FUJI XEROX SUPER CUP2014

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
FUJI XEROX SUPER CUP 2014
開催日 2014年2月22日
会場 国立競技場(新宿)
主審 日本の旗 佐藤隆治
観客数 41,273 人
天気

FUJI XEROX SUPER CUP2014(フジ ゼロックス スーパーカップ2014)は、2014年2月22日国立霞ヶ丘陸上競技場東京都新宿区)で行われたFUJI XEROX SUPER CUPの2014年大会である。

参加クラブ[編集]

試合結果[編集]

それまでリーグ戦で3連敗と横浜FMに対して分の悪い広島だったが[1]、MF野津田岳人・FW浅野拓磨という19歳コンビのゴールで横浜FMを下し、広島が2年連続3回目の優勝を果たした。

サンフレッチェ広島
GK 01 日本の旗 林卓人
DF 33 日本の旗 塩谷司 87分に警告 87分
DF 05 日本の旗 千葉和彦
DF 04 日本の旗 水本裕貴
MF 14 クロアチアの旗 ミキッチ 65分に交代退場 65分
MF 06 日本の旗 青山敏弘
MF 30 日本の旗 柴﨑晃誠
MF 27 日本の旗 清水航平 29分に交代退場 29分
MF 09 日本の旗 石原直樹 89分に警告 89分
MF 24 日本の旗 野津田岳人
FW 11 日本の旗 佐藤寿人 59分に交代退場 59分
控え:
GK 13 日本の旗 増田卓也
DF 02 大韓民国の旗 ファン・ソッコ 65分に交代出場 65分
MF 25 日本の旗 茶島雄介
MF 17 大韓民国の旗 パク・ヒョンジン
MF 16 日本の旗 山岸智 29分に交代出場 29分
MF 10 日本の旗 髙萩洋次郎
FW 29 日本の旗 浅野拓磨 59分に交代出場 59分
   
監督
日本の旗 森保一
横浜F・マリノス
GK 01 日本の旗 榎本哲也
DF 13 日本の旗 小林祐三 90+1分に警告 90+1分
DF 04 日本の旗 栗原勇蔵 90+3分に警告 90+3分
DF 22 日本の旗 中澤佑二
DF 05 ブラジルの旗 ドゥトラ 8分に警告 8分 60分に交代退場 60分
MF 08 日本の旗 中町公祐 69分に交代退場 69分
MF 27 日本の旗 富澤清太郎 25分に警告 25分
MF 25 日本の旗 藤本淳吾
MF 10 日本の旗 中村俊輔
MF 11 日本の旗 齋藤学
FW 17 日本の旗 端戸仁 60分に交代退場 60分
控え:
GK 30 日本の旗 六反勇治
DF 24 日本の旗 奈良輪雄太
DF 23 日本の旗 下平匠 60分に交代出場 60分
MF 06 日本の旗 小椋祥平
MF 14 日本の旗 熊谷アンドリュー
MF 07 日本の旗 兵藤慎剛 69分に交代出場 69分
FW 09 日本の旗 矢島卓郎 60分に交代出場 60分
   
監督
日本の旗 樋口靖洋

エピソード[編集]

  • この試合の直前の2月10日、永年広島を支え続けたクラブスタッフが急逝。広島の選手は喪章をつけて臨み、広島が1点目を挙げたときのゴールパフォーマンスは全員で右腕の喪章を天にかざすというものだった[2]
  • 浅野はこの試合のゴールがプロ入り後Jリーグカップ・天皇杯を含めた公式戦初のゴールであった。
  • 国立霞ヶ丘陸上競技場が2014年5月に閉鎖されたため、今大会が国立競技場で行われた最後のスーパーカップとなった。

脚注[編集]

注記[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]