とする。定時制(夜間部)、定時制黒井分校と定時制東部分校の2分校を設置。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 東部分校を山口県立下関東高等学校に移管。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 南校舎が分離し「山口県立下関南高等学校」として独立(再設置)。
  • 1955年(昭和30年)12月20日 - 校旗を制定。
  • 1959年(昭和34年)10月2日 - 創立40周年を記念して図書館が完成。
  • 1962年(昭和37年)
    • 4月1日 - 黒井分校の定時制課程の募集を停止し、全日制課程を設置。
    • 12月24日 - 校歌を制定。
  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 通信制課程を山口県立山口高等学校へ移管し、協力校となる。
  • 1965年(昭和40年)3月31日 - 黒井分校の定時制課程を廃止。
  • 1968年(昭和43年)
  • 1970年(昭和45年)
    • 3月30日 - 理科特別教室棟が完成。
    • 4月1日 - 全日制課程に理数科を設置。
    • 11月6日 - 創立50周年記念式典を挙行。
  • 1972年(昭和47年)11月1日 - 黒井分校を小串に移転し、「響分校」に改称。
  • 1974年(昭和49年)11月13日 - 第二運動場が完成。
  • 1976年(昭和51年)11月29日 - 響分校の特別教室棟が完成。
  • 1980年(昭和55年)4月1日 - 響分校が分離し、「山口県立響高等学校」として独立。
  • 1982年(昭和57年)7月6日 - 本館棟が完成。
  • 1983年(昭和58年)3月25日 - 特別教室棟が完成。
  • 1984年(昭和59年)3月27日 - 普通教室棟が完成。
  • 1986年(昭和61年)10月9日 - 部室が完成。
  • 1994年(平成6年)3月29日 - 武道場が完成。
  • 1995年(平成7年)4月25日 - 弓道場が完成。
  • 2006年(平成18年)7月14日 - 武道場の2階に新体育館が完成。
  • 2008年(平成20年)3月25日 - 屋内運動場兼講堂を解体撤去。
  • 2013年(平成25年)7月 - 福岡県立小倉高等学校福岡県立東筑高等学校と3校合同学習会を開始。

学校行事[編集]

全日制課程
3学期制
旭陵講演会
毎年6月の旭陵祭の前日に開催され、同校の著名な卒業生が招かれる。
旭陵祭(文化祭)
毎年6月に開催される。基本的にクラス単位で自由にイベントを行うが、3年は食品バザーである。
クラスマッチ
毎年7月に2日間、3月(1・2年のみ)に1日間行われる。学年の枠がなく、1年生と3年生が試合をすることもある。
体育大会
9月に行われる。出身中学校により、東部、西部、南部、北部に分かれて競う。応援合戦は有名。
校外研修(修学旅行)
2年の冬(年次によっては1年の冬)に行われるスキー旅行。以前は長野だったが、2004年からは北海道に行くことが通例となっている。また、探究科は海外と国内の選択で好きな方に行くことができる(スキー旅行には行かない)。
生徒大会(生徒総会)
毎年2月に開催。
定時制課程
  • 4月 - 新体力テスト、新入生を囲む会
  • 5月 - 新入生歓迎遠足
  • 6月 - 進路ガイダンスⅠ、定時制通信制全国大会山口県予選
  • 7月 - クラスマッチ(球技大会)
  • 8月 -
  • 9月 - 体育祭、生徒生活体験発表会
  • 10月 - 山口県定時制通信制体育大会
  • 11月 - 芸術鑑賞会、進路ガイダンスⅡ
  • 12月 - クラスマッチ(球技大会) 
  • 1月 - 成人激励式
  • 2月 - 予餞会、進路ガイダンスⅢ
  • 3月 - 卒業式

部活動[編集]

全日制課程
運動部
文化部
クラブ
同好会
定時制課程
  • バスケットボール部
  • 卓球部
  • バドミントン部

著名な出身者[編集]

(卒業年度順)

交通[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
最寄りの道路

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]