2003 AFC女子選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2003 AFC女子選手権
大会概要
開催国 タイ王国の旗 タイ
日程 2003年6月8日 - 6月21日
チーム数 14 (1連盟)
開催地数 (2都市)
大会結果
優勝  北朝鮮 (2回目)
準優勝  中国
3位  韓国
4位  日本
大会統計
試合数 30試合
ゴール数 184点
(1試合平均 6.13点)
 < 20012006

2003 AFC女子選手権: 2003 AFC Women's Championship, Thailand 2003)は、2003年6月8日から6月21日にかけて、タイで開催された第14回目のAFC女子選手権(現:AFC女子アジアカップ)である。アジアサッカー連盟(AFC)の女子サッカーナショナルチームにより競われ、2003 FIFA女子ワールドカップのアジア予選を兼ねて行われた。

概要[ソースを編集]

当初、14ヶ国により4月17日からの開催を予定していたが、アジア各地における重症急性呼吸器症候群(SARS)の蔓延に伴い6月に延期。同じ理由により2003 FIFA女子ワールドカップの開催国が中国からアメリカ合衆国に変更となった。

2003 FIFA女子ワールドカップにおけるアジアの出場枠は、開催国枠(当初予定の開催国である中国に与えられた)を除いて2.5であり、上位2チームは自動的に本大会に進出、3位のチームは北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)のチームとのプレーオフ(2003 FIFA女子ワールドカップ・予選#大陸間プレーオフを参照)へ回ることとされていた。このため、北朝鮮と韓国が本大会出場権を獲得、日本がプレーオフに回ることとなった。

開催方式[ソースを編集]

14カ国が参加して行われたこの大会は、まず3つのグループリーグ戦を行い、各組の1位3チーム(北朝鮮、日本、中国)と2位チームのうちで最も成績のよいチーム(韓国)により決勝トーナメントを行った。 決勝トーナメントでは北朝鮮と中国の2強が他チームを圧倒する強さを見せて決勝で対決。延長戦の末、北朝鮮が優勝した。

結果[ソースを編集]

グループリーグ[ソースを編集]

グループ A[ソースを編集]

チーム
1  北朝鮮 4 3 1 0 45 2 +43 10
2  韓国 4 3 1 0 20 2 +18 10
3  タイ 4 2 0 2 6 21 −15 6
4  香港 4 1 0 3 2 24 −22 3
5  シンガポール 4 0 0 4 0 24 −24 0

















グループ B[ソースを編集]

チーム
1  日本 4 4 0 0 34 0 +34 12
2  ミャンマー 4 2 1 1 11 8 +3 7
3  チャイニーズタイペイ 4 2 1 1 7 7 0 7
4  フィリピン 4 1 0 3 2 26 −24 3
5  グアム 4 0 0 4 2 15 −13 0

















グループ C[ソースを編集]

チーム
1  中国 3 3 0 0 29 0 +29 9
2  ベトナム 3 2 0 1 6 9 −3 6
3  インド 3 1 0 2 7 14 −7 3
4  ウズベキスタン 3 0 0 3 2 21 −19 0











決勝トーナメント[ソースを編集]

準決勝 決勝
           
6月19日 -    
  北朝鮮 3
  日本 0  
  6月21日 -
  北朝鮮 (aet) 2
    中国 1
 
3位決定戦
6月19日 - 6月21日 -
  中国 3   日本 0
  韓国 1     韓国 1

準決勝[ソースを編集]




3位決定戦[ソースを編集]



決勝[ソースを編集]



優勝国[ソースを編集]

 2003 AFC女子選手権優勝国 

北朝鮮
2大会連続2回目

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]