高田明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかた あきら
髙田 明
生誕 1948年11月3日(65歳)
日本の旗 日本 長崎県平戸市
出身校 大阪経済大学経済学部
職業 実業家
配偶者 既婚
テンプレートを表示
本来の表記は「髙田明」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

髙田 明(たかた あきら、1948年11月3日 - )は、日本実業家株式会社ジャパネットたかた代表取締役社長

来歴[編集]

長崎県平戸市カメラ店の次男として生まれる(他の兄弟は兄、弟、妹)。長崎県立猶興館高等学校卒業後[1]大阪経済大学経済学部に進学する[2]。大学時代は英語の勉強に明け暮れる(このことが電子辞書を売るきっかけになったと本人は語っている)。

卒業後、京都府内の機械製作会社の株式会社阪村機械製作所に入社し[1]、東欧を中心に数年間海外赴任を経験する。翻訳会社を設立しようと退社したが挫折。1974年から実家のカメラ店の手伝いを経て、1986年1月、佐世保市三川内本町にカメラ店「株式会社たかた」(ジャパネットたかたの前身)を設立[2]

カメラフィルムの「即日現像・手渡し」を行うことを売りにカメラ販売の業績を伸ばし、ビデオカメラ時代到来とともにソニーの特約店になる。また、カラオケブームでパイオニアのカラオケセットを販売。たまたま知人に依頼されて出演した地元の長崎放送のラジオショッピングにて、数か月分の売り上げを一日で達成してしまったことに驚き、通信販売の分野への進出を決意。1990年3月に同局でラジオショッピング番組を始めると、1999年5月に社名の「たかた」を現在の「ジャパネットたかた」に改めた。

2013年8月の時点では、ジャパネットたかたの代表取締役社長。同社のテレビ・ラジオショッピング番組(ほとんどを佐世保市日宇町の本社屋内のスタジオで制作)で商品を紹介する機会が多いことから、肥筑方言訛りの甲高い語り口で知られている[1]

ちなみに、ジャパネットたかたでは、2010年12月期に過去最高の売上高(1,789億円)を記録[3]。しかし、売上の6割を占めてきたテレビ受像器の販売が不振に陥るなどの影響で、2011年度から2年連続で売上高が減少した[4]。この状況に危機感を抱いた高田は、2013年を「覚悟の年」と位置付けたうえで、2013年度中にジャパネットたかたが過去最高益を出せなければ同社の社長を辞任することをインタビューや出演番組などで公言している[5]

妻はジャパネットたかたの元・副社長で、子供は3人。長男の高田旭人(たかた あきと)は、東京大学を卒業後に同社へ入社すると、2012年から副社長と東京オフィスの代表を兼務している。2013年頃からは、明が出演する番組において、旭人が「次期社長」として紹介されることがある[6]

出演した番組[編集]

2003年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
  • 2月21日・28日、「仕事学のすすめ」(NHK Eテレ
  • 4月22日、「BSニュース 日経プラス10」(BSジャパン。番組コーナの「トーク+」にて、「最高収益か辞任か? たかた社長が決戦の年を語る」というテーマで出演。)
  • 6月25日。ガイアの夜明け(テレビ東京) 明本人にとどまらず、ジャパネットたかたの東京オフィスと長男の旭人も特集。「2013年度中に同社が過去最高益を達成しなければ社長を辞任する」と公言した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “【時代のリーダー】高田 明・ジャパネットたかた社長 思いを電波に乗せて売る”. 日経ビジネスオンライン. (2009年7月23日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20090721/200487/?P=1 2014年2月15日閲覧。 
  2. ^ a b “社長の風景 ジャパネットたかた 髙田明”. 現代ビジネス. (2012年5月2日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32416 2014年2月15日閲覧。 
  3. ^ “高田明―商売のネタが必ず見つかる法則はあるか「元気に働く」ための全課題26【13】”. プレジデントオンライン. (2011年10月11日). http://president.jp/articles/-/3728 2014年2月15日閲覧。 
  4. ^ “賢者の知恵 六本木オフィスを公開ジャパネットたかたの「野望」”. 現代ビジネス. (2012年9月8日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33464 2014年2月15日閲覧。 
  5. ^ “ジャパネット 高田明社長が語る、テレビの売上1/20に激減の中での不退転の決意”. ビジネス+IT. (2013年5月30日). http://www.sbbit.jp/article/cont1/26352 2014年2月15日閲覧。 
  6. ^ 「高田旭人副社長を3年後社長に ジャパネットたかた 」『日本経済新聞 電子版』 2013年12月14日

外部リンク[編集]