霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち』(きりのひ からふと・まおかゆうびんきょくにちった9にんのおとめたち)は、2008年8月25日の21:00-23:18に、日本テレビ系列(NNS)にて放送された単発スペシャルのテレビドラマである。視聴率は11.7%。

平成20年度(第63回)文化庁芸術祭(テレビ部門・ドラマの部)優秀賞受賞。

概要[編集]

  • ドラマは、晩年を迎えた生存者と、彼女の過去の回想を聞き取り記録する若い派遣社員との交流を軸足に描いている。史実を基にしたフィクションであり、実際の生存者から取材しているものの、主人公は架空の人物で、性的暴行など創作の部分も多い。
  • 樺太のシーンは稚内市でロケが行われた。

キャスト[編集]

真岡郵便電信局[編集]

樺太住民[編集]

現代[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]