この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

宮間あや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮間 あや Football pictogram.svg
名前
愛称 あや
カタカナ ミヤマ アヤ
ラテン文字 MIYAMA Aya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1985年1月28日(31歳)
出身地 千葉県大網白里市
身長 157cm
体重 50kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 岡山湯郷Belle
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足
ユース
00000000
00000000
日本の旗 フッチボールSurf
日本の旗 読売メニーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999
2000
2001-2008
2009

2010

2010-0000
日本の旗 NTVベレーザ
日本の旗 日テレ・ベレーザ
日本の旗 岡山湯郷Belle
アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・ソル
日本の旗 岡山湯郷Belle
アメリカ合衆国の旗セントルイス・アスレティカ
アメリカ合衆国の旗 アトランタ・ビート
日本の旗 岡山湯郷Belle
0 (0)
6 (2)
110 (62)
20 (0)
6 (1)
5 (0)
17 (1)
111 (45)
代表歴2
2003- 日本の旗 日本 162 (38)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年11月8日現在。
2. 2016年3月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

宮間 あや(みやま あや、1985年1月28日 - )は、千葉県山武郡大網白里町(現・大網白里市)出身の女子サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー大網白里町立白里中学校を経て[1]千葉県立幕張総合高等学校卒。岡山湯郷Belle所属。現在、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)主将。

略歴

永遠のサッカー少女

1985年1月28日、宮間文夫(現・大網白里市市議会議員)の次女として生まれる。父は、習志野高校時代にサッカー部に所属し[2]、高校3年次に読売サッカークラブの練習に参加した経験を持つ[2][注 1]。その父が作ったチームである“ フッチボール Surf ”で、大網白里町立白里小学校1年の時からサッカーを始める[4]

小学校5年生の時、国際交流イベント「国際社会で活躍できる日本人の育成」に応募して、親善大使としてアメリカのサンディエゴでの試合を経験し[5]日本サッカー協会から派遣されていた、元日本女子代表本田美登里と出会う。この時、宮間らボールを追う15名の少女たちを見て、本田は指導者の道を目指すことを決意する[6]

小学校6年生の時、中学1年の男子チームのメンバーとして県大会・地区予選に特例として出場。決勝戦では延長戦の末、自身がVゴールを決め優勝を果たした。この決勝戦で、監督である父からかけられた「自分以外の仲間のためにプレーしろ」という言葉を今でも鮮明に覚えているとする宮間は、「初めてチーム一丸となってサッカーの試合を戦った」と当時を振り返っている[7]

宮間のサッカーの技量は、小学生の時すでに、対戦した大谷秀和(現・J1柏レイソル)が「あとで聞くまで、女子とは思っていなかった」と振り返る[8] ほどになっていた。

読売メニーナ(現「日テレ・メニーナ」)に所属し、1999年にはNTVベレーザ(現「日テレ・ベレーザ」)への昇格を果たすが、自宅から練習場までの所要時間などが負担となり、幕張総合高校2年生の時に退団[9]

宮間が進学した幕張総合高校では、八千代高校羽生直剛(現・FC東京)らを育てた今泉守正(現・JFAアカデミー福島女子ヘッドコーチ)が男子サッカー部を率いていた。今泉は、宮間をただ1人の女子部員として、このサッカー部に迎え入れる。しかし、当時男子チームへの女子の登録は認められていなかったので宮間は公式試合に出られず、そのままでは日本女子代表への招集の機会も逸してしまいかねないジレンマに陥った。

そこで、高校3年になった宮間と関係者が相談した結果、2001年に、本田美登里が率いる岡山湯郷Belleに第一期生として入団[10] 。高校時代は、金曜日の放課後に岡山に移動し、日曜の試合後に千葉へ帰るという生活をしていた[10]。卒業後も、岡山県美作市の温泉旅館「季譜の里」で清掃のアルバイトをしながら岡山でのプレーを続け、2008年(平成20年)までチームの主力選手として活躍した[10][11]

世界舞台への挑戦

2003年には日本代表に招集され、同年のFIFA女子ワールドカップ・アメリカ大会に出場。リーグでも敢闘賞を獲得した。翌2004年のU-19アジア女子選手権では主将を務め、また同年のL・リーグ(なでしこリーグ)では17得点を挙げて2部リーグ得点女王と最優秀選手に輝き、翌シーズンの1部昇格の原動力となった。

2004年大橋浩司が代表監督に就任すると当初はサブとして、後にレギュラーとして試合に出場。最終的には大橋監督在任中に全試合に出場することになった。2007年9月11日FIFA女子ワールドカップ・中国大会イングランド戦(中国上海虹口足球場)における直接フリーキックによる2得点は、大きな話題となった[12]

2007年の日本女子サッカーリーグでは、ベストイレブンと特別表彰「サポーターが選ぶMVP」を受賞した[13]

2009年に発足した米国WPSロサンゼルス・ソルに移籍[14]。開幕戦でリーグ創設初得点をアシスト。シーズン通算でもリーグトップタイの6アシストを記録したほか、チーム内で唯一全試合フルタイム出場を果たす[15] など、チームのレギュラーシーズン1位獲得(プレーオフ決勝で敗れて優勝は逃す)に貢献。さらにWPSオールスターズにも選出され、スウェーデンの強豪クラブチーム・ウメオIKとのオールスターゲームに出場した。シーズン終了後の9月には、前所属先の岡山湯郷に一時復帰(レンタル移籍)した。

2010年2月、ロサンゼルス・ソルのWPSからの撤退に伴い実施された分散ドラフトでセントルイス・アスレティカに移籍したが、このチームが資金難の為にシーズン序盤で WPS から脱退。再び行われた分配ドラフトで、この年 WPS に新規加入したアトランタ・ビートに再移籍した。

この在米時代に、ホープ・ソロアビー・ワンバックカミーユ・アビリーカリーナ・ルブランなど、欧米の一流選手たちと交流を持ち、今日まで続く友情を深めた。WPSシーズン終了後の9月には古巣の岡山湯郷に完全移籍と、1年間で3チームに在籍した。

2011 FIFA女子ワールドカップでの活躍

2011年には、FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会に出場。フリーキックを決めた初戦のニュージーランド戦と準決勝のスウェーデン戦でプレイヤー・オブ・ザ・マッチを獲得した。

決勝のアメリカ戦では、1ゴール1アシストを記録。アメリカ戦では、後半も残り少ない時間に、左サイドから全力で駆け上がり、相手のこぼれ球をゴールに押し込み、敗色濃厚だった日本チームを再起させた。ネット際の職人技で決めた同点ゴールの後、すぐさまボールを拾い、歓喜する同僚を振り払うかのように帰陣してさらに追加点を狙うその敢闘精神に畑違いの数学者・藤原正彦をして「恐ろしい」と畏怖・賞賛を惜しまなかった [16]。延長戦では先制点を入れられるも、残り時間4分のところで、絶妙なコーナーキックで澤による同点ゴールをアシストした。

優勝の行方がPK戦に持ち込まれ、4人目の熊谷紗希がPKを決めて日本優勝が決定した瞬間、意気消沈する旧知のアメリカ選手たちに歩み寄り敬意を表した行為は、スポーツマンシップの模範として世界中から賞賛され、アメリカ女子代表のホープ・ソロと語り合う画像は、FIFA公式サイトでもっとも多い閲覧回数を数える写真の一つとなった[17]。 この時、ホープ・ソロからは「セントルイス・アスレティカの練習のときでも、わたしからあんなに点取れなかったくせに、なんでこんなときだけ、アヤは決めるの?」と冗談交じりに言われた一方で「日本が大震災で大変なときに、こんなに大きなことを成し遂げたんだから、もっと喜んでいいんじゃないの」と労われたという[7]

大会通算では、2ゴール4アシストの活躍で日本の初優勝に大きく貢献し、大会オールスターチームにも選出された。

7月20日、その功績をたたえ、出身地の大網白里町から大網白里町民栄誉賞が授与決定[1]。大網白里町には元々このような賞の制度はなかったが、宮間に贈るために創設されたのが同賞である[18]。8月17日、千葉県から千葉県民栄誉賞を受賞[19][20]。さらに翌8月18日、なでしこジャパンの同僚とともに、国民栄誉賞を受賞。

9月1日、ロンドン・オリンピック(2012年)の予選初戦で、タイ相手に後半から出場、勝利に貢献した。宮間は、「(W杯優勝は)置いておいて、おごることなく、もう1度チャレンジャーとして五輪切符をとりたい」[21] と、試合後のインタビューで答えた。

11月15日、なでしこジャパンの同僚とともに紫綬褒章、11月23日、アジアサッカー連盟の2011年度女子年間最優秀選手賞[22] を受賞。また、11月26日、3年ぶりになでしこリーグベストイレブンに選出された[23]

なでしこジャパンの新主将

2011年のFIFA最優秀選手賞FIFAバロンドール)選考委員会において、宮間が12.18%のポイントを獲得し4位に入った。なお、各国代表の主将や監督及びサッカー専門記者の投票により同賞を獲得した澤穂希自身は、宮間に1票を投じた[要出典]

2012年1月3日、BS朝日の番組『勝負の瞬間』の二宮清純によるインタビューに対して、ロンドンオリンピックにおけるなでしこジャパンの勝敗が、日本の「女子サッカーの未来を左右すると思っている」と、その意気込みを語った。また、1月4日、作家の後藤正治(神戸夙川学院大学教授)による年頭インタビューに対して、サッカーに関し、「技術・戦術はとても大切ですが、実力差を超える結果を出しやすい唯一のスポーツではないかと思います。それを成し遂げるために仲間と努力していく、というのか私を惹きつけて離さない最大の魅力」[24] だと答えている。

2月10日、監督の佐々木則夫から、澤の後任としてチーム主将に指名され[10][25]、ポルトガル南部で行われるアルガルベカップ2012[26]に臨んだ。佐々木は、なでしこジャパンにおける宮間の役割を、こう述べている。「宮間はサッカーに対する情熱も理論もチーム屈指であり、プレーでも言葉でもチームを勇気づけることができる。仲間思いで、気配りも隅々まで行き届いている。宮間は、キャプテンという肩書が加わったからといって、みんなに対する態度を変えたりはしなかった。自分だけが特別なのではなく、『みんなで一つのチーム』というスタンスで、今もチームメイトに接している」[27]。また、宮間自身は「みんなが自分を出せる雰囲気をつくっていけたら」と抱負を語った[10]

この人選に関して、同僚の安藤梢FCR2001デュースブルク)は、「あやは前からチームの中心で違和感もない」[28] と指摘した。

決勝進出をかけた第3戦アメリカ戦は、澤穂希が体調不良で欠場し苦戦が予想されたが、途中出場した高瀬愛実にコーナーキックで絶妙なボールを送り、米国への歴史的な勝利(1勝4分21敗)を演出した。澤の後継者としてキャプテンシーを発揮し、通常は優勝チームから選出される大会MVPを獲得[29]。優勝を逸したことに関しては「自分の力不足」[30] とし、「自分たちの足元を見つめ直すいい機会になったと思う」[31] と述べた。4月8日に行われた、キリンチャレンジカップ2012のブラジル戦では、4点の内の「3点に絡む活躍」で、「澤穂希に代わる大黒柱として日本を引っ張った」[32]

雑誌『月刊少年ライバル』(講談社)の6月号に「魅せろ!なでしこJAPAN 宮間あや物語」が掲載される[33]。宮間の故郷にある大網白里町アリーナで「宮間あや選手を応援する会」(会長・内山清)が発足[34]

5月14日、U-20女子W杯の大会アンバサダーに選出される[35]

ロンドン五輪での活躍

初戦のカナダ戦の前に円陣を組んだ際、宮間は「みんなに大切な思いがあって、大切な人もいる。6試合をお互いのために戦おう」[36] と檄を飛ばした。

8月7日に行われた準決勝戦において、フリーキックによって2ゴールの起点を作り、フランスへの勝利を決定した[37]。フランスのGKを誘い出したフリーキックは、「ぶれ球ならGKのキャッチミスかDFのヘディングミスが起きる」 [38] と見越した末に選んだプレーだった。試合後、決勝戦で対決する米国の代表的メディアの一つNBCニュースは、在米時代の同僚だった仏代表のカミーユ・アビリーを宮間が慰める写真を掲げ、「優れたスポーツ選手でありながら真のスポーツマンシップをも見せた」[39] と称えた。

アメリカとの決勝戦を終えた後の談話で、「チーム一丸となってやり切れたことを誇りに思っている。結果は銀だったが、お互いを信じてやってこられた。みんなに感謝している」と同僚への感謝を口にした[40]。大会を通じて、名実ともの澤穂希の後継者となった宮間について、澤は、背番号10は「いずれ宮間につけてほしい」と語っていた[41]

大網白里市の歌手・ヨーデル渡辺によって、宮間の応援歌『海を越えて』が作られた[42]

また、ロック歌手の石田美穂子によって、宮間の応援歌『君という花』が作られた[43]

帰国の翌日に所属チームの岡山湯郷ベルの練習に参加していた宮間は、「銀になり、期待を裏切ったと思ったが、温かい言葉をかけてもらい安心した」[44] と語った。岡山県の石井正弘知事は、福元美穂選手とともに、W杯から2回目になる県民栄誉賞を授与することを決定した[45]

新たなる飛躍に向けて

11月29日、アジア・サッカー連盟(AFC)は2012年の年間表彰式を行い、日本女子代表主将のMF宮間あやを2年連続2度目の女子の最優秀選手に選出した[46]

2013年になると、フランスの名門サッカー・チーム「パリ・サン=ジェルマン」のファリド・ベンティティ監督が宮間の獲得に意欲を見せた[47]。2月7日、同僚の福元美穂とともに「岡山スポーツ賞」を受賞した[48]

2014年5月、ベトナムで開催された2014 AFC女子アジアカップではアジアカップ初優勝を達成し、大会MVPを受賞した。

2016年、リオデジャネイロオリンピックのサッカー女子アジア最終予選の日本代表メンバーに選出されたが、チームは予選3位となり五輪出場権を逃した[49][50]

プレースタイル

FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会において、日本チームが唯一敗戦を喫したイングランド戦の前日、FIFAによるインタビューに対し、イングランド代表選手のケリー・スミスは、宮間について以下のように述べ、攻守の流れを読む力と絶妙なパスワーク、そして巧みな試合運びを指摘している。

「とても才能あるサッカー選手。技術面でとても優れていて、 卓越した試合運びで良いパスを通し、身のこなしが素早いのです。足を止めた時がとりわけ脅威で、彼女がつぎにどう動くかわからないのです。彼女は自分の思うところに自在にボールを打つことができます。彼女がプレーしているのを見るのは楽しみです … 対戦相手の時でなければの話ですが!」[51]

— 英国代表ケリー・スミスによる宮間あや評

試合では、精確なパサーとしてアシストすることが多い。「そこに蹴るだけなら大体いける」という精度の高いのキックの原点は、関東選抜に選ばれた小学6年生の時に木村和司(元・横浜マリノス監督)が披露したFKにある。この時宮間は、「枠の外を狙って打て」と伝授された。読売メニーナに所属していた中学時代には、同じ敷地内で練習していたラモス瑠偉のFK練習を間近に見てイメージを膨らませた[52]

「両足で蹴れるし、キックの精度が高い。セットプレーでは、自分はボールに体をあてるだけでいい」[53]澤穂希が評する、キッカーとしての卓越した能力から、日本女子代表の試合の場合、フリーキックやコーナーキックを任されることが多い。

左右どちらでも蹴り分けられることに関しては、「母はバスケットをしていたのですが、私が左でうまく蹴れないのを見て、『バスケットならどちらの手でもドリブルできるよ』と言われたことが悔しくて、それがきっかけで左右平等に蹴られるようになった」[54] としている。

海外の気になる選手はという質問に対しては、「イニエスタシャビはトップスピードのなかで正確なプレイができますから、そういうのを見習いたいなとは思います」[55] と述べている。

ロンドン五輪の予選で対戦したオーストラリアのトム・サンマーニ監督は、「非常に素晴らしい選手。とてもクレバーで、ゲームのセンスがある。誰よりも試合を先に読んでいる。いつもスペースを見つけ出すし、ボールを見逃さない。ピッチ上で誰よりも一歩先を読んでいる選手」[56] と、宮間を評している。

ゲーム全体を俯瞰する確かな判断力とチーム内での調整役的な働きから、「なでしこの司令塔」「なでしこジャパンの頭脳」[57] などと呼ばれている。

語録

  • 「朝、目が覚めた時、もしその日一番やりたいことがサッカーじゃなかったら、私はその日に引退する」[58] … ジャーナリストの江橋よしのりに語った言葉。
  • 「私が今あるのは、岡山の皆さんのおかげです。それに、早く温泉につかりたいから」[59] … 2011年のW杯優勝後、番組出演のオファーをすべて断り岡山に帰った時の言葉。
  • 「得たのは “最高の仲間” で、それ以外は自分の中では特に変わってないです」[60] … 2012年の年頭番組でW杯優勝の感想を聞かれた時の言葉。
  • 「下手な選手がいるなら、巧くなれるように助けてあげればいい。私は、試合には勝ちたいけれど、ただ強いだけのチームに入ってチャンピオンになりたいとは思わない。『一緒に戦いたい』と思える仲間がいるチームで、日本一を目指したい」[61]
  • 「私は、『辛かった』と、ひとことも言ったことはないんです。だって、サッカーは仕事なんですよ。『仕事が辛い』って言っているのは、ダサいじゃないですか?」[62]
  • 「私には私の夢があるように、夢や目標は一人ひとり違うもの。ですから、いまやりたいことが見つからなくても焦らなくていいんじゃないかな。深く考え込まず に、まずは自分が笑顔で過ごすにはどうすればいいのか、何をしていると笑顔になれるかを考えてみて欲しい。その中からふと答えが見つかるかもしれません」[63]
  • 「やっぱり相手がいないと試合できないですから。試合中は敵ですけど、試合が終わればひとりのサッカー仲間ですし。そういう風に相手にも思ってもらえるような、自分たちもそういうチームでありたいと思いますし、また自分たちも相手にそういう敬意を持って戦わなきゃいけないと思っています」[64]… 2011年W杯優勝後米国チームの健闘を称えたことに関して松原渓に語った言葉。
— 宮間あや語録

人物

  • 「彼女は小学5年生の時から『世界一になる』って言っていたんですが、それが冗談に聞こえませんでした。そして、一緒に生活するうちに、『この子は、とんでもないことをやっちゃう子なんじゃないか』と思うようになったんです」[65] … 恩師である本田美登里の言葉。
  • 「これまでもサッカーは楽しいと思ってきたが、宮間とのコンビはさらに楽しい。自分のプレーを分かってくれていることが大きい」[53] … なでしこジャパンの元主将・澤穂希の言葉。
  • 「私は同点でいい、と思っていた。あの一言で、最後まで諦めない気持ちになれた」[66] … 2011年W杯で同点打を決めた後、宮間に「澤さん、あと1点で勝てるよ」と声を掛けられた澤穂希の言葉。
  • 「試合後、彼女が歩み寄ってきた時、彼女は喜びをあらわにしていなかった。彼女はアメリカに敬意を表したかったのでしょう。なぜなら、私たちが負けてどれほど傷ついたか分かっていたから」[67] … 2011年のW杯で米国が日本に敗れた際のアメリカのGKホープ・ソロの言葉。
  • 「(宮間)あやは、W杯優勝後と一番難しい時期にキャプテンになった。それだけにいろいろ大変だったと思います」[68] … ロンドン五輪で米国への敗戦後、最初に抱き合った同僚・岩清水梓が語った言葉。
  • 「数分前まで死闘を演じた後、勝者は敗者をいたわり、敗者もまたそれを受け入れている。精根をかけて戦った後、このオリンピアン(宮間選手)は真のスポーツマンシップを見せてくれた」 [69] … ロンドン五輪のフランス戦後、ナタリア・ヒメネス記者がNBCニュースで発した言葉。
  • 「卓越した技術、なでしこサッカー主将としての理論的および精神的支柱ばかりでなく、日本の良き文化の伝道者でもある」 [70] … 数学者でエッセイストの藤原正彦の言葉。
  • 「『サッカーが好きで、この環境を自分が選んだんだから』と決して弱音は吐かなかった。試合中の苦しい時間帯に自分を犠牲にしてでもチームのために頑張る。コーチから厳しいことを言われ落ち込んだチームメートに声を掛けていた」[10] … 幕張総合高時代のサッカー部長で、U-20サッカー日本女子代表当時の監督でもあった今泉守正の言葉

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1999 NTVベレーザ L・リーグ 0 0
2000 日テレ・ベレーザ 19 6 2 -
2002 岡山湯郷Belle - - -
2003 9 L・リーグ 16 13 - 2 1 18 14
2004 10 L・リーグ2部 14 17 -
2005 L・リーグ1部 21 8 - 4 4 25 12
2006 なでしこ Div.1 17 6 - 4 0 21 6
2007 21 9 0 0 2 0 23 9
2008 21 9 - 2 1 23 10
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2009 ロサンゼルス・ソル 8 WPS 20 0 - - 20 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2009 岡山湯郷Belle 10 なでしこ Div.1 6 1 - 2 2 8 3
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2010 セントルイス・アスレティカ 6 WPS 5 0 - - 5 0
アトランタ・ビート 18 17 1 - - 17 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2010 岡山湯郷Belle 10 なでしこ 7 4 0 0 2 0 9 4
2011 16 9 - 3 1 19 10
2012 18 5 4 2 2 2 24 9
2013 18 6 10 9 3 1 31 16
2014 28 15 - 2 1 30 16
2015 なでしこ1部 24 6 - 2 1 26 7
2016 0 0 0 0
通算 日本 1部 219 93
日本 2部 14 17 -
日本 その他 - -
アメリカ WPS 42 1 - - 42 1
総通算 275 111

表彰

クラブ

日本の旗 岡山湯郷Belle

  • なでしこリーグレギュラーシリーズ優勝:1回 (2014年

個人

代表歴

主な出場歴

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2003 6 2
2004 1 2
2005 9 2
2006 17 3
2007 17 6
2008 18 4
2009 1 1
2010 17 2
2011 18 4
2012 16 3
2013 7 1
2014 17 4
2015 13 4
2016 5 0
通算 162 38

(2016年3月9日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2003年6月9日 タイ王国の旗 バンコク フィリピンの旗 フィリピン ○ 15-0 2003 AFC女子選手権
2. 2003年7月22日 日本の旗 仙台 韓国の旗 韓国 ○ 5-0 日・韓・豪3ヶ国対抗国際女子サッカー大会
3. 2004年12月18日 日本の旗 東京 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 11-0 キリンチャレンジカップ2004
4.
5. 2005年3月29日 オーストラリアの旗 ミランダ オーストラリアの旗 オーストラリア ● 1-2 親善試合
6. 2005年5月21日 日本の旗 東京 ニュージーランドの旗 ニュージーランド ○ 6-0 キリンチャレンジカップ2005
7. 2006年7月23日 オーストラリアの旗 アデレード 中華人民共和国の旗 中国 ○ 1-0 2006 AFC女子アジアカップ
8. 2006年11月23日 ドイツの旗 カールスルーエ ドイツの旗 ドイツ ● 3-6 親善試合
9. 2006年11月30日 カタールの旗 ドーハ ヨルダンの旗 ヨルダン ○ 13-0 第15回アジア競技大会
10. 2007年2月12日 キプロスの旗 ラルナカ スウェーデンの旗 スウェーデン △ 2-2 親善試合
11. 2007年3月10日 日本の旗 東京 メキシコの旗 メキシコ ○ 2-0 2007 FIFA女子ワールドカップ・予選
12. 2007年6月10日 韓国の旗 富川 韓国の旗 韓国 △ 2-2 北京オリンピック・アジア最終予選
13. 2007年8月4日 ベトナムの旗 ハイフォン ベトナムの旗 ベトナム ○ 8-0
14. 2007年9月11日 中華人民共和国の旗 上海 イングランドの旗 イングランド △ 2-2 2007 FIFA女子ワールドカップ
15.
16. 2008年2月18日 中華人民共和国の旗 重慶 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 ○ 3-2 東アジアサッカー選手権2008
17. 2008年6月2日 ベトナムの旗 ホーチミン オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 3-1 2008 AFC女子アジアカップ
18. 2008年6月8日 オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 3-0
19. 2008年8月6日 中華人民共和国の旗 秦皇島 ニュージーランドの旗 ニュージーランド △ 2-2 北京オリンピック
20. 2009年11月14日 日本の旗 さいたま ニュージーランドの旗 ニュージーランド ○ 2-1 親善試合
21. 2010年2月6日 日本の旗 東京 中華人民共和国の旗 中国 ○ 2-0 東アジア女子サッカー選手権2010
22. 2010年5月20日 中華人民共和国の旗 成都 ミャンマーの旗 ミャンマー ○ 8-0 2010 AFC女子アジアカップ
23. 2011年3月2日 ポルトガルの旗 サント・アントニオ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ● 1-2 アルガルヴェ・カップ2011
24. 2011年6月18日 日本の旗 松山 韓国の旗 韓国 △ 1-1 2011 FIFA女子ワールドカップ壮行試合
25. 2011年6月27日 ドイツの旗 ボーフム ニュージーランドの旗 ニュージーランド ○ 2-1 2011 FIFA女子ワールドカップ
26. 2011年7月17日 ドイツの旗 フランクフルト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 △ 2-2(PK 3-1)
27. 2012年4月5日 日本の旗 神戸 ブラジルの旗 ブラジル ○ 4-1 キリンチャレンジカップ2012
28. 2012年7月11日 日本の旗 東京 オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 3-0
29. 2012年7月25日 イギリスの旗 コヴェントリー カナダの旗 カナダ ○ 2-1 ロンドンオリンピック
30. 2013年9月26日 日本の旗 千葉 ナイジェリアの旗 ナイジェリア ○ 2-0 親善試合
31. 2014年3月5日 ポルトガルの旗 パルシャル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 △ 1-1 アルガルヴェ・カップ2014
32. 2014年3月10日 ポルトガルの旗 ファロ スウェーデンの旗 スウェーデン ○ 2-1
33. 2014年9月18日 韓国の旗 仁川 ヨルダンの旗 ヨルダン ○ 12-0 第17回アジア競技大会
34. 2014年10月1日 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 ● 1-3
35. 2015年3月11日 ポルトガルの旗 ファロ アイスランドの旗 アイスランド ○ 2-0 アルガルヴェ・カップ2015
36.
37. 2015年6月8日 カナダの旗 バンクーバー スイスの旗 スイス ○ 1-0 2015 FIFA女子ワールドカップ
38. 2015年7月1日 カナダの旗 エドモントン イングランドの旗 イングランド ○ 2-1

脚注

注釈

  1. ^ 読売サッカークラブに所属し与那城ジョージなどとプレーしていた、とする資料もある[3]

出典

  1. ^ a b 『毎日新聞』千葉版、2011年7月21日付。
  2. ^ a b サッカー日和ですね、若い頃なら、じっとしていられないはずだが?”. 宮間文夫 オフィシャルブログ (2011年6月26日). 2012年8月12日閲覧。
  3. ^ 真田明「宮間あや」、『RONSPO』2011年10月増刊号、22頁。
  4. ^ 「永遠のサッカー少女」という章題は、『産経新聞』の奥山次郎による記名記事「〝永遠のサッカー少女〟世界が尊敬」(2012年8月11日付)による。
  5. ^ cf. 宮間あや「気負わず感じたまま、今を生きる」
  6. ^ 『週刊 サッカー・ダイジェスト』2011年10月1日増刊号、34頁。
  7. ^ a b 『なでしこの誓い 世界一の心のきずな物語』ISBN 9784052035203、学研教育出版、2012年10月16日、111-129頁
  8. ^ 「女子サッカー日本代表 宮間あや 地元・岡山を愛する『陰のMVP』」『産経新聞』2011年7月22日付。
  9. ^ この退団の経緯に関する詳細に関しては、外部リンクの『ボールを見つけると、どこでもサッカーしちゃう』参照。
  10. ^ a b c d e f 『中国新聞』2012年8月11日付
  11. ^ cf.「なでしこジャパンの湯郷温泉」(2011年7月27日付)
  12. ^ “Goal of the Tournament” in FIFA, 2007.
  13. ^ なでしこリーグ2007 『サポーターが選ぶMVP』受賞記念インタビュー日本女子サッカーリーグ公式サイト)。
  14. ^ 「女俊輔」なでしこMF宮間が米移籍nikkansports.com 2016年3月10日閲覧。
  15. ^ “WPS Players Profile Aya Miyama”, womensprosoccer.com
  16. ^ cf. 新報道2011「日本人の誇りを取り戻せ」フジテレビ、8月7日放映。藤原正彦 「世界が認めた日本女性 なでしこ列伝 宮間あや」(講談社『FRAU』2011年12月号)。
  17. ^ cf. “The force was strong with Japan, says USA goalkeeper Hope Solo” in The Gurdian, 18 July 2011.
  18. ^ 「大網白里町が栄誉賞創設、宮間選手に贈るため」『読売新聞』2011年7月21日付。
  19. ^ 「なでしこ宮間・丸山選手に千葉県民栄誉賞」『読売新聞』2011年7月21日付。
  20. ^ 宮間、丸山両選手に千葉県民栄誉賞 「大和魂みせてくれた」と森田知事」『産経新聞』2011年7月21日付。
  21. ^ なでしこ大苦戦、宮間緊急投入/五輪予選『日刊スポーツ』2011年9月2日付。
  22. ^ 「支えてくれた人のおかげ」AFC女子MVP 湯郷ベル・宮間選手『読売新聞』11月25日付。
  23. ^ 「プレナスなでしこリーグ2011/プレナスチャレンジリーグ2011」表彰式受賞者発表日本女子サッカーリーグ公式サイト)。
  24. ^ cf. 後藤正治 「敗者を思いやる日本的美徳」『産経新聞』2012年1月4日付。
  25. ^ cf. 「五輪も任せた!なでしこ主将は宮間」『日刊スポーツ』2012年2月10日付。
  26. ^ cf. アルガルベカップ2012
  27. ^ 佐々木則夫 『なでしこ力 次へ』、198-199頁。
  28. ^ cf. 大島祥平「女子サッカーの強豪が集う国際大会アルガルベ杯に出場する日本代表」(『毎日新聞』2012年2月28日付)
  29. ^ cf. 初ボランチ宮間MVP獲得「誇り持ちたい」
  30. ^ cf. 宮間MVPも力不足を反省/アルガルベ杯
  31. ^ cf. 宮間あや「個人の賞にはあまり興味がない」
  32. ^ 『報知新聞』2012年4月6日付。
  33. ^ cf. 笠原巴他著 『なでしこジャパン物語 宮間あや 安藤梢 鮫島彩 (ライバルKC』講談社、2012年 ISBN 978-4063802269
  34. ^ 『千葉日報新聞』2012年4月17日付
  35. ^ 『日刊スポーツ』2012年5月14日付。
  36. ^ 『サンスポ』(2012年7月26日付)
  37. ^ 吉田純哉「宮間 FKの女神 -- 逆境救う2G呼ぶ」、『朝日新聞』2012年8月7付夕刊。
  38. ^ 奥山次郎「なでしこ負けじ魂 -- 宮間FK2ゴールの起点」(『産経新聞』2012年8月8日付)
  39. ^ Natalia Jimenez, A moment of true sportsmanship, as Japan consoles a defeated France (英語) PHOTO BLOG on NBCNEWS.com 2012.8.7付
  40. ^ 宮間が泣いた…なでしこをまとめた主将、敗戦の瞬間に感情爆発」、『スポニチ』2012年8月10日付。
  41. ^ 「今後について慎重 … 宮間 まずは温泉に入りたい」(『スポニチ』2012年8月9日付)
  42. ^ 「宮間へ応援 最後まで…なでしこ『銀』(『読売新聞』2012年8月11日付)」
  43. ^ 石田ミホコ なでしこ宮間から感謝」(『デイリースポーツ』2012年8月19日付)
  44. ^ 池内亜紀「なでしこ銀『すべてをかけて戦った』」(『読売新聞』2012年8月14日つ)
  45. ^ 宮間、福元 美作の星」(『読売新聞』岡山版、2012年8月11日付)
  46. ^ 宮間2度目のMVP!チームはなでしこも!」(『サンスポ』2012年11月30日付)
  47. ^ 『おおさか報知』2013年1月15日付。
  48. ^ 『山陽新聞』2013年2月7日付。
  49. ^ なでしこ、宮間や大儀見ら20人選出 五輪最終予選 日本経済新聞、2016年3月3日閲覧。
  50. ^ なでしこ、ベトナムに快勝も五輪出場ならず アジア最終予選 日本経済新聞、2016年3月8日閲覧。
  51. ^ “Myama et Smith recroisent le fer” in FIFA, lundi 4 juillet 2011.
  52. ^ 「宮間『ブレ球』魔球FK!木村和司氏直伝、百発百中キック…サッカー女子」(『スポーツ報知』2012年8月6日付)
  53. ^ a b 清水寿之「走る。栄冠の咲くへ」、『朝日新聞』2011年9月30日付。
  54. ^ 「敗者を思いやる日本的美徳」、『産経新聞』2012年1月4日付。
  55. ^ * 松原溪 「宮間あやインタビュー『イニエスタやシャビを見習いたい』」Sportiva, 2011年11月5日付。
  56. ^ 宮間を絶賛する豪女子監督」、『サッカーキング』2012年7月11日付
  57. ^ 『サッカー・マガジン』なでしこジャパン特集号、2011年10月1日、12頁。
  58. ^ 『世界一のあきらめない心』小学館、2011年、185頁。
  59. ^ 久保武司「女子サッカー日本代表 宮間あや 地元・岡山を愛する『陰のMVP』」『産経新聞』2011年7月11日付。
  60. ^ cf. テレビ東京 “Go Foward“ 2012年1月5日放送分
  61. ^ 『週刊 サッカー・ダイジェスト』2011年10月1日増刊号、35頁。
  62. ^ 真田明「宮間あや」、『RONSPO』2011年10月増刊号、23頁。
  63. ^ 宮間あや 「自分らしく」『進路新聞』2011年10月10日付。
  64. ^ 松原溪『日本女子サッカーが世界と互角に戦える本当の理由』東邦出版、2012年、96頁。
  65. ^ 『週刊 サッカー・ダイジェスト』2011年10月1日増刊号、34-35頁
  66. ^ 清水寿之「『諦めない心』後輩が点火」『朝日新聞』2012年7月10日付
  67. ^ Late Show with David Letterman on CBS, July 19 2011.
  68. ^ 文藝春秋『Number』8/24臨時増刊号、24頁。
  69. ^ 全米、なでしこ宮間を絶賛!『真のスポーツマンシップ』を感じさせた瞬間」SankeiBiz、2012年9月6日発
  70. ^ 「管見妄語」『週刊新潮』(10月4日号)

関連項目

参考文献

外部リンク