2014 AFC女子アジアカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2014 AFC女子アジアカップ
大会概要
開催国  ベトナム
日程 2014年5月14日 - 5月25日
チーム数 (1連盟)
開催地数 (2都市)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  オーストラリア
3位  中国
4位  韓国
大会統計
試合数 17試合
ゴール数 67点
(1試合平均 3.94点)
総入場者数 45,250人
(1試合平均 2,662人)
得点王 大韓民国の旗 朴恩善
中華人民共和国の旗 楊麗(6点)
最優秀選手 日本の旗 宮間あや
 < 20102018

2014 AFC女子アジアカップ: AFC Women's Asian Cup 2014)は、2014年5月14日から5月25日にかけて、ベトナムホーチミンで開催された[1][注 1]第18回目のAFC女子アジアカップである。今大会より、AFC女子アジアカップは前回大会までの2年に1回の開催から4年に1回の開催に変更された[2]

今大会の上位5か国は、カナダで行われる2015 FIFA女子ワールドカップの出場権を得る[3]

予選大会[編集]

20チームが参加し、うち前回大会の上位4か国であるオーストラリア日本中国韓国[注 2]は予選免除となる[4]。予選には予選免除の4か国を除いた16か国が参加し、4チームずつ4組に分かれてリーグ戦を戦い、各グループ首位チーム4か国が本大会出場資格を得る[4][5]

予選免除国[編集]

予選参加国[編集]

予選[編集]

予選の組み合わせ抽選会は2012年10月19日ムラカで行われた[6][4]

以下、試合開催日時はそれぞれ現地時間による。

グループ A[編集]

開催地:ヨルダンの旗 ヨルダンアンマン[7][8]UTC+3

チーム
1  ヨルダン 3 3 0 0 30 0 +30 9
2  ウズベキスタン 3 2 0 1 22 4 +18 6
3  レバノン 3 1 0 2 12 10 +2 3
4  クウェート 3 0 0 3 1 51 −50 0











グループ B[編集]

開催地:バングラデシュの旗 バングラデシュダッカ[9][8]UTC+6

チーム
1  タイ 3 3 0 0 15 1 +14 9
2  フィリピン 3 2 0 1 10 1 +9 6
3  イラン 3 1 0 2 3 11 −8 3
4  バングラデシュ 3 0 0 3 0 15 −15 0











グループ C[編集]

開催地:バーレーンの旗 バーレーン[10][8]マナーマUTC+3

チーム
1  ベトナム 3 3 0 0 24 0 +24 9
2  香港 3 2 0 1 5 6 −1 6
3  バーレーン 3 1 0 2 5 12 −7 3
4  キルギス 3 0 0 3 2 18 −16 0











グループ D[編集]

開催地:パレスチナの旗 パレスチナ[8]アル・ラム英語版UTC+3

チーム
1  ミャンマー 3 2 1 0 11 0 +11 7
2  チャイニーズタイペイ 3 2 1 0 8 1 +7 7
3  インド 3 0 1 2 2 5 −3 1
4  パレスチナ 3 0 1 2 1 16 −15 1











本大会[編集]

本大会は予選免除の4カ国に、予選大会を勝ち抜いた4カ国を加えた合計8カ国で争われる。この大会は2015 FIFA女子ワールドカップカナダ大会のアジア地区最終予選会を兼ねたものであり、予選リーグ2位までの4か国、並びに3位の2か国によるプレーオフ勝利国の5か国が女子ワールドカップ出場権を得ることができる。

出場国[編集]

出場国 予選 出場回数
 オーストラリア 前回大会優勝のため免除 4大会連続6回目
 日本 前回大会3位のため免除 13大会連続15回目
 中国 前回大会4位のため免除 13大会連続13回目
 韓国 前回大会5位のため免除 11大会連続11回目
 ヨルダン A組1位 初出場
 タイ B組1位 7大会連続15回目
 ベトナム C組1位 7大会連続7回目
 ミャンマー D組1位 2大会連続4回目

開催方式[編集]

大会の開催方式は以下の通り[11]

グループリーグ
参加8チームを4チームずつの2組に分け、それぞれ1順の総当たり戦を行う。各組上位2チームは決勝トーナメントに、各組3位のチームはプレーオフに進出する。
プレーオフ
グループステージ各組3位のチームが対戦し、勝者が5位となる。
決勝トーナメント
グループリーグ各組上位2チームが勝ち残り式トーナメントで準決勝・3位決定戦・決勝を行い、1位から4位を決定する。

グループリーグで勝ち点が並んだチームについては、以下の順により順位を決定する[11]

  1. 当該チーム間の対戦における勝ち点
  2. 当該チーム間の対戦における得失点差
  3. 当該チーム間の対戦における総得点
  4. グループリーグ全試合での得失点差
  5. グループリーグ全試合での総得点
  6. PK戦(2チームのみがこれまでの基準で並んでおり、かつそれらのチームがグループリーグ最終戦で対戦している場合)
  7. イエローカードレッドカードの数による評価
  8. 抽選

2013年11月1日に、ベトナムサッカー連盟が日程・会場を発表している[12]。組み合わせ抽選は2013年11月29日に行われる[13]。抽選の結果は以下の通り[14]

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  日本 3 2 1 0 13 2 +11 7
2  オーストラリア 3 2 1 0 7 3 +4 7
3  ベトナム 3 1 0 2 3 7 −4 3
4  ヨルダン 3 0 0 3 2 13 −11 0


ベトナム  3 - 1  ヨルダン
グエン・チ・ムオン 18分にゴール 18分
レ・トゥー・タイン・フォン 36分にゴール 36分84分
レポート Maysa Jbarah 34分にゴール 34分

オーストラリア  2 - 2  日本
フォード 21分にゴール 21分
デ・ヴァンナ 64分にゴール 64分
レポート ポーキングホーン71分にゴール 71分 (OG)
大儀見優季 84分にゴール 84分


ヨルダン  1 - 3  オーストラリア
Stephanie Alnaber 71分にゴール 71分 レポート ジル 36分にゴール 36分51分
ゴーリー 61分にゴール 61分

日本  4 - 0  ベトナム
川澄奈穂美 44分にゴール 44分87分
木龍七瀬 65分にゴール 65分
大儀見優季 69分にゴール 69分
レポート
トンニャット・スタジアムホーチミン
観客数: 1,200人
主審: シンガポールの旗 アビラミ・アプバイ・ナイデュ


ベトナム  0 - 2  オーストラリア
レポート (レ・チ・トゥオン) 42分にゴール 42分 (OG)
ゴーリー 90分にゴール 90分

日本  7 - 0  ヨルダン
吉良知夏 25分にゴール 25分90+3分
中島依美 45+1分にゴール 45+1分75分
阪口夢穂 49分にゴール 49分81分
(Enshirah Alhyasat) 69分にゴール 69分 (OG)
レポート
ゴーザウ・スタジアムビンズオン
観客数: 800人
主審: シンガポールの旗 アビラミ・アプバイ・ナイデュ


グループ B[編集]

チーム
1  韓国 3 2 1 0 16 0 +16 7
2  中国 3 2 1 0 10 0 +10 7
3  タイ 3 1 0 2 2 12 −10 3
4  ミャンマー 3 0 0 3 1 17 −16 0


韓国  12 - 0  ミャンマー
池笑然 4分にゴール 4分
朴恩善 17分にゴール 17分 (PK)43分
朴熙栄 33分にゴール 33分
田佳児 36分にゴール 36分 (PK)40分63分
趙昭賢 45+3分にゴール 45+3分61分82分
権荷娜 58分にゴール 58分 (PK)
余珉智 76分にゴール 76分
レポート
トンニャット・スタジアムホーチミン
観客数: 300人
主審: オーストラリアの旗 ケイシー・レイベルト

中国  7 - 0  タイ
李冬娜 6分にゴール 6分
李影 8分にゴール 8分
楊麗 16分にゴール 16分45+1分64分90+1分
許燕露 75分にゴール 75分
レポート(AFC)
レポート(中国協会)
トンニャット・スタジアムホーチミン
観客数: 300人
主審: マレーシアの旗リタ・ビンティ・ガニ


ミャンマー  0 - 3  中国
レポート
参考サイト
任桂辛 10分にゴール 10分
馬暁旭 60分にゴール 60分
楊麗 87分にゴール 87分

タイ  0 - 4  韓国
レポート 池笑然 11分にゴール 11分
朴恩善 12分にゴール 12分47分84分
トンニャット・スタジアムホーチミン
観客数: 200人
主審: ベトナムの旗 コン・チ・ズン


韓国  0 - 0  中国
レポート
トンニャット・スタジアムホーチミン
観客数: 350人
主審: オーストラリアの旗 ケイシー・レイベルト

タイ  2 - 1  ミャンマー
サンヌン 27分にゴール 27分 (PK)
デュエンネパ 59分にゴール 59分
レポート イー・イー・ウー 45+1分にゴール 45+1分
ゴーザウ・スタジアムビンズオン
観客数: 1,200人
主審: マレーシアの旗 リタ・ビンティ・ガニ   


プレーオフ[編集]


ベトナム  1 - 2  タイ
トゥイェッ・ズン 86分にゴール 86分 レポート サンヌン 48分にゴール 48分65分

決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
5月22日 ホーチミン    
  日本 (aet) 2
  中国 1  
  5月25日 ホーチミン
  日本 1
    オーストラリア 0
 
3位決定戦
5月22日 ホーチミン 5月25日 ホーチミン
  韓国 1   中国 2
  オーストラリア 2     韓国 1

準決勝[編集]


日本  2 - 1
(延長)
 中国
澤穂希 51分にゴール 51分
岩清水梓 120+2分にゴール 120+2分
レポート 李冬娜 80分にゴール 80分 (PK)

韓国  1 - 2  オーストラリア
朴恩善 53分にゴール 53分 (PK) レポート ゴーリー 47分にゴール 47分
ケロンド=ナイト 77分にゴール 77分
トンニャット・スタジアムホーチミン
観客数: 700人
主審: マレーシアの旗 リタ・ビンティ・ガニ

3位決定戦[編集]


中国  2 - 1  韓国
朴恩善3分にゴール 3分 (OG)
楊麗 90+3分にゴール 90+3分
レポート 柳英雅 80分にゴール 80分

決勝[編集]


日本  1 - 0  オーストラリア
岩清水梓 28分にゴール 28分 レポート

優勝国[編集]

 2014 AFC女子アジアカップ優勝国 

日本
初優勝

表彰[編集]

大会最優秀選手 大会得点王 フェアプレー賞
日本の旗 宮間あや 大韓民国の旗 朴恩善
中華人民共和国の旗 楊麗(6得点)
 日本

2015 FIFA女子ワールドカップ出場国[編集]

日本での放送[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ベトナムサッカー連盟は開催国として立候補していたものの、開催国となるには予選を勝ち抜くことが条件とされていた[1]
  2. ^ 前回大会準優勝の北朝鮮代表は、2011 FIFA女子ワールドカップにおいて5選手がドーピング規定に違反したため、2015 FIFA女子ワールドカップを予選(=2014 AFC女子アジアカップ)を含めて出場資格を取り消された。従って、次点の韓国がシード権を得た。2011 FIFA女子ワールドカップ#ドーピング問題も参照。
  3. ^ 解説は全試合とも松木安太郎大竹七未。実況は進藤潤耶(グループリーグの対オーストラリア、対ヨルダン、決勝の対オーストラリア)と吉野真治(グループリーグの対ベトナム、準決勝の対中国)が担当。
  4. ^ 全試合とも現地解説・宮本ともみ

出典[編集]

  1. ^ a b Vietnam to host AFC Women’s Asian Cup 2014 finals”. アジアサッカー連盟 (2013年5月30日). 2013年6月1日閲覧。
  2. ^ Competition Regulations AFC Women’s Asian Cup 2014 Qualifiers AFC.com、2012年7月26日掲載、2012年9月24日閲覧。
  3. ^ 中国女足直接晋级2014年女足亚洲杯决赛圈 新華網、2012年9月20日掲載、2012年9月24日閲覧。
  4. ^ a b c Women's giants to know opponents AFC.com、2012年10月18日掲載、2012年10月18日閲覧。
  5. ^ 20支队伍将角逐2014年女足亚洲杯 中国直接晋级 中国サッカー協会公式サイト、2012年9月20日掲載、2012年9月24日閲覧。
  6. ^ Thailand, India eye final again AFC.com、2012年10月19日掲載、2012年10月19日閲覧。
  7. ^ Women's football team regroups for West Asian Championship”. ヨルダン・タイムズ (2013年1月15日). 2013年1月28日閲覧。
  8. ^ a b c d TIMELY!”. ガルフ・デイリー・ニュース英語版 (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  9. ^ Women Asian Cup qualifiers in Dhaka”. バングラデシュサッカー連盟 (2012年12月13日). 2012年1月22日閲覧。
  10. ^ 香港女子代表隊–初選名單公佈”. 香港サッカー協会 (2013年1月16日). 2013年1月22日閲覧。
  11. ^ a b Official Home of Asian Football - Regulations & Guidelinesより"Competition Regulations AFC Women's Asian Cup 2014 Final"を参照。2013年3月15日閲覧。
  12. ^ Ngày 29/11, bốc thăm chia bảng vòng chung kết Asian cup nữ 2014”. ベトナムサッカー連盟 (2013年11月1日). 2013年11月6日閲覧。
  13. ^ Women's Asian Cup draw on November 29”. アジアサッカー連盟 (2013年11月4日). 2013年11月7日閲覧。
  14. ^ Lịch thi đấu VCK giải bóng đá nữ châu Á 2014: ĐT Việt Nam gặp Jordan trận ra quân”. ベトナムサッカー連盟 (2013年11月29日). 2013年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]