AFC U-16選手権2014

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFC U-16選手権2014
大会概要
開催国 タイ王国の旗 タイ
日程 2014年9月6日 - 9月20日
チーム数 16 (1連盟)
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝  北朝鮮 (2回目)
準優勝  韓国
3位  オーストラリア
 シリア
大会統計
試合数 31試合
ゴール数 94点
(1試合平均 3.03点)
総入場者数 9,954人
(1試合平均 321人)
得点王 李承佑(5点)
最優秀選手 李承佑[1]
 < 20122016

AFC U-16選手権2014: 2014 AFC U-16 Championship)は、第16回目のAFC U-16選手権である。タイで2014年9月6日から20日まで開催され[2]、北朝鮮が2大会ぶり2回目の優勝を果たした。また今大会の上位4カ国は2015 FIFA U-17ワールドカップの出場権を得ることになっており、この結果、韓国、シリア、オーストラリア、北朝鮮がU-17ワールドカップの出場権を獲得した。

予選[ソースを編集]

本選出場国[ソースを編集]

本大会[ソースを編集]

グループリーグ[ソースを編集]

グループリーグの組み合わせは以下の通りとなった[3]

日時すべて現地時間。

グループA[ソースを編集]

チーム







 韓国 3 3 0 0 6 1 +5 9
 マレーシア 3 2 0 1 3 2 +1 6
 タイ 3 1 0 2 1 3 −2 3
 オマーン 3 0 0 3 2 6 −4 0

9月6日
16:00
 韓国 3 - 1 オマーンの旗 オマーン
キム・チュンミン 22分にゴール 22分
ユ・スンミン 86分にゴール 86分
ユー・チュアン 90分にゴール 90分
公式記録 アハマディ 31分にゴール 31分


9月8日
16:00
マレーシア マレーシアの旗 0 - 1  韓国
公式記録 李承佑 15分にゴール 15分
ムアントン・スタジアムバンコク
観客数: 100
主審: クウェートの旗 アリ・シャバン


9月10日
20:00
タイ  0 - 2  韓国
公式記録 李承佑 45+1分にゴール 45+1分
ファン・テヒョン 62分にゴール 62分
ムアントン・スタジアムバンコク
観客数: 800
主審: アラブ首長国連邦の旗 アンマル・アルジネイビ

9月10日
20:00
オマーン オマーンの旗 1 - 2 マレーシアの旗 マレーシア
ウバイダニ 68分にゴール 68分 公式記録 ナジュムッディーン 64分にゴール 64分77分
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 101
主審: キルギスの旗 ドミトリー・マシェンツェフ

グループB[ソースを編集]

チーム







 オーストラリア 3 3 0 0 9 2 +7 9
 日本 3 2 0 1 7 4 +3 6
 中国 3 1 0 2 2 6 −4 3
 香港 3 0 0 3 0 6 −6 0

9月6日
19:00
オーストラリア  3 - 0 中華人民共和国の旗 中国
ジャクソン・バンディエラ16分にゴール 16分
キャメロン・ライリー・ジョイス 60分にゴール 60分
コスタ・ペトラトス72分にゴール 72分
公式記録
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 130
主審: イラクの旗 モハナド・カシム・エーセー・サライ

9月8日
16:00
香港 香港の旗 0 - 2  オーストラリア
公式記録 チャーリー・ロバート・デヴリュー28分にゴール 28分
ジャマル・ダメイン・ライネルス 86分にゴール 86分
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 102
主審: アラブ首長国連邦の旗 アンマル・アルジネイビ

9月8日
19:00
中国 中華人民共和国の旗 0 - 3  日本
公式記録 菅大輝 48分にゴール 48分 (pen.)
斧澤隼輝 54分にゴール 54分
永澤竜亮 56分にゴール 56分
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 200
主審: カタールの旗 ファハド・ジャバー・アル・マリ

9月10日
16:00
日本  2 - 4  オーストラリア
佐々木匠 27分にゴール 27分
安井拓也 69分にゴール 69分
公式記録 ジェイク・ウィリアム・ブリマー 15分にゴール 15分59分
キャメロン・ライリー・ジョイス25分にゴール 25分81分

9月10日
16:00
中国 中華人民共和国の旗 2 - 0 香港の旗 香港
何欣 25分にゴール 25分 (pen.)
段劉豫 66分にゴール 66分
公式記録
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 50
主審: クウェートの旗 アリ・シャバン

グループC[ソースを編集]

チーム







 ウズベキスタン 3 2 1 0 8 5 +3 7
 北朝鮮 3 1 1 1 9 4 +5 4
 ネパール 3 1 1 1 4 6 −2 4
 クウェート 3 0 0 3 3 9 −6 0

9月7日
20:00
クウェート クウェートの旗 0 - 3 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
公式記録 ハン・グァンソン 5分にゴール 5分 (pen.)
チョン・チャンポム 73分にゴール 73分
チェ・ソンヒョク 83分にゴール 83分
ムアントン・スタジアムバンコク
観客数: 130
主審: マレーシアの旗 ナゴル・アミル・ヌール・モハメド

9月9日
16:00
ネパール ネパールの旗 2 - 1 クウェートの旗 クウェート
(アル・ハルディ) 2分にゴール 2分 (o.g.)
マガール 82分にゴール 82分 (pen.)
公式記録 サラム・アル=バラキ 75分にゴール 75分 (pen.)


9月11日
16:00
ウズベキスタン  4 - 2 クウェートの旗 クウェート
アブラモフ9分にゴール 9分
クチモフ 43分にゴール 43分 (pen.)
ヌルロエフ 68分にゴール 68分
ホリコフ 90+4分にゴール 90+4分
公式記録 アル・ハディーア 45分にゴール 45分
ハーリド・ムハンマド 45+2分にゴール 45+2分
ムアントン・スタジアムバンコク
観客数: 200
主審: イラクの旗 モハナド・カシム・エーセー・サライ

9月11日
16:00
朝鮮民主主義人民共和国 朝鮮民主主義人民共和国の旗 4 - 1 ネパールの旗 ネパール
チュ・ヒョンヒョク 4分にゴール 4分
チェ・ソンヒョク23分にゴール 23分45+1分
ハン・グァンソン27分にゴール 27分
公式記録 タマン26分にゴール 26分
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 152
主審: カタールの旗 ファハド・ジャバー・アル・マリ

グループD[ソースを編集]

チーム







 イラン 3 2 0 1 6 5 +1 6
 シリア 3 1 2 0 3 2 +1 5
 カタール 3 0 2 1 4 5 −1 2
 サウジアラビア 3 0 2 1 2 3 −1 2



9月9日
19:00
サウジアラビア サウジアラビアの旗 1 - 2 イランの旗 イラン
アブドラ 41分にゴール 41分 公式記録 シャムシ 64分にゴール 64分
カリミ 65分にゴール 65分
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 50
主審: マレーシアの旗 ナゴル・アミル・ヌール・モハメド


決勝トーナメント[ソースを編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
9月14日 - バンコク        
   韓国 2
9月17日 - バンコク
   日本 0  
  韓国 7
9月14日 - バンコク
   シリアの旗 シリア 1  
   ウズベキスタン 2
9月20日 - バンコク
  シリアの旗 シリア 5  
  韓国 1
9月14日 - バンコク
   朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 2
   オーストラリア 2
9月17日 - バンコク
  マレーシアの旗 マレーシア 1  
  オーストラリア 1(1)
9月14日 - バンコク
   朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国(PK) 1(4)  
  イランの旗 イラン 0(2)
  朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国(PK) 0(4)  

準々決勝[ソースを編集]

9月14日
15:30
 韓国  2 - 0  日本
李承佑42分にゴール 42分47分 公式記録

9月14日
15:30
 オーストラリア  2 - 1 マレーシアの旗 マレーシア
キャメロン・ライリー・ジョイス36分にゴール 36分
ダニエル・マックス・キン76分にゴール 76分
公式記録 コギレスワラン・モハナ 31分にゴール 31分


準決勝[ソースを編集]

9月17日
16:00
 韓国  7 - 1 シリアの旗 シリア
チャン・キョリー 6分にゴール 6分,49分にゴール 49分
李承佑 47分にゴール 47分
張在元 52分にゴール 52分
パク・サンヒョク 57分にゴール 57分
イ・サンホン 60分にゴール 60分
イ・サンミン 62分にゴール 62分
公式記録 アル・アジ 61分にゴール 61分
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 423
主審: マレーシアの旗 ナゴル・アミル・ヌール・モハメド

9月17日
20:00
 オーストラリア 1 - 1 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
ダニエル・アルザニ 84分にゴール 84分 公式記録 パク・ヨングァン 48分にゴール 48分
  PK戦  
キー・フランシス・ロウルズ 成功
ジェイク・ウィリアム・ブリマー ミス
ジャクソン・バンディエラ ミス
1 - 4 成功 リ・ククヒョン
成功 キム・ウィソン
成功 キム・イェボム
成功 チャン・ソンイル
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 150
主審: カタールの旗 ファハド・ジャバー・アル・マリ

決勝[ソースを編集]

9月20日
18:00
 韓国  1 - 2 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
チェ・ジェヨン 34分にゴール 34分 公式記録 ハン・グァンソン50分にゴール 50分
チェ・ソンヒョク67分にゴール 67分
ラジャマンガラ・スタジアムバンコク
観客数: 2000
主審: イラクの旗モハナド・カシム・エーセー・サライ

優勝国[ソースを編集]

 AFC U-16選手権2014優勝国 

北朝鮮
2大会ぶり2回目

表彰[ソースを編集]

大会最優秀選手 大会得点王 フェアプレー賞
大韓民国の旗 李承佑 大韓民国の旗 李承佑(5得点) 大韓民国の旗 韓国[1]

2015 FIFA U-17ワールドカップ出場国[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b Lee scoops MVP, top scorer awards - 2014年9月20日 アジアサッカー連盟
  2. ^ Myanmar, Thailand to host age-group competitions”. アジアサッカー連盟 (2013年4月25日). 2013年10月3日閲覧。
  3. ^ AFC U-16選手権組み合わせ - 2014年4月5日AFC公式HP(2014年6月7日閲覧)

外部リンク[ソースを編集]