ヴィヴィくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィヴィくん
Vivi-kun
2018年3月10日、トランスコスモススタジアム長崎にて
スタジアムグリーティング中のヴィヴィくん
(2018年3月10日、トランスコスモススタジアム長崎にて)
対象
分類 サッカークラブのマスコットキャラクター
モチーフ 九州シカオシドリ
デザイン 白桃あおい[1]
指定日 2010年5月22日[1]
指定者 V・ファーレン長崎
性別 男の子
身長 ???cm
体重 ??kg
関連グッズ タオルマフラーなど
備考 5月5日生まれ
公式サイト https://www.v-varen.com/mascot/
テンプレートを表示

ヴィヴィくんは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するV・ファーレン長崎マスコットキャラクター

概要[編集]

2010年5月22日にクラブから発表され、JFL前期第12節のホームゲーム・対ツエーゲン金沢戦(長崎県立総合運動公園陸上競技場)にて初披露された。304点の公募作品の中から選ばれた兵庫県宝塚市在住のイラストレーター・白桃あおいの作品[1] で、長崎県の県獣に指定されている九州シカ(ニホンジカのうち九州に生息するもの)、県鳥のオシドリ、クラブ名の頭文字である「V」を組み合わせたイメージの少年をデザインしたものとなっている[1]

クラブがJ2に昇格した2013年から選手と同じデザインの1stユニフォームをメインに着用しているが、ヴィヴィくんのみ「マスコットユニフォームサプライヤー」としてダスキンがスポンサードしている[2]。また、2015年からはトランスコスモスがヴィヴィくんの「ユニフォームスポンサー」に就任している[3]

また2ndユニフォームも所持しており、主に九州の他Jリーグクラブとの対戦「バトル・オブ・九州」の際にその姿を見ることが出来る[4]。同じく九州のマスコットが一堂に会するイベント「九州だJ!」に参加する場合は1stユニフォームを着用している。

冬のリーグ休止期間中は新しいユニフォーム発表までの間JFL時代に着用していた青地にオレンジのアクセントの衣装を着用する。そのため後述する「Jリーグマスコット総選挙」参加時はこの衣装を着用している[5](2014年時現在)

いずれの場合も名札を衣装につけており、アクセントとなっている。

誕生日は5月5日(生年不詳)[6]。好きな食べ物はちゃんぽん福砂屋カステラ角煮まん。好きな長崎弁は「よかよか」とのこと[6]

2012年当時のプロフィール[7] では、以下の設定が与えられていた。

また、常に「礼儀」を心がけているといい[7]、挨拶にお辞儀を返す[8]Jリーグキックオフカンファレンス仙台のマスコット・ベガッ太に初めて会うときに手土産を持参する[9]、すべてのJリーグクラブのマスコットキャラクターに直筆の年賀状を送る[10] などの行動が見られる。こういった仕草や行動に対して「あざとい」と言われることも少なくない[11]

2013年10月15日AKB48YouTube公式アカウントにて公開された『恋するフォーチュンクッキージャパネットたかたSTAFFバージョンにも出演している[12]

2014年4月1日から2016年3月にかけて、長崎国際テレビにて冠番組『ヴィヴィくんのV・ファーレンのススメ!』(火曜AM11:25 - 11:30、2015年10月より火曜深夜24:55 - 25:00)が放送されていた[13]。また同時に、同局の『VVV V・ファーレン!』にも出演している。

2019年4月4日から、クラブの公式YouTubeチャンネルにて『ぶいえすヴィヴィくん』の配信を開始している[14]。Jリーグ副理事長の原博実が進行役を務めるJリーグ公式YouTubeチャンネル番組『JリーグTV』でも2019年6月5日配信分で紹介された[15]

Jリーグマスコット総選挙[編集]

Jリーグ公認ファンサイトのJ's GOALFUJI XEROX SUPER CUPにあわせて行っている企画『センターポジション争奪! Jリーグマスコット総選挙』では、2013年はJリーグ参戦前(2013年にJ2昇格)にもかかわらず11位にランクイン[16]、2014年は20,004票を集めて1位となり、センターポジションを獲得した[17][18]

今までの「Jリーグマスコット総選挙」の結果
開催年 出馬した

マスコット数

ヴィヴィくん

の順位

グランプリ(所属クラブ)
2013年 37体 11位 ベガッ太(ベガルタ仙台)
2014年 37体 1位 ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)
2015年 40体 4位 サンチェ(サンフレッチェ広島)
2016年 39体 6位 ベガッ太(ベガルタ仙台)・2回目
2017年 49体 16位 サンチェ(サンフレッチェ広島)・2回目
2018年 51体 14位 グランパスくん(名古屋グランパス)
2019年 53体 2位(得票数:142,328票) グランパスくん(名古屋グランパス)・2回目(得票数:184,007票)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “クラブマスコット「ヴィヴィくん」お披露目 県獣などイメージ”. 長崎新聞. (2010年5月23日). http://www.nagasaki-np.co.jp/sports/soccer/2010/kiji/081.html 2014年4月27日閲覧。 
  2. ^ スポンサー一覧”. V・ファーレン長崎公式サイト. 2015年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月7日閲覧。
  3. ^ “トランスコスモス、Jリーグ「V・ファーレン長崎」のスポンサーを開始” (プレスリリース), トランスコスモス, (2015年4月30日), https://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/150430.html 2019年7月7日閲覧。 
  4. ^ ヴィヴィくんのにっき 166.「夏の思い出作りはスタジアムで☆」”. V・ファーレン長崎. 2014年9月22日閲覧。
  5. ^ フォトニュース[ FUJI XEROX SUPER CUP:広島 vs 横浜FM ]”. J's GOAL (2014年2月22日). 2014年9月22日閲覧。
  6. ^ a b ヴィヴィくん”. 選手/スタッフプロフィール. V・ファーレン長崎. 2017年4月27日閲覧。
  7. ^ a b ヴィヴィくん”. 選手/スタッフプロフィール. V・ファーレン長崎. 2012年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月27日閲覧。
  8. ^ J2:第42節 長崎 vs 徳島”. J's GOAL (2013年11月24日). 2014年4月27日閲覧。
  9. ^ 2013Jリーグキックオフカンファレンス”. J's GOAL (2013年2月22日). 2014年4月27日閲覧。
  10. ^ ヴィヴィくんのにっき 130.「2013年」”. V・ファーレン長崎 (2013年12月27日). 2014年4月27日閲覧。
  11. ^ FUJI XEROX SUPER CUP:広島 vs 横浜FM”. J's GOAL (2014年2月22日). 2014年4月27日閲覧。
  12. ^ 恋するフォーチュンクッキー ジャパネットたかた STAFF Ver. / AKB48[公式] - YouTube
  13. ^ ヴィヴィくんのにっき 145.「ス・ス・メ!」”. V・ファーレン長崎 (2014年3月28日). 2015年7月24日閲覧。
  14. ^ V・ファーレン長崎 (2019-04-04), ぶいえすヴィヴィくん 第1回(徳重健太), https://www.youtube.com/watch?v=QU0_qoszzL0&t=97s 2019年6月14日閲覧。 
  15. ^ 「あざとかわいい」V・ファーレン長崎のマスコット、ヴィヴィくんが登場!明治安田J2第16節編【JリーグTV #14】”. J.LEAGUE.jp (2019年6月5日). 2019年7月7日閲覧。
  16. ^ “【FUJI XEROX SUPER CUP 2013】センターポジション争奪! Jリーグマスコット総選挙 結果発表!” (プレスリリース), J's GOAL, (2013年2月16日), http://www.jsgoal.jp/fujixerox2013/news/article/00150459.html 2014年4月27日閲覧。 
  17. ^ “【FUJI XEROX SUPER CUP 2014】Jリーグマスコット総選挙 結果発表!” (プレスリリース), J's GOAL, (2014年2月22日), http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00168340.html 2014年4月27日閲覧。 
  18. ^ “ヴィヴィくんがセンターに! Jリーグマスコット総選挙で1位”. スポーツニッポン. (2014年2月22日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/22/kiji/K20140222007642890.html 2014年4月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]