2010 AFC女子アジアカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2010 AFC女子アジアカップ
大会概要
開催国 中華人民共和国の旗 中国
日程 2010年5月19日 - 5月30日
チーム数 (1連盟)
開催地数 (1都市)
大会結果
優勝  オーストラリア (1回目)
準優勝  北朝鮮
3位  日本
4位  中国
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 45点
(1試合平均 2.81点)
総入場者数 59,910人
(1試合平均 3,744人)
得点王 日本の旗 安藤梢(3点)
最優秀選手 朝鮮民主主義人民共和国の旗 趙潤美
 < 20082014

2010 AFC女子アジアカップ: AFC Women's Asian Cup 2010)は、2010年5月19日から5月30日にかけて、中国成都で開催された第17回目のAFC女子アジアカップである。オーストラリアが同大会史上初めて優勝した[1]他、準優勝した北朝鮮趙潤美が大会最優秀選手賞を[2]日本代表安藤梢が大会得点王を[3]、開催国の中国がフェアプレー賞を[3]それぞれ受賞した。この大会は2011 FIFA女子ワールドカップAFC地区予選を兼ねており、決勝戦に進出したオーストラリアと北朝鮮、および3位決定戦で勝利した日本の合計3ヶ国が出場権を獲得した。

概要[編集]

2010年5月19日より中国成都の2つのスタジアムにて、予選を突破した3カ国に、予選を免除された5カ国を加え、計8カ国で戦われた。出場国は4カ国ずつ2つのグループリーグに分けられ、総当り1回戦のリーグ戦を戦い、グループAでは3試合全てで勝利した日本[4]と、タイミャンマーに勝利した北朝鮮が決勝トーナメントに進出した[5]。タイは対ミャンマー戦で勝利して勝ち点3を獲得し3位となった[6]。ミャンマーは3試合全敗であったものの、対北朝鮮戦ではゴールキーパーのメイ・キン・ヤー・ミンがシュートを何度もセーブし、2失点に抑えるという活躍を見せた[5]

グループBでは東アジア女子サッカー選手権時の代表選手のひとり馬暁旭が怪我で欠場[7]しながら、グループリーグの3試合で2勝1分の中国[8]と、韓国ベトナム戦で勝利して2位につけたオーストラリアが決勝トーナメントに進出した。韓国は東アジア選手権で得点王となった[9]柳英雅(ユ・ヨンア)がベトナム戦でハットトリックを達成する[10]活躍があったものの、総勝ち点数4にとどまりグループリーグ敗退となった。ベトナムは対オーストラリア戦では得点機会がありながら決めきれず[11]、また対韓国、対中国戦では大量失点の末敗北し、勝ち点の獲得はならなかった。

5月27日に行われた準決勝では、第1試合で前半ロスタイムのキャスリン・ジルが挙げた得点を守りきり日本に勝利したオーストラリアが[12]、第2試合では延長戦にもつれ込んだ末、109分に得点を挙げた[13]北朝鮮が、それぞれ決勝戦に進出してワールドカップ出場権を獲得した。

5月30日に3位決定戦および決勝戦が開催された。3位決定戦では開催国の中国日本が2対0で勝利してワールドカップ出場権を獲得した(日本とともに第1回大会から連続出場記録を保有していた中国は、この出場記録が途絶えることとなった)[14]。決勝戦では前半にサマンサ・カーが先制点を挙げたものの、後半での趙潤美のゴールで両チーム同点となった。延長戦でも決着が付かず、PK戦を行った結果、5人全員がPKを決めたオーストラリアが勝利し、同大会初優勝を飾った。

予選[編集]

出場国[編集]

会場一覧[編集]

以下の競技場が会場として用いられた。

中国成都
成都スポーツセンター
収容人数: 42,000人
双流スポーツセンター
収容人数: 不明
Chengdu Sports Center.JPG Gthumb.svg
本大会グループリーグ
決勝トーナメント
本大会グループリーグ
台湾新営 タイバンコク ベトナムホーチミン マレーシア
クアラルンプール
台南スタジアム
収容人数: 40,000人
ラジャマンガラ・スタジアム
収容人数: 49,749人
タンロン・スポーツセンター
収容人数: 不明
KLFAスタジアム
収容人数: 18,000人
Gthumb.svg RajamangalaStadium.jpg Gthumb.svg Gthumb.svg
2次予選 1次予選

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  日本 3 3 0 0 14 1 +13 9
2  北朝鮮 3 2 0 1 6 2 +4 6
3  タイ 3 1 0 2 2 7 −5 3
4  ミャンマー 3 0 0 3 0 12 −12 0


北朝鮮  3 - 0  タイ
全明花 1分にゴール 1分
金英愛 2分にゴール 2分
趙潤美 73分にゴール 73分
AFC公式サイト

日本  8 - 0  ミャンマー
岩清水梓 4分にゴール 4分
澤穂希 10分にゴール 10分71分
山口麻美 28分にゴール 28分 (PK)60分
鮫島彩 50分にゴール 50分
宮間あや 54分にゴール 54分
上尾野辺めぐみ 85分にゴール 85分
AFC公式サイト
成都スポーツセンター
観客数: 360人
主審: 大韓民国の旗 洪銀雅


タイ  0 - 4  日本
AFC公式サイト 高瀬愛実 28分にゴール 28分
中野真奈美 42分にゴール 42分
宇津木瑠美 45+3分にゴール 45+3分
安藤梢 55分にゴール 55分

ミャンマー  0 - 2  北朝鮮
AFC公式サイト 尹誠美 17分にゴール 17分
趙潤美 84分にゴール 84分
成都スポーツセンター
観客数: 360人
主審: 中華人民共和国の旗 王佳


北朝鮮  1 - 2  日本
羅銀心 70分にゴール 70分 AFC公式サイト 安藤梢 4分にゴール 4分 (PK)
永里優季 14分にゴール 14分
成都スポーツセンター
観客数: 400人
主審: 大韓民国の旗 洪銀雅

ミャンマー  0 - 2  タイ
AFC公式サイト セースラウム 15分にゴール 15分
チャイカントリー 89分にゴール 89分
双流スポーツセンター
観客数: 180人
主審: 中華人民共和国の旗 王佳


グループ B[編集]

チーム
1  中国 3 2 1 0 6 0 +6 7
2  オーストラリア 3 2 0 1 5 2 +3 6
3  韓国 3 1 1 1 6 3 +3 4
4  ベトナム 3 0 0 3 0 12 −12 0


オーストラリア  2 - 0  ベトナム
カミス 29分にゴール 29分
レッドブルック 51分にゴール 51分 (PK)
AFC公式サイト
成都スポーツセンター
観客数: 1,000人
主審: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李香玉

中国  0 - 0  韓国
AFC公式サイト


韓国  1 - 3  オーストラリア
姜善美 71分にゴール 71分 AFC公式サイト キャロル 53分にゴール 53分
デ・ヴァンナ 59分にゴール 59分
カー 66分にゴール 66分

ベトナム  0 - 5  中国
AFC公式サイト 李丹陽 8分にゴール 8分
袁帆 12分にゴール 12分
張睿 37分にゴール 37分
畢妍 45+1分にゴール 45+1分 (PK)
韓端 51分にゴール 51分


中国  1 - 0  オーストラリア
張睿 9分にゴール 9分 AFC公式サイト
成都スポーツセンター
観客数: 11,000人
主審: 日本の旗 山岸佐知子

ベトナム  0 - 5  韓国
AFC公式サイト 柳英雅 20分にゴール 20分21分66分
車妍喜 28分にゴール 28分
鄭惠因 36分にゴール 36分
双流スポーツセンター
観客数: 1,000人
主審: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李香玉


決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
5月27日 -    
  日本 0
  オーストラリア 1  
  5月30日 -
  オーストラリア (PK) 1 (5)
    北朝鮮 1 (4)
 
3位決定戦
5月27日 - 5月30日 -
  中国 0   日本 2
  北朝鮮 (aet) 1     中国 0

準決勝[編集]


日本  0 - 1  オーストラリア
AFC公式サイト ジル 45+1分にゴール 45+1分

中国  0 - 1
(延長)
 北朝鮮
AFC公式サイト 金卿花 109分にゴール 109分

3位決定戦[編集]


日本  2 - 0  中国
安藤梢 18分にゴール 18分
澤穂希 62分にゴール 62分
AFC公式サイト
成都スポーツセンター
観客数: 5,800人
主審: 大韓民国の旗 洪銀雅

決勝[編集]



優勝国[編集]

 2010 AFC女子アジアカップ優勝国 

オーストラリア
初優勝

表彰[編集]

大会最優秀選手 大会得点王 フェアプレー賞
朝鮮民主主義人民共和国の旗 趙潤美 日本の旗 安藤梢 (3得点) 中華人民共和国の旗 中国

脚注[編集]

  1. ^ PK戦を制したオーストラリアが初のアジア女王に AFC公式サイト 2010.5.30付ニュースリリース
  2. ^ 北朝鮮の中盤を牽引するジョが大会MVPに AFC公式サイト 2010.5.30付ニュースリリース
  3. ^ a b 日本の安藤が大会得点王に”. AFC公式サイト (2010.5.30付ニュースリリース). 2010.6.1. 05:27 (UTC)閲覧。。安藤以外に澤穂希(日本)、趙潤美、柳英雅韓国)が総得点数3点で並んだが、アシスト数で他の選手に勝る安藤が単独得点王となった。
  4. ^ 日本がタイに快勝、準決勝へ AFC公式サイト 2010.5.22付ニュースリリース
  5. ^ a b 北朝鮮、猛攻ながら2得点、しかし4強へ”. AFC公式サイト (2010.5.22付ニュースリリース). 2010.5.30 21:11 (UTC)閲覧。
  6. ^ タイが2-0でミャンマーを振り切る AFC公式サイト 2010.5.24付ニュースリリース
  7. ^ シャン監督、エキサイティングな開幕戦を約束 AFC公式サイト 2010.5.18付ニュースリリース
  8. ^ 唯一の得点で勝利した中国がB組を首位で突破 AFC公式サイト 2010.5.23付ニュースリリース
  9. ^ 東アジア女子サッカー選手権2010 決勝大会 試合結果 EAFF公式サイト 2010.5.30 21:35 (UTC) 閲覧
  10. ^ 韓国、大勝ながら姿を消す AFC公式サイト 2010.5.23付ニュースリリース
  11. ^ カミスとレッドブロークのゴールでマチルダスが白星発進 AFC公式サイト 2010.5.19付ニュースリリース
  12. ^ オーストラリアが日本に辛勝、決勝へ AFC公式サイト 2010.5.27付ニュースリリース
  13. ^ 延長戦の末、北朝鮮が決勝へ AFC公式サイト 2010.5.27付ニュースリリース
  14. ^ 日本が中国を下して3位に輝く AFC公式サイト 2010.5.30付ニュースリリース

外部リンク[編集]