サッカー大韓民国女子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Football pictogram.svg サッカー大韓民国女子代表
国または地域 大韓民国の旗 韓国
協会 大韓サッカー協会(KFA)
愛称 大極娘子(태극 낭자:テーグック・ナンジャ(大極レディース))
監督 崔仁哲 (チェ・インチョル)
最多出場選手 李明花 (イ・ミョンファ)(81試合)
最多得点選手 車成美 (チャ・ソンミ)(29得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合
1990年9月6日
大韓民国の旗 韓国 1 - 13  日本
大韓民国ソウル特別市東大門運動場
最大差勝利試合
1999年11月15日
大韓民国の旗 韓国 14 - 0  香港
第12回AFC女子選手権フィリピン
大韓民国の旗 韓国 14 - 0  タイ
AFC女子アジアカップ2006
オーストラリア
最大差敗戦試合
1990年9月6日
大韓民国の旗 韓国 1 - 13  日本
(大韓民国ソウル特別市東大門運動場)
女子W杯
出場回数 2回 (初出場は2003
最高成績 ベスト16(2015)
オリンピック
出場回数 0回
AFC女子アジアカップ
出場回数 11回
最高成績 3位(2003)
アジア競技大会
出場回数 7回
最高成績 3位(2010, 2014)

サッカー大韓民国女子代表は、大韓サッカー協会(KFA)によって編成される女子サッカーのナショナルチームである。

概要[編集]

アジアサッカー連盟(AFC)および東アジアサッカー連盟(EAFF)所属。 2005年には自国開催の東アジア選手権で優勝を果たした。FIFA女子ワールドカップ2003年大会で初出場、このときは3連敗で敗退となった。2015年大会で2度目の出場。スペイン相手に女子ワールドカップ初勝利を挙げ、グループ2位で決勝トーナメントに進出、決勝トーナメント1回戦で敗れた。オリンピックは2012年までで未出場。

韓国においてサッカーは有数の人気競技であるが、それは男子サッカーに限った事であった。女子サッカーは長年にわたって男子サッカーの陰に隠れ、競技人口も少ないままであった。黎明期の代表選手で、Kリーグ初の女性主審となった任銀珠(イム・ウンジュ)は、大学入学後にホッケーからサッカーに転向して余り時間が経っていない時期に、代表候補に招集されたと語っている。[1]

一部の高校・大学・実業団クラブの間だけで行われてきた女子サッカーも、近年少しずつ熱を帯び始め、同時に年代別代表を中心に成績面での著しい向上が見られるようになった。2008年、ニュージーランドで開催されたU-17ワールドカップではベスト8の成績をおさめた。2009年にベオグラードで開催されたユニバーシアードでは、フル代表や元U-20代表らのメンバーを揃えて大会に臨み、同国女子サッカー史上初となる優勝という成績をおさめた。さらに2010年のU-17ワールドカップでも優勝を果たした。

2009年からは国内トップリーグとして「WKリーグ」が発足、代表チームに多くの選手を送り込んでいる。

ワールドカップの成績[編集]

  • 1991 - 予選敗退
  • 1995 - 予選敗退
  • 1999 - 予選敗退
  • 2003 - グループリーグ敗退
  • 2007 - 予選敗退
  • 2011 - 予選敗退
  • 2015 - ベスト16

オリンピックの成績[編集]

  • 1996 - 予選敗退
  • 2000 - 予選敗退
  • 2004 - 予選敗退
  • 2008 - 予選敗退
  • 2012 - 予選敗退
  • 2016 - 予選敗退

アジアカップの成績[編集]

  • 1975 - 1989 (結成前)
  • 1991 - 1次リーグ敗退
  • 1993 - 1次リーグ敗退
  • 1995 - 4位
  • 1997 - 1次リーグ敗退
  • 1999 - 1次リーグ敗退
  • 2001 - 4位
  • 2003 - 3位
  • 2006 - 本大会1次リーグ敗退
  • 2008 - 本大会1次リーグ敗退
  • 2010 - 本大会1次リーグ敗退
  • 2014 - 4位

アジア競技大会の成績[編集]

EAFF E-1フットボールチャンピオンシップの成績[編集]

FIFAランキング[編集]

  • 2003年から公表。現在は原則として3ヶ月ごとに発表される

(参考:FIFA女子ランキング

発表年月日 順位 変動 AFC
ランク
変動
2003年7月16日 25位 -- 5位 --
2003年8月29日 25位 5位
2003年10月24日 25位 5位
2003年12月15日 25位 5位
2004年3月15日 24位 5位
2004年6月7日 24位 5位
2004年8月30日 26位 5位
2004年12月20日 26位 5位
2005年3月25日 26位 5位
2005年6月24日 26位 5位
2005年9月16日 22位 4位
2005年12月21日 23位 4位
2006年3月17日 23位 5位
2006年5月19日 23位 5位
2006年9月15日 22位 5位
2006年12月22日 23位 5位
2007年3月16日 25位 5位
2007年6月15日 25位 5位
2007年10月5日 25位 5位
2007年12月21日 25位 5位
2008年3月21日 25位 5位
2008年6月6日 23位 5位
2008年9月5日 23位 5位
2008年12月19日 22位 5位
2009年3月27日 21位 5位
2009年6月26日 21位 5位
2009年9月25日 21位 5位
2009年12月18日 21位 5位
  • 2006年からオーストラリアがAFCに転籍したため、AFC内ランクにも影響がある。

選手[編集]

国際親善試合(対戦相手:中国2009年1月14日)時招集メンバー

GK

  • 金正美 (キム・ジョンミ/Kim Jung-Mi)
  • キム・ソリ (Kim Seu-Ri)
  • 全珉炅 (チョン・ミンギョン/Jun Min-Kyung)

DF

  • 金度姸 (Kim Do-Yeon)
  • キム・ヨンジ (Kim Yun-Ji)
  • 金有美 (キム・ユミ/Kim Yoo-Mi)
  • シム・ソヨン(Shim Seo-Yeon)
  • ノ・ダヘ (Noh Da-Hee)
  • ファン・ボラム (Hwang Bo-Ram)
  • 柳志恩 (ユ・ジウン/Yu Ji-Eun)

MF

  • 全ガウル (Jeon Ga-Eul)
  • キム・ヒヨン (Kim Hee-Young)
  • 権ハヌル (クォン・ハヌル/Kwon Hah-Nul)
  • 李張微 (イ・ジャンミ(Lee Jang-Mi)
  • 李世恩 (イ・セウン/Lee Sea-Eun)
  • コ・テファ (Go Tae-Hwa)
  • 車鉛喜 (チャ・ヨンヒ/Cha Yun-Hee)
  • イ・ウンミ (Lee Eun-Mi)
  • チョ・ソヒョン (Cho So-Hyun)
  • カク・チヘ(Kwak Ji-Hye)
  • キム・ソヨン(Kim Soo-Yun)

FW

  • 韓松伊 (ハン・ソンイ/Han Song-I)
  • 朴煕栄 (パク・ヒヨン/Park Hee-Young)
  • チェ・ソンジン (Choi Sun-Jin)

招集歴のある選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サッカーマガジン 2002年1月16号, No.848。なお本記事中では漢字表記が「任恩珠」となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]