第22回全日本大学女子サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
2013年度 第22回全日本大学女子サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2013年12月25日 - 2014年1月19日
参加チーム数 24
優勝 吉備国際大学(初)
準優勝 筑波大学(初)
試合総数 23
ゴール数 81 (1試合平均 3.52 点)
観客動員数 7,964 (1試合平均 346 人)
得点王 東あさひ相沢優里(5得点)
テンプレートを表示

第22回全日本大学女子サッカー選手権大会は、2013年12月25日から2014年1月19日にかけて兵庫県東京都で開催された、全日本大学女子サッカー選手権大会である。別称は、インターカレッジ女子サッカー(略称・通称:インカレ女子サッカー)。

概要[編集]

大会運営団体[編集]

競技方法・規定[編集]

基本的に大会実施年度のJFA競技規則によるが、いくつかの大会独自の規定がある。参加チームによるノックアウト方式で、3位決定戦は行われない。

1回戦 - 準々決勝
  • 80分(40分ハーフ、原則として10分インターバル)
  • 交代は、登録した最大7名の交代要員の中から5名まで。
    • 時間内で勝敗が決しない場合、原則1分のインターバルののちPK戦行う。
準決勝以降
  • 90分(45分ハーフ、原則として15分インターバル)
  • 交代は、登録した最大7名の交代要員の中から3名まで。
    • 時間内で勝敗が決しない場合は延長戦20分(10分ハーフ)を行う。延長戦でも勝敗が決しない場合はPK戦を行う。
決勝
  • 延長戦でも勝敗が決しない場合は、両校優勝となる。

日程[編集]

会場[編集]

出場校[編集]

  • 前回大会優勝の日本体育大学の所属地域が関東のため、関東地域の枠が1チーム増えている。
  • 大会要項により、同都道府県内の2大学による合同チームでの参加ができる。
予選
  • 北海道では参加が1チームのため無開催で決定[1]
  • 関東では1部リーグ戦[2]、関西では秋季リーグ戦[3]が予選を兼ねた。
  • その他の地域では、参加チームによるリーグ戦[4][5][6][7][8][9]が行われた。
地域 出場枠/参加数 出場チーム 所在 所属リーグ
北海道 1/1 札幌大学 北海道 北海道女子サッカーリーグ[10]
東北 2/4 1仙台大学 宮城県 -
2山形大学
東北公益文科大学
山形県
関東 6+1/10 1早稲田大学 東京都 関東女子サッカーリーグ[11]
2日本体育大学 神奈川県 チャレンジリーグ[12]
3関東学園大学 群馬県 関東女子サッカーリーグ[13]
4武蔵丘短期大学 埼玉県 関東女子サッカーリーグ[14]
5尚美学園大学 関東女子サッカーリーグ[15]
6筑波大学 茨城県 関東女子サッカーリーグ[16]
7東京国際大学 埼玉県 埼玉県女子サッカーリーグ[17]
北信越 2/4 1新潟医療福祉大学 新潟県 北信越女子サッカーリーグ
2北陸大学 石川県
東海 2/6 1静岡産業大学 静岡県 チャレンジリーグ[18]
2至学館大学 愛知県 愛知県女子サッカーリーグ
関西 4/8 1武庫川女子大学 兵庫県 関西学生女子サッカーリーグ
2大阪体育大学 大阪府
3姫路獨協大学 兵庫県
4姫路日ノ本短期大学
中国 2/5 1吉備国際大学 岡山県 なでしこリーグ[19]
2徳山大学 山口県 中国女子サッカーリーグ
四国 2/3 1環太平洋大学短期大学部 愛媛県 チャレンジリーグ[20]
2愛媛大学 愛媛県女子サッカーリーグ
九州 2/3 1福岡大学 福岡県 九州女子サッカーリーグ
2九州共立大学 福岡県女子サッカーリーグ

トーナメント[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

地域実力差を考慮して、シード校が決められている。

1回戦
2013年12月25日
2回戦
12月27日
準々決勝
12月29日
準決勝
2014年1月17日
 
M9
 
 早稲田大学 3
M1
 姫路獨協大学 4
 姫路獨協大学 4
M17
 仙台大学 0
 姫路獨協大学 1
M2
 東京国際大学 3
 東京国際大学 7
M10
 九州共立大学 0
 東京国際大学 2
 静岡産業大学 0
 
M21
 
 東京国際大学 1
 筑波大学 2
 
M11
 
 武庫川女子大学 2
M3
 新潟医療福祉大学 3
 徳山大学 0 (4)
M18
 新潟医療福祉大学 (PK) 0 (5)
 新潟医療福祉大学 0 (5)
M4
 筑波大学 (PK) 0 (6)
 筑波大学 3
M12
 環太平洋大学短期大学部 0
 筑波大学 (PK) 1 (3)
 
 関東学園大学 1 (2)
      
      
1回戦
(2013年12月25日)
2回戦
(12月27日)
準々決勝
(12月29日)
準決勝
(2014年1月17日)
 
M13
 
 吉備国際大学 4
M5
 姫路日ノ本短期大学 0
 山形大学
東北公益文科大学
0
M19
 姫路日ノ本短期大学 10
 吉備国際大学 1
M6
 尚美学園大学 0
 愛媛大学 0
M14
 尚美学園大学 3
 尚美学園大学 1
 武蔵丘短期大学 0
 
M22
 
 吉備国際大学 2
 大阪体育大学 0
 
M15
 
 大阪体育大学 5
M7
 北陸大学 0
 北陸大学 2
M20
 札幌大学 0
 大阪体育大学 (PK) 1 (4)
M8
 日本体育大学 1 (3)
 福岡大学 3
M16
 至学館大学 0
 福岡大学 0
 
 日本体育大学 7
      
      

決勝[編集]

決勝戦(2014年1月19日
   
M23
 筑波大学 1
 吉備国際大学 (延長) 2

#23
2014年1月19日
13:09
(13:00予定)
筑波大学 1 - 2
延長
吉備国際大学
伊藤栞 77分にゴール 77分 JFA公式サイト (PDF) 鎌田蘭 34分にゴール 34分
高野紗希 100+1分にゴール 100+1分
味の素フィールド西が丘
観客数: 3007人
主審: 坊薗真琴

結果・表彰[編集]

  • フェアプレー賞は、ベスト4進出チームの中から選ばれる。
  • 凛華賞は、大会アンバサダーの川澄奈穂美が決勝戦進出チームからそれぞれ選出。
チーム名 備考
優勝 吉備国際大学 初(関東・関西地域以外で初)
凛華賞:高野紗希
準優勝 筑波大学
凛華賞:瀬戸口梢
3位 東京国際大学
フェアプレー賞
大阪体育大学 2大会ぶり13回目

得点ランキング[編集]

得点数 選手名 チーム名 備考
5 東あさひ(3年) 東京国際大学 -
相沢優里(2年)
4 魚住有沙(2年) 姫路日ノ本短期大学 ASハリマ アルビオン所属
小栗麻緒(4年) 日本体育大学 -
3 杉田亜未(4年) 吉備国際大学 FC吉備国際大学Charme所属

テレビ放送[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 女子/レディース&ガールズ - 北海道サッカー協会
  2. ^ 関東大学女子サッカー連盟
  3. ^ 熱いで!関西女子サッカー - 関西学生女子サッカー連盟オフィシャルブログ
  4. ^ 女子 - 東北サッカー協会
  5. ^ 北信越サッカー協会
  6. ^ 愛知県サッカー協会女子委員会
  7. ^ 女子 - 岡山県サッカー協会
  8. ^ 愛媛サッカー協会
  9. ^ 女子 - 九州サッカー協会
  10. ^ 札幌大学ヴィスタとして交流戦に参加。
  11. ^ 早稲田大学ア式蹴球部女子として。
  12. ^ 日本体育大学女子サッカー部として。
  13. ^ 関東学園大学女子サッカー部として。
  14. ^ 武蔵丘短期大学女子サッカー部CIENCIAとして。
  15. ^ 尚美学園大学女子サッカー部として。
  16. ^ 筑波大学女子サッカー部として。
  17. ^ 東京国際大学女子サッカー部として。
  18. ^ 静岡産業大学磐田ボニータとして。
  19. ^ FC吉備国際大学Charmeとして。
  20. ^ 愛媛FCレディースとして。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]