サンチェ (サンフレッチェ広島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンチェ Football pictogram.svg
名前
愛称 サンチェ君
ラテン文字 SANCCE
基本情報
国籍 日本
生年月日 3月20日(19歳)
出身地 広島県安芸高田市中国山地地内
選手情報
在籍チーム サンフレッチェ広島
ポジション マスコット
背番号 320
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
フレッチェ Football pictogram.svg
名前
愛称 フレッチェちゃん
ラテン文字 frecce
基本情報
国籍 日本
生年月日 3月20日(17歳)
出身地 広島県安芸高田市中国山地地内
選手情報
在籍チーム サンフレッチェ広島
ポジション マスコット
背番号 903
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サンチェは、Jリーグサンフレッチェ広島マスコットである。以下、サンチェとともにその彼女であるフレッチェについても記載する。

概要[編集]

中国山地に生息するツキノワグマをモチーフ。1992年に「サンチェ君」が登場、2000年からはガールフレンドの「フレッチェちゃん」が登場している。ちなみに結婚はしていない。2013年頃からフレッチェが野津田岳人に関心を寄せるようになったため関係は「ただの友達」に格下げとなった。

サンチェは、名前は英語のサンキュー、イタリア語のグラッチェから一部を取り、サンフレッチェというチーム名を短縮。初代サンチェは石津孝がデザインしたもので[1]、初代総監督・今西和男をモデルにしていた[2]。一方で当時の着ぐるみは一般的に知られている初代サンチェとは全く異なっており、その姿を“強面”と評するものもいる[3]

フレッチェは、名前は新鮮さや若々しさ、みずみずしさ、清純さを意味する英語フレッシュから。公募で決定。

双方ともに数年ごとにマイナーチェンジしている[3]。これはボディサイズの変化(人間でいうと大人から子供へ)、ユニフォームの完全着用(モデルチェンジ前はシャツのみ)が主である。2014年2月には、サンチェ・フレッチェとも黒目が大きくなりキャッチライトが入るなど、着ぐるみのリニューアルが発表された[4]。当時のメディアではリニューアルやマイナーチェンジではなく“整形”と表現している[4][5]

テコ入れ[編集]

2013年J's GOALが実施した「マスコット総選挙」でサンチェが37体中32位と順位が低迷するなど、サポーターからの人気はあまり高くなかったため、クラブ主導でテコ入れを行った[6]。2013年9月にはチーム側が第3のキャラクターとして「こやのん」を投入し[6]、サンチェを“四流”“大根役者”“ゆとりグマ”と呼ぶなど格下に扱い[7][8]、いわゆる「いじられキャラ」としてキャラ立ちを目指した。

2014年2月、整形(デザイン変更)もありFUJI XEROX SUPER CUP2014で、同大会に集まる全37体のマスコットで実施された「センターポジション争奪!Jリーグマスコット総選挙」では2位を獲得し[9]、同年12月30日発表の「第3回輝く!Jリーグマスコット大賞」にてマスコット大賞に選出された[10]

翌2015年のFUJI XEROX SUPER CUP2015で行われたJリーグマスコット選挙では、次は1位をと“うちわ”を作成し配布したり[11]、選挙管理委員会にワインを贈与[12]したりしている。このきわどいネタの甲斐あってか、見事に優勝した。2016年は3位だったものの、2017年は2年振りの優勝を果たした[13]

サンチェたいそう[編集]

サンフレッチェ広島25周年記念事業として、2017年に制作された[14]堂島孝平が楽曲制作を担当し(作詞はサンチェと堂島の共同作詞名義)、石野理子(アイドルネッサンス)が歌唱を担当する[15]。2017年2月25日にエディオンスタジアム広島で行われるJ1開幕節・vs新潟戦で披露される予定。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Works / Character / J League”. SPACE RUNNER Inc.. 2015年1月20日閲覧。
  2. ^ 東京スポーツ』2008年2月6日 <日本代表を作った男たち>
  3. ^ a b サンチェくんの昔と今、サンフレッチェ広島のマスコット 昔は怖かった?!”. 食べタインジャー (2013年10月7日). 2013年5月30日閲覧。
  4. ^ a b 広島:新しく生まれ変わったサンチェとフレッチェ”. J's GOAL (2014年2月9日). 2015年1月20日閲覧。
  5. ^ サンチェの整形が止まらない・・・!今回は好評?サンフレッチェ広島マスコット”. 食べタインジャー (2014年2月14日). 2015年1月20日閲覧。
  6. ^ a b 【広島:こやのん誕生会見】小谷野薫社長、サンチェ・フレッチェら登場!”. J's GOAL (2013年9月20日). 2015年1月20日閲覧。
  7. ^ サポーターズカンファレンス議事録”. サンフレッチェ広島 (2015年1月). 2015年1月20日閲覧。
  8. ^ sanfrecce_SFCのツイート (534654809370935296) - サンフレッチェ広島公式Twitter
  9. ^ 【FUJI XEROX SUPER CUP 2014】Jリーグマスコット総選挙 結果発表!”. J's GOAL (2014年2月22日). 2015年1月20日閲覧。
  10. ^ 【第3回 輝く!Jリーグマスコット大賞】各賞の受賞者を発表!”. J's GOAL (2014年12月30日). 2015年1月20日閲覧。
  11. ^ サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) 2015年2月3日 0:42 (UTC) のツイート
  12. ^ サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) 2015年2月3日 21:06 (UTC) のツイート
  13. ^ “マスコット総選挙、サンチェが王座奪還…昨年1位のベガッ太は2位”. サッカーキング (フロムワン). (2017年2月18日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170218/553288.html 2017年2月25日閲覧。 
  14. ^ “サンフレッチェ広島25周年記念事業“サンチェたいそう” 2月25日(土)試合会場にて初披露のお知らせ” (プレスリリース), (2017年2月18日), http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=10382 2017年2月25日閲覧。 
  15. ^ “堂島孝平書き下ろし「サンチェたいそう」をアイルネ石野が歌う”. 音楽ナタリー. (2017年2月18日). http://natalie.mu/music/news/221314 2017年2月25日閲覧。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

サンチェ (@sancce_jr) - Twitter