三菱重工業長崎造船所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三菱重工業 > 三菱重工業長崎造船所
長崎造船所本館(右上の白い建物)

三菱重工業長崎造船所(みつびしじゅうこうぎょう ながさきぞうせんじょ)は、長崎県長崎市と諫早市にある三菱重工業造船所工場。正式名称は三菱重工業株式会社長崎造船所。略称長船(ながせん)。長崎造船所のうち、小菅修船場跡、第三船渠、ジャイアント・カンチレバークレーン、旧木型場、占勝閣の5資産が世界遺産明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(全23資産)の構成資産となっている。

概要[編集]

長崎市中心部の明治日本の産業革命遺産配置図。長崎造船所関係の5資産が含まれる。

長崎県長崎市にある本工場(長崎造船所)、香焼工場、幸町工場と、諫早市の諫早工場からなる。 大型客船や大型タンカー、LPG船等の船舶のほか、発電プラント、環境保全設備、海水淡水化プラント等、多岐にわたる製品を製造している。 本工場(長崎造船所)は、1857年(安政4年)に日本初の艦船修理工場「長崎鎔鉄所」として誕生し、江戸幕府から明治政府に管理が移った後、1887年(明治20年)三菱に払い下げ、以後民営の造船所として多数の艦船を建造した[1]戦艦武蔵」を建造したことでも有名である。 戦後、三菱重工は3社に分割されるなど親会社は紆余曲折したが、本工場は賠償撤去指定工場を免れ存続する。 一時期は受注も途絶え小型の漁船を細々と建造する有様であったが、1950年(昭和25年)の朝鮮戦争前後よりその高い造船技術を評価され 、以後オイルショック頃まで大型タンカー受注が続いた[2]

現在は民間船舶の他海上自衛隊自衛艦も多数建造している。1950年代には後甲板の傾斜に特徴的な設計を持つ護衛艦を多く建造し、護衛艦における「オランダ坂」の名前の由来となった。

沿革[編集]

  • 1857年(安政4年) 江戸幕府直営「長崎鎔鉄所」の建設着手。
  • 1860年(万延元年) 「長崎製鉄所」と改称。
  • 1861年(文久元年) 完成。
  • 1868年(明治元年) 官営「長崎製鉄所」となる。
  • 1871年(明治4年) 工部省所管「長崎造船局」と改称。
  • 1879年(明治12年) 立神第一ドック完成
  • 1884年(明治17年) 三菱経営となる。「長崎造船所」と改称。(三菱重工業は、この年を創業年としている。)
  • 1887年(明治20年) 設備の払い下げを受ける。
  • 1893年(明治26年) 「三菱合資会社三菱造船所」と改称。
  • 1896年(明治29年) 第二ドック完成。
  • 1903年(明治36年) 第二、第三船台完成。
  • 1909年(明治42年) 150トンジャイアント・カンチレバークレーン(ハンマーヘッドクレーン)をイギリスより購入[3]。2015年現在も稼働中[4][5]
  • 1912年(大正元年) 第一船台にガントリークレーン完成。
  • 1915年(大正4年) 戦艦「霧島」竣工。(戦艦「榛名」と共に民間造船所初の戦艦建造)
  • 1917年(大正6年) 「三菱造船株式会社長崎造船所」と改称。
  • 1923年(大正12年) 電機工場が分離独立し、三菱電機長崎製作所となる。
  • 1934年(昭和9年) 「三菱重工業株式会社長崎造船所」と改称。
  • 1936年(昭和11年) 第二船台ガントリークレーン完成。(戦艦「武蔵」建造場所)
  • 1942年(昭和17年) 戦艦「武蔵」竣工。
  • 1945年(昭和20年) 長崎市への原子爆弾投下により工員や動員学徒に多数の死傷者を出す。
  • 1950年(昭和25年) 三菱重工は3社に分割「西日本重工業株式会社」長崎造船所となる。
  • 1952年(昭和27年) 社名変更「三菱造船株式会社」長崎造船所となる。
  • 1955年(昭和30年)大型タンカー「ビードル」進水の際に、制動装置のワイヤー切断により船が暴走し、700メートル先の対岸に乗り上げる事故が発生する[2]
  • 1964年(昭和39年) 三菱重工グループの三社合併「三菱重工業株式会社」長崎造船所となる。
  • 1965年(昭和40年)20万トンドック2基が完成する[2]
  • 1972年 (昭和47年) 三菱重工で最大規模となる香焼工場が完成する[2]
  • 1997年(平成9年) 資料館に展示されている工作機械「竪削盤」(1856年オランダ製)が国の重要文化財に指定される[6][7]
  • 2003年(平成15年) カンチレバークレーンが国の登録有形文化財に登録される[8]

ギャラリー[編集]

World Heritage Logo global.svgは世界遺産

主な製品[編集]

戦前・戦中に建造された船舶[編集]

民間向け[編集]

  • 夕顔丸 (1887年-1962年)、800トン
  • 筑後川丸 (1890年-不詳)、1,200トン
  • 須磨丸 (1895年-1926年)、1,592トン
  • 常陸丸・初代 (1898年-1904年)、6,172トン
  • 常陸丸・二代目 (1906年-1917年)、6,716トン
  • 対馬丸・鉄道連絡船 (1905年-1925年)
  • 丹後丸 (1905年-1944)、7,463トン
  • 小笠原丸 (1906年-1945年)、1,404トン
  • 天洋丸 (1908年-1933年)、13,454トン
  • 地洋丸 (1908年-1916年)、13,426トン
  • 紀洋丸 (1910年-1935年)、9,287トン
  • 春洋丸 (1911年-1937年)、13,377トン
  • さんとす丸 (1925年-1944年)、7,266トン
  • ぶゑのすあいれす丸 (1929年-1943年)、9,625トン
  • うらる丸 (1929年-1944年)、6,375トン
  • りおでじゃねろ丸 (1930年-1944年)、9,626トン
  • 浅間丸 (1929年-1944年)、16,947トン
  • 龍田丸 (1927年-1943年)、16,955トン
  • 名古屋丸 (1932年-1944年)、6,071トン
  • 金剛丸 (1936年-1953年)、7,082トン
  • 高砂丸 (1937年-1956年)、9,315トン[9]
  • 興安丸 (1937年-1970年)、7,079トン
  • ぶらじる丸 (1939年-1942年)、12,752トン
  • あるぜんちな丸(後の空母「海鷹」)
  • 新田丸(後の空母「冲鷹」)
  • 八幡丸(後の空母「雲鷹」)

海軍向け[編集]

戦後に建造された船舶[編集]

民間向け[編集]

自衛隊向け[編集]


住所[編集]

香焼工場
  • 本工場(長崎造船所)
    • 長崎市飽の浦町1-1(地図
  • 香焼工場
    • 長崎市香焼町180(地図
  • 幸町工場
    • 長崎市幸町6-12(地図
  • 諫早工場
    • 諫早市津久葉町6-53(地図

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長崎造船所の沿革”. 三菱重工業株式会社. 2015年11月27日閲覧。
  2. ^ a b c d 江越弘人 『トピックスで読む 長崎の歴史』 弦書房2007年3月、293頁。ISBN 978-4-902116-77-9
  3. ^ 再発見!近代化遺産 長崎市編・4/ジャイアント・ カンチレバークレーン”. 長崎新聞 (2014年1月18日). 2015年11月27日閲覧。
  4. ^ 100年ぶりに地上へ[リンク切れ]
  5. ^ 【日本の源流を訪ねて】ジャイアント・カンチレバークレーン(長崎市)”. 産経新聞 (2015年4月28日). 2015年11月27日閲覧。
  6. ^ 長崎造船所 史料館 代表的記念物”. 三菱重工業株式会社. 2015年11月27日閲覧。
  7. ^ 竪削盤〈/一八五六年、オランダ製〉”. 文化遺産オンライン. 2015年11月27日閲覧。
  8. ^ 長崎県の文化財 三菱重工業長崎造船所ハンマーヘッド型起重機”. 長崎県. 2015年11月27日閲覧。
  9. ^ 長澤文雄『なつかしい日本の汽船』、2016年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度44分31.9秒 東経129度51分30.7秒