この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

阪口夢穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阪口 夢穂 Football pictogram.svg
名前
愛称 みずほ、みーちゃん
カタカナ サカグチ ミズホ
ラテン文字 SAKAGUCHI Mizuho
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-10-15) 1987年10月15日(30歳)
出身地 大阪府堺市(現・堺市北区
身長 165cm
体重 56kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 日テレ・ベレーザ
ポジション MF
背番号 20
利き足 右足
ユース
下野池JSC
サウスフリーウィンドFC
200?-2004 ラガッツァ高槻スペランツァ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 日本の旗 スペランツァF.C.高槻 21 (7)
2005 日本の旗 FC VITORIA - (-)
2006-2008 日本の旗 TASAKIペルーレFC 56 (15)
2009 アメリカ合衆国の旗 FCインディアナ 2 (1)
2010-2011 日本の旗 アルビレックス新潟L 28 (10)
2012- 日本の旗 日テレ・ベレーザ 114 (41)
代表歴2
2006- 日本の旗 日本 124 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年10月7日現在。
2. 2018年4月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

阪口 夢穂(さかぐち みずほ、1987年10月15日 - )は、大阪府堺市(現・堺市北区)出身[1]女子サッカー選手。日テレ・ベレーザ所属。サッカー日本女子代表。ポジションはミッドフィールダー。実兄はchaqqのドラム担当の阪口憂也。

来歴

ユース時代〜クラブ時代

堺市立五箇荘東小学校堺市立五箇荘中学校[2]大阪府立東百舌鳥高等学校[3]。7歳から下野池少年サッカースクールでサッカーを始め、サウスフリーウィンドFCを経て、スペランツァFC大阪高槻の下部組織であったラガッツァFC高槻スペランツァに入団。

2003年、ラガッツァ所属のままトップチームのスペランツァにも登録され、5月11日に行われたL・リーグ開幕戦 (対戦相手: 田崎ペルーレ)に先発出場。第2節の伊賀FCくノ一戦で初ゴールをあげるなど9試合に出場した。同年度のU-18大阪府選抜に選出されて全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会に出場した (決勝戦で静岡県選抜に破れ、準優勝の成績で同大会を終えた)。

2004年7月11日、宝塚バニーズレディースサッカークラブ戦でハットトリックを記録した。

ラガッツァFC高槻の選手およびスタッフがスペランツァから独立し、FC VITORIAを設立した際、阪口もそれに追随する形でスペランツァを離れた。

2006年、なでしこリーグTASAKIペルーレFCに入団。リーグ戦では加入初年度からレギュラーとして試合に出場した。なでしこスーパーカップ (対戦相手: 日テレ・ベレーザ) でも後半途中から出場機会を得た。

2006年12月、第28回全日本女子サッカー選手権大会・準決勝浦和レッドダイヤモンズ・レディース戦においてPK戦まで試合がもつれ込んだ際に急遽GKを務め、3連続セーブの好守を見せ同試合の勝利に貢献した[4]

2008年限りで所属クラブのTASAKIペルーレが休部[5]

2009年、アメリカUSL WリーグFCインディアナへ移籍した[6]。Wリーグの開幕戦では1得点1アシストとチームの勝利に貢献したが[7]、男子チームとの練習中に左膝の前十字靭帯を断裂する大怪我を負い、全2試合の出場にとどまった[8]

2010年、アルビレックス新潟レディースの選手として日本復帰することとなった[9]

2012年、日テレ・ベレーザへ移籍[10][11]、プロ契約選手となった[12][13]。同年12月、練習中に右膝半月板を損傷し、全治約2カ月の診断を受けた[14]

2015年11月、日テレ・ベレーザは5年ぶりのリーグ優勝を果たし、自身初の最優秀選手賞に選出された[15][16]

2017年シーズン、日テレ・ベレーザのなでしこリーグ3連覇に貢献し、史上初となる3年連続での最優秀選手賞を受賞した[17][18]

日本代表

2001年9月清水ナショナルトレーニングセンター(J-Step)で行われたU-16日本女子ユース選抜候補に招集され、トレーニングキャンプに参加した[19]

2003年1月、U-18日本女子代表候補トレーニングキャンプに招集された[20]

2005年1月、U-19日本女子代表候補トレーニングキャンプに招集され、その後はU-18日本女子代表チームの一員として試合に出場。

2006年1月、なでしこジャパン候補トレーニングキャンプメンバーに初招集された。同年7月、AFC女子アジアカップに出場する日本代表メンバーに選出され[21]、A代表初招集となった。代表デビュー戦となった7月19日のベトナム戦で、後半から出場し2得点を挙げた[22]

2007年、FIFA女子ワールドカップ 中国大会の日本代表メンバーに選出されたが、出場機会を得ることはできなかった[23]

2008年の北京オリンピック直前に当時の代表監督であった佐々木則夫により、長年コンビを組むことになる澤穂希と一緒にボランチへとコンバートされた[24][25]。この大会ではグループリーグ・決勝トーナメントの全試合に先発出場し、日本は4位で大会を終えた[26]

2011年7月、FIFA女子ワールドカップ ドイツ大会ではボランチとして全試合スタメン出場し、日本のワールドカップ初優勝に貢献した。決勝アメリカ戦は延長でも決着が付かずPK戦にもつれ込み、阪口は日本の3番目のキッカーとしてPKを決めた[27]

2012年、ロンドンオリンピックでは全試合に出場し、準決勝フランス戦で2点目となるゴールを決めるなど銀メダル獲得に貢献した[28]

2015年、女子W杯カナダ大会の決勝トーナメント1回戦オランダ戦で1ゴールを挙げ、チームの2-1の勝利に貢献した[29]。後半33分、相手ゴール前で大儀見のヒールパス、宮間の折り返しを岩渕がスルーし阪口が左足で決めたこのゴールは、FIFAによる大会最優秀ゴールの候補にもなり[30]、海外メディアからも絶賛された[31]

2016年、リオデジャネイロオリンピックのサッカー女子アジア最終予選の日本代表メンバーに選出されたが、チームは予選3位となり五輪出場権を逃した[32][33]。同年4月、佐々木則夫に替わり高倉麻子が代表監督に就任してからは、背番号10番を背負うことになった[34]

2018年4月、ヨルダンで行われた2018 AFC女子アジアカップ2019 FIFA女子ワールドカップ予選)のグループリーグ第3戦オーストラリア戦で後半18分に先制となるゴールを決め、試合は最終的に1-1で引き分けたが、規定により5位までに与えられる2019年フランス大会の出場権を獲得した[35]

所属クラブ

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2003 スペランツァF.C.高槻 24 L・リーグ 9 1 - 0 0 9 1
2004 17 L・リーグ1部 (L1) 12 6 - 0 0 12 6
2006 TASAKIペルーレFC 10 なでしこ Div.1 16 4 - 4 1 20 5
2007 20 7 0 0 4 0 24 7
2008 20 4 - 3 0 23 4
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2009 FCインディアナ 20 USL Wリーグ 2 1 - - 2 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2010 アルビレックス新潟
レディース
20 なでしこ 12 4 4 3 3 0 19 7
2011 16 6 - 4 1 20 7
2012 日テレ・ベレーザ 10 2 4 1 0 0 14 3
2013 17 6 9 4 2 1 28 11
2014 28 13 - 4 0 32 13
2015 なでしこ1部 23 10 - 4 0 27 10
2016 18 7 8 3 4 1 30 11
2017 18 3 6 2 5 3 29 8
通算 日本 1部※ 219 73 31 13 37 7 287 93
アメリカ Wリーグ 2 1 - - 2 1
総通算 221 74 31 13 37 7 289 94

※2部制移行前(Lリーグ時代)の成績も含む。2005年は登録なし。

タイトル

クラブ

代表

個人

代表歴

選出歴等

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 7 10
2007 5 3
2008 17 1
2009 0 0
2010 4 1
2011 14 1
2012 14 1
2013 7 1
2014 17 8
2015 12 2
2016 6 0
2017 13 0
2018 8 1
通算 124 29

(2018年4月20日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2006年7月19日 オーストラリアの旗 アデレード ベトナムの旗 ベトナム ○ 5-0 2006 AFC女子アジアカップ
2.
3. 2006年7月21日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 11-1
4.
5. 2006年11月30日 カタールの旗 ドーハ ヨルダンの旗 ヨルダン ○ 13-0 第15回アジア競技大会
6.
7.
8.
9.
10. 2006年12月4日 タイ王国の旗 タイ ○ 4-0
11. 2007年2月14日 キプロスの旗 ラルナカ スコットランドの旗 スコットランド ○ 2-0 親善試合
12.
13. 2007年8月12日 日本の旗 東京 タイ王国の旗 タイ ○ 5-0 北京オリンピックアジア最終予選
14. 2008年3月10日 キプロスの旗 アカナ英語版 ロシアの旗 ロシア ○ 3-1 CYPRUS WOMEN'S CUP 2008
15. 2010年11月14日 中華人民共和国の旗 広州 タイ王国の旗 タイ ○ 4-0 第16回アジア競技大会
16. 2011年9月3日 中華人民共和国の旗 済南 大韓民国の旗 韓国 ○ 2-1 ロンドンオリンピックアジア最終予選
17. 2012年8月6日 イギリスの旗 ロンドン フランスの旗 フランス ○ 2-1 ロンドンオリンピック
18. 2013年9月26日 日本の旗 千葉 ナイジェリアの旗 ナイジェリア ○ 2-0 親善試合
19. 2014年5月18日 ベトナムの旗 ビンズオン ヨルダンの旗 ヨルダン ○ 7-0 2014 AFC女子アジアカップ
20.
21. 2014年9月13日 日本の旗 天童 ガーナの旗 ガーナ ○ 5-0 親善試合
22. 2014年9月18日 大韓民国の旗 仁川 ヨルダンの旗 ヨルダン ○ 12-0 第17回アジア競技大会
23.
24.
25. 2014年9月22日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 3-0
26. 2014年9月29日 ベトナムの旗 ベトナム ○ 3-0
27. 2015年6月23日 カナダの旗 バンクーバー オランダの旗 オランダ ○ 2-1 2015 FIFA女子ワールドカップ
28. 2015年11月29日 オランダの旗 フォーレンダム ● 1-3 親善試合
29. 2018年4月13日 ヨルダンの旗 アンマン オーストラリアの旗 オーストラリア △ 1-1 2018 AFC女子アジアカップ

主なメディア出演

CM

関連書籍

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ “堺が誇るなでしこや! 出身2選手祝い垂れ幕”. 朝日新聞デジタル. (2011年7月20日). http://www.asahi.com/sports/fb/japan/OSK201107190192.html 2015年7月2日閲覧。 
  2. ^ なでしこジャパンの阪口夢穂、田中明日菜両選手への市長表彰が決定しました堺市ホームページ、2016年4月23日閲覧。
  3. ^ 7 / 22(水) 一学期終業式1.東百舌鳥高校のnews .2015.7.24、2016年4月23日閲覧。
  4. ^ マッチレポート 第28回全日本女子サッカー選手権大会 TASAKIペルーレFC 対 浦和レッズレディースJFA公式サイト. 2006.12.29付、2018年4月15日閲覧。
  5. ^ なでしこ池田&阪口のTASAKIが休部とリーグ退会を発表ゲキサカ. 2008.10.10付、2018年4月16日閲覧。
  6. ^ TASAKIの阪口、山本が米移籍ゲキサカ. 2009.2.20付、2018年4月15日閲覧。
  7. ^ 阪口が初ゴール&アシスト/Wリーグ nikkansports.com 河崎三行「なでしこ in USA」 2009年5月18日、2018年4月15日閲覧。
  8. ^ 1人別メニューのインディアナ阪口 nikkansports.com 河崎三行「なでしこ in USA」 2009年6月27日、2018年4月15日閲覧。
  9. ^ アルビレックス新潟レディース FC INDIANAより阪口 夢穂選手 新加入のお知らせ アルビレックス新潟 公式サイト 2010年1月17日、2018年4月15日閲覧。
  10. ^ 日テレ・ベレーザ 阪口夢穂選手 加入のお知らせ東京ヴェルディ1969公式サイト、2016年4月23日閲覧。
  11. ^ 阪口夢穂 優勝するための日テレ移籍 INACに「それってずるい」スポニチ・アネックス.2012.4.14、2016年4月23日閲覧。
  12. ^ 沢の“相棒”阪口 日テレ電撃移籍…プロ契約後押しスポニチ・アネックス.2012.1.21、2016年4月23日閲覧。
  13. ^ 日テレ移籍の阪口、まずはパソコンからニッカンスポーツ. 2012.1.31付、2018年4月16日閲覧。
  14. ^ なでしこ阪口が右ヒザ手術 全治2カ月ニッカンスポーツ. 2012.10.6付、2018年4月15日閲覧。
  15. ^ 日テレの阪口、初の最優秀選手に なでしこリーグ 日本経済新聞.2015.11.10、2016年4月20日閲覧。
  16. ^ 2015年度プレナスなでしこリーグ/プレナスチャレンジリーグ表彰式 最優秀選手は阪口夢穂選手に決定!なでしこリーグ公式サイト、2016年4月20日閲覧。
  17. ^ 阪口夢穂が3年連続MVP!なでしこリーグ年間表彰式ニッカンスポーツ.2017.10.9、2017年10月15日閲覧。
  18. ^ 2017年度プレナスなでしこリーグ/プレナスチャレンジリーグ表彰式 最優秀選手は3年連続3回目の受賞、阪口夢穂選手に決定!なでしこリーグ公式サイト.2017.10.9、2017年10月15日閲覧。
  19. ^ 2001年女子日本代表メンバー 蒼き鴉と緑の騎士 2010.1.8 05:02 (UTC) 閲覧、データ元: JFA公式サイト 2001.9.12付ニュースリリース (URL不明)
  20. ^ U-18日本女子代表候補トレーニングキャンプについてJFA公式サイト. 2003.1.28付、2018年4月15日閲覧。
  21. ^ なでしこジャパン(日本女子代表チーム)メンバー AFC女子アジアカップ オーストラリア2006(FIFA女子ワールドカップ中国2007予選)JFA公式サイト. 2006.7.3付、2018年4月15日閲覧。
  22. ^ 【AFC女子アジアカップ オーストラリア2006】なでしこジャパンvsベトナム女子代表 本日の試合結果(06.07.19)Jリーグ.jp、2016年4月23日閲覧。
  23. ^ 【連載】「素顔のなでしこたち」vol.2:阪口夢穂(後編)ゲキサカ. 2011.11.27付、2018年4月15日閲覧。
  24. ^ “沢の相棒”阪口夢穂の素顔に迫るデイリースポーツ.2012.5.4、2016年4月20日閲覧。
  25. ^ 澤穂希の軌跡(1)阪口夢穂とだからこそできた、「驚きのダブルボランチ」WebSportiva、2016年4月20日閲覧。
  26. ^ なでしこがドイツに敗れ銅逃す/サッカーニッカンスポーツ. 2008.8.22付、2018年4月16日閲覧。
  27. ^ なでしこ、PK戦を制してワールドカップ優勝! FIFA女子ワールドカップドイツ2011 決勝(vsアメリカ)マッチレポートJFA公式サイト. 2011.7.18付、2018年4月16日閲覧。
  28. ^ なでしこ、フランス破り決勝進出 初のメダル確定朝日新聞.2012.8.7、2016年4月23日閲覧。
  29. ^ なでしこジャパン、オランダ戦勝利でベスト8進出 ~FIFA女子ワールドカップ R16~JFA公式サイト. 2015.6.24付、2018年4月17日閲覧。
  30. ^ 女子W杯ベストゴール なでしこの鮮やかなパスワークは3位に選出SOCCER MAGAZINE ZONE. 2015.7.14、2016年4月20日閲覧。
  31. ^ カナダTV局が選んだベストゴールはオランダ戦阪口の一撃 “最悪の瞬間”はイングランドOGZAKZAK.2015.7.6、2016年4月20日閲覧。
  32. ^ なでしこ、宮間や大儀見ら20人選出 五輪最終予選 日本経済新聞、2016年3月3日閲覧。
  33. ^ なでしこ、ベトナムに快勝も五輪出場ならず アジア最終予選 日本経済新聞、2016年3月8日閲覧。
  34. ^ 阪口夢穂が背番10、高倉監督「最高峰の選手」ニッカンスポーツ. 2016.5.20付、2018年4月16日閲覧。
  35. ^ 【なでしこ】阪口、値千金の一発!1―1ドローで8大会連続W杯決定スポーツ報知. 2018.4.14付、2018年4月15日閲覧。
  36. ^ JALの新CMになでしこが登場…空港で華麗な“見えない”パス回し披露”. サッカーキング (2015年5月2日). 2015年5月8日閲覧。

外部リンク