強小戦士 ガイナマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2013年鳥取しゃんしゃん祭にて、先頭で踊るガイナマン

強小戦士 ガイナマン(きょうしょうせんし ガイナマン)は、Jリーグクラブ、ガイナーレ鳥取のマスコットキャラクターである。

誕生まで[編集]

2012年2月17日に、ガイナックス赤井孝美鳥取県米子市出身)によるデザインのマスコットキャラクターが発表された[1][2]。マスコットの名前候補を募集し、サポーター投票を経て同年5月2日、「強小戦士 ガイナマン」に決定したと発表[3]

概要[編集]

Jリーグマスコット界初となるヒーロー系キャラとして、デザイン発表時より大きな注目を集めた。

ホームゲームでは試合前より必ず登場しており、ハーフタイムにはアクロバティックなパフォーマンスと共に“ガイナバスター”と呼ばれる空気銃でプレゼント球がスタンドへ放たれ、試合終了後にもサポーターのお見送りを行なっている。

アウェイ戦にも登場することが多く、さすがに気を遣ってかガイナバスターの使用こそないものの(但し過去数回使用例がある)ホームと同じく試合前より対戦相手のマスコットやサポーターとかなり活動的な交流を行なっている。

熊本県のマスコットくまモンと縁があるようで、2013年3月にはロアッソ熊本のアウェイ戦(うまスタ)で、同年8月にはホーム戦で、ガイナマンはサポーターの前で「くまモン体操」をダンスした(なおその際の勝敗は1勝1分)。

また鳥取県のマスコットキャラクター「トリピー」がユニフォーム風のコスチュームを着用した「ガイナーレトリピー(背番号12)」として登場することも多く、ガイナマンとふたり仲良く歩いている光景を目にすることがある。

2013年3月、鳥取市観光大使に委嘱就任。

2013年8月21日キングレコードから発売されたAKB4832枚目のシングル『恋するフォーチュンクッキー鳥取県バージョンに出演し、AKB48のYouTube公式アカウントにて全世界に向けて配信している。

脚注[編集]

  1. ^ “待望のクラブマスコット誕生!マスコットネーム公募開始!” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2012年2月17日), http://www.gainare.co.jp/mascot/index/ 2013年11月14日閲覧。 
  2. ^ その関係か、公式ウェブサイトのバナーが同社制作のテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を彷彿とさせるものになっている。
  3. ^ “マスコットネーム「強小戦士 ガイナマン」に決定!” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2012年5月2日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/16920/ 2013年11月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]