宮本ともみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮本ともみ Football pictogram.svg
名前
愛称 みっち
カタカナ ミヤモト トモミ
ラテン文字 MIYAMOTO Tomomi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-12-31) 1978年12月31日(38歳)
出身地 神奈川県相模原市
身長 168cm
体重 59kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-99
2000-08
2009-10
2011-12
プリマハムFCくノ一
伊賀フットボールクラブくノ一
TEPCOマリーゼ
伊賀フットボールクラブくノ一
47 (5)
109 (7)
38 (7)
34 (3)
代表歴2
1997 - 2007 日本の旗 日本 77 (13)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年11月11日現在。
2. 2011年7月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

宮本 ともみ(みやもと ともみ、1978年12月31日 - )は、神奈川県相模原市出身の元女子サッカー選手、現サッカー指導者、解説者。元サッカー日本女子代表(代表通算77試合13得点)。現役時代のポジションはミッドフィールダー神奈川県立相模大野高等学校卒業。旧姓は「三井ともみ」。

経歴[編集]

選手時代[編集]

小学1年生の時、兄の影響でサッカーを始めた[1]。新磯サッカースポーツ少年団、相模原SCを経て、1997年(当時18歳)でプリマハムFCくノ一(現伊賀FCくノ一)に入団[2]。同年日本代表に初選出された[2]

1999年、第3回FIFA女子世界選手権アメリカ大会(現ワールドカップ)に出場[2]

2002年、23歳のときに結婚。周囲からは「引退するのか」と聞かれることもあったが、「『なんで結婚するからやめるんだ』という感じでした」[3]、「『(夫からは)結婚したんだからサッカーやめろ』ということは言われなかった」[4]と語っている。

2003年、第4回FIFA女子ワールドカップアメリカ大会では3試合すべてでフル出場した[5]

2004年、アテネオリンピック代表メンバーに選出された。当時の代表監督だった上田栄治は宮本を「澤穂希よりも重要な選手」と評価していた[6]。宮本はチームで唯一の既婚者であり、またチーム最長身であった。宮本は第1戦のスウェーデン戦をフルで戦った後、第2戦目のナイジェリア戦にもスタメン出場。しかし前半15分過ぎ、相手選手と交錯した際、そのスパイクが右大腿部を直撃し、8針縫う裂傷を負った[7]。倒れこんだ宮本は、立ち上がれないまま担架でピッチ外へ運ばれ、結局そのまま交代。この後チームは攻守のバランスを崩し、後半にはナイジェリアに決勝点を奪われることとなる。当時日本サッカー協会会長だった川淵三郎は「残念だね。宮本が欠場したのが痛かった。彼女がいないと攻守とも痛い」と述べた[8]。 決勝トーナメント準々決勝アメリカ戦では怪我を押して強行先発したが、1-2で敗れ、チームは敗退した[9]

2005年5月、当時26歳のとき長男を出産。産休・育休のため戦列を離れ、2005年シーズンは選手登録されなかったが、2006年シーズンに再び選手登録され現役復帰。

2006年10月に日本女子代表にも再び招集され、初の子持ち代表となった。このとき日本サッカー協会は民間のベビーシッターを雇い、宮本が1歳(当時)の長男を伴って代表活動ができるようにサポートした[10]

2007年、第5回FIFA女子ワールドカップ中国大会のメンバーに選出され、自身3度目のワールドカップメンバーとなった[11]

2008年、伊賀FCくノ一がなでしこリーグ2部に降格、このときのことについて宮本は「サッカー人生で一番悔しい出来事で、なかなか受けとめることが出来なかった」「『神様がやめろって言っているのかな』と引退も考えました」と語っている。[3]

2009年、TEPCOマリーゼに移籍。移籍の理由について「年齢的にも選手生命が残り少なくなってきた中で、サッカーが集中できる環境にいたかったし、自分の経験を少しでも後身に伝えたかった」と語っている。[12]

2011年、伊賀FCくノ一に復帰[13]。同年4月29日に行われたリーグ開幕戦福岡J・アンクラス戦では2ゴールを挙げ、チームを2-0の勝利に導いた[14]

同年7月24日、なでしこリーグの岡山湯郷Belle戦で、リーグ200試合出場を達成した[15]

同年8月19日、国立競技場で行われた「東日本大震災復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!なでしこジャパンvsなでしこリーグ選抜」のなでしこリーグ選抜チームのメンバーに選出された[16][17]。試合は2-3で敗れたが、選抜チームの監督を務めた星川敬は宮本について「宮本選手の経験は内容を見ても、結果からもまだまだやれると感じました」と高く評価した[18][19]

2012年12月5日、現役を退くことを表明した[20]。同年12月22日の第34回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会準決勝のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦に出場、試合はペナルティーキック戦の末に敗れたが、宮本は後半24分に1-1の同点となるゴールを挙げ、これが現役最後の得点となった[21]

2013年3月3日、伊勢フットボールヴィレッジにて引退記念試合とセレモニーが行われた[22][23]

指導者時代[編集]

2015年4月、高田短期大学女子サッカー部監督に就任した[24]

2016年4月、日本サッカー協会により、女子代表の強化や女子サッカー育成普及を担う女子委員会が新たに承認され、委員の1人に選ばれた[25][26][27]

同年12月、 U-16/17日本女子代表のコーチに選任された[28]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1997 プリマハムFCくノ一 4 L・リーグ 15 1
1998 14 18 1
1999 14 3
2000 伊賀FCくノ一 10 12 1 -
2001 14 0 -
2002 4 0 -
2003 20 1 - 3 1 23 2
2004 L・リーグ1部 (L1) 7 1 -
2006 なでしこ Div.1 14 0 - 2 0 16 0
2007 21 1 0 0 1 0 22 1
2008 17 3 - 2 0 19 3
2009 TEPCOマリーゼ 6 21 2 - 3 0 24 2
2010 なでしこ 17 5 5 1 2 1 24 7
2011 伊賀FCくノ一 32 16 3 - 0 0 16 3
2012 5 18 0 5 0 3 1 26 1
通算 日本 1部 228 22
総通算 228 22

※2005年度は産休・育休により登録されず

獲得タイトル[編集]

  • Lリーグベストイレブン:2回 (1999年、2003年)

代表歴[編集]

選出歴等[編集]

試合数[編集]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1997 6 2
1998 10 1
1999 14 2
2000 0 0
2001 0 0
2002 7 1
2003 14 3
2004 9 2
2005 0 0
2006 1 0
2007 16 2
通算 77 13

(2007年9月17日現在)

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 1997年6月8日 日本東京 中華人民共和国の旗 中国 ○ 1-0 キリンカップ
2. 1997年12月9日 中国、番禺 香港の旗 香港 ○ 9-0 1997 AFC女子選手権
3. 1998年12月8日 タイバンコク タイ王国の旗 タイ ○ 6-0 第13回アジア競技大会
4. 1999年11月12日 フィリピン、バロタク ネパールの旗 ネパール ○ 14-0 1999 AFC女子選手権
5.
6. 2002年10月9日 韓国昌原 中華人民共和国の旗 中国 △ 2-2 第14回アジア競技大会
7. 2003年6月9日 タイバンコク フィリピンの旗 フィリピン ○ 15-0 2003 AFC女子選手権
8. 2003年7月5日 メキシコメキシコシティ メキシコの旗 メキシコ △ 2-2 2003 FIFA女子ワールドカップ予選プレーオフ
9. 2003年7月22日 日本仙台 大韓民国の旗 韓国 ○ 5-0 日・韓・豪3ヶ国対抗国際女子サッカー大会
10. 2004年4月18日 日本、東京 ベトナムの旗 ベトナム ○ 7-0 アテネオリンピックアジア最終予選
11.
12. 2007年6月3日 日本、東京 大韓民国の旗 韓国 ○ 6-1 北京オリンピックアジア最終予選
13. 2007年8月4日 ベトナムハイフォン ベトナムの旗 ベトナム ○ 8-0

脚注[編集]

  1. ^ 「ボクのママはサッカー選手」東京電力女子サッカー部マリーゼ 宮本ともみ百年旅行 Jリーグのある風景番組公式HP、2016年6月4日閲覧。
  2. ^ a b c 宮本 ともみジャパン・スポーツ・プロモーション公式HP、2016年6月4日閲覧。
  3. ^ a b とことんインタビュー 女子サッカー元日本代表 宮本ともみさん朝日新聞デジタル(三重).2011.3.31、2016年6月4日閲覧。
  4. ^ 【ママさんなでしこ第1号・宮本ともみ(3)】「全然イケメンじゃない」夫は炎の消防士 「初対面で遅刻され…」恋の炎が産経WEST.2013.10.13、2016年6月4日閲覧。
  5. ^ 【ママさんなでしこ第1号・宮本ともみ(4)】世界で魅せた“奥様ボランチ” 同居の義父母が「自慢の嫁…と思う…はず」産経WEST.2013.10.13、2016年6月4日閲覧。
  6. ^ なでしこ支えた“人妻ボランチ”宮本 「沢より重要な選手」と評価スポニチアネックス.2011.9.25、2016年6月4日閲覧。
  7. ^ 【ママさんなでしこ第1号・宮本ともみ(5)】「子連れ遠征」直訴の理由 アテネ五輪8針の大けが、愛息への思い産経WEST.2013.10.14、2016年6月4日閲覧。
  8. ^ 【サッカー】宮本負傷で黒星、なでしこホロ苦「8強」サンスポ.com、2016年6月4日閲覧。
  9. ^ なでしこテッサロニキに散る、米国に1-2惜敗SANSPO.COM、2016年6月4日閲覧。
  10. ^ 総合 : なでしこ初 宮本選手が親子で代表合流 協会がベビーシッター雇いサポート伊賀タウン情報YOU.2006.11.13、2016年6月4日閲覧。
  11. ^ 総合 : 【紙面から】3度目のW杯に挑むママ選手 なでしこジャパン 伊賀市丸柱 宮本ともみ選手伊賀タウン情報YOU.2007.9.7、2016年6月4日閲覧。
  12. ^ 私を語るTOP vol.251 東京電力女子サッカー部マリーゼ朝日SALLY WEB MAGAZINE、2016年6月4日閲覧。
  13. ^ 「一からのスタート」宮本ともみ選手がくノ一に入団伊賀タウン情報YOU.2011.2.1、2016年6月4日閲覧。
  14. ^ 開幕戦くノ一快勝 復帰の宮本が「恩返し」の2ゴール なでしこリーグ・福岡AN戦伊賀タウン情報YOU.2011.4.29、2016年6月4日閲覧。
  15. ^ 得点でチーム牽引 中心2選手伊賀タウン情報 YOU.2011.8.12、2016年6月4日閲覧。
  16. ^ 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!なでしこジャパン(日本女子代表)vsなでしこリーグ選抜JFA公式サイト、2016年6月8日閲覧。
  17. ^ 星川監督「なでしこジャパンの弱点を突きたい」慈善試合 女子日本代表戦メンバー発表会見スポーツナビ.2011.8.8、2016年6月8日閲覧。
  18. ^ 「これからは色々なプレッシャーを背負って勝たねば」佐々木監督 「後半はプラン通リ、なでしこの弱点をつけた」選抜・星川監督 試合後のコメント 澤、宮間、近賀、選抜宮本、木龍、小林スポーツライター・増島みどりのザ・スタジアム.2011.8.20、2016年6月8日閲覧。
  19. ^ なでしこリーグ選抜の星川監督「相手のウィークポイントをつけた」SOCCER KING.2011.8.19、2016年6月8日閲覧。
  20. ^ 宮本ともみ選手引退のお知らせ 伊賀フットボールクラブ公式サイト2012.12.5、2016年6月4日閲覧。
  21. ^ 伊賀宮本ラストピッチで惜別弾/皇后杯ニッカンスポーツ.2012.12.23、2016年6月4日閲覧。
  22. ^ 「伊勢フットボールヴィレッジ」オープンイベントで宮本ともみの引退セレモニー実施SOCCER KING.2013.3.3、2016年6月4日閲覧。
  23. ^ なでしこジャパン初のママさん選手、引退試合飾るスポニチアネックス.2013.3.4、2016年6月4日閲覧。
  24. ^ 「元なでしこJAPAN」 宮本ともみ氏が高田短期大学女子サッカー部監督に就任高田短期大学公式HP.2015.4.3、2016年6月4日閲覧。
  25. ^ なでしこ新任委員に代表77戦、宮本ともみさんニッカンスポーツ.2016.4.15、2016年6月4日閲覧。
  26. ^ 「なでしこ」再建目指し元代表・宮本ともみさんを委員に選出SANSPO.COM.2016.4.15、2016年6月4日閲覧。
  27. ^ 女子委員会メンバー決定!元なでしこ宮本ともみ氏らが就任スポニチアネックス.2016.4.15、2016年6月4日閲覧。
  28. ^ 2016年度JFA第12回理事会を開催JFA公式サイト.2016.12.8、2016年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]