サンフレッチェ広島F.Cの年度別成績一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンフレッチェ広島F.C > サンフレッチェ広島F.Cの年度別成績一覧

サンフレッチェ広島F.Cの年度別成績一覧(サンフレッチェひろしまのねんどべつせいせきいちらん)では、サンフレッチェ広島F.Cの各年度ごとの成績を詳述する。

年度別成績[編集]

凡例

  • 太字はリーグ、カップ戦優勝
  • 表中の略記・着色セルの内訳は以下の通り
リーグ、カップ戦優勝 リーグ、カップ戦準優勝 リーグ、カップ戦3位
J日本プロサッカーリーグ J1Jリーグ ディビジョン1 J2Jリーグ ディビジョン2 天皇杯天皇杯全日本サッカー選手権大会 Jリーグ杯Jリーグカップ
ゼロックス杯FUJI XEROX SUPER CUP入替戦J1・J2入れ替え戦 ACLAFCチャンピオンズリーグ FCWCFIFAクラブワールドカップ

リーグ戦[編集]

年度 所属 順位 試合 勝点 勝利 敗戦 引分 得点 失点 他公式戦 監督
年間
(チーム数)
ステージ
1993 J サントリー 5位
(10)
6位 18 - 9 9 - 23 24 - イングランドの旗 バクスター
J ニコス 5位 18 - 9 9 - 31 25
1994 J サントリー 2位
(12)
優勝 22 - 17 5 - 44 26 チャンピオンシップ
準優勝
J ニコス 4位 22 - 12 10 - 27 31
1995 J サントリー 10位
(14)
10位 26 39 13 13 - 39 33 - オランダの旗 ヤンセン
J ニコス 12位 26 28 9 17 - 28 43
1996 J 14位 (16) 30 30 10 20 - 36 60 -
1997 J 1st 12位
(17)
10位 16 21 8 8 - 22 23 - スコットランドの旗 トムソン
J 2nd 13位 16 15 5 11 - 21 27
1998 J 1st 10位
(18)
13位 17 19 7 10 - 22 33 -
J 2nd 9位 17 24 9 8 - 23 19
1999 J1 1st 8位
(16)
6位 15 27 9 6 0 30 18 -
J1 2nd 8位 15 21 7 7 1 24 25
2000 J1 1st 11位
(16)
10位 15 19 7 7 1 19 15 -
J1 2nd 11位 15 18 6 8 1 23 25
2001 J1 1st 9位
(16)
13位 15 13 5 10 0 25 33 - ロシアの旗 ヴァレリー
J1 2nd 3位 15 24 8 7 0 36 27
2002 J1 1st 15位
(16)
15位 15 10 3 11 1 14 26 - ロシアの旗 ガジエフ
日本の旗 木村孝洋[注 1]
J1 2nd 14位 15 16 5 8 2 18 21
2003 J2 2位 (12) 44 86 25 8 11 65 35 - 日本の旗 小野剛
2004 J1 1st 12位
(16)
13位 15 15 3 6 6 15 19 -
J1 2nd 11位 15 16 3 5 7 21 23
2005 J1 7位 (18) 34 50 13 10 11 50 42 - 日本の旗 小野剛
2006 10位 (18) 34 45 13 15 6 50 56 - 日本の旗 小野剛
日本の旗 望月一頼
オーストリアの旗 ペトロヴィッチ[注 2]
2007 16位 (18) 34 32 8 18 8 44 71 入替戦 降格 オーストリアの旗 ペトロヴィッチ
2008 J2 優勝 (15) 42 100 31 4 7 99 35 ゼロックス杯 優勝
2009 J1 4位 (18) 34 56 15 8 11 53 44 -
2010 7位 (18) 34 51 14 11 9 45 38 ACL2010 GL敗退
2011 7位 (18) 34 50 14 12 8 52 49 -
2012 優勝 (18) 34 64 19 8 7 63 34 FCWC2012 5位 日本の旗 森保一
2013 優勝 (18) 34 63 19 9 6 51 29 ゼロックス杯 優勝
ACL2013 GL敗退
2014 8位 (18) 34 50 13 10 11 44 37 ゼロックス杯 優勝
ACL2014 ベスト16
2015 J1 1st 優勝
(18)
3位 17 34 10 3 4 29 16 FCWC2015 3位
J1 2nd 優勝 17 40 13 3 1 44 14
2016 J1 1st 6位
(18)
4位 17 29 8 4 5 32 18 ゼロックス杯 優勝
J1 2nd 10位 17 26 8 7 2 26 22 ACL2016 GL敗退
2017 J1 15位 (18) 34 33 8 17 9 32 49 - 日本の旗 森保一
日本の旗 横内昭展
スウェーデンの旗 ヤン・ヨンソン

リーグ杯[編集]

年度 所属 Jリーグカップ 監督
1992 J 予選敗退 イングランドの旗 バクスター
1993 予選敗退
1994 1回戦敗退
1995 開催せず オランダの旗 ヤンセン
1996 予選敗退
1997 予選敗退 スコットランドの旗 トムソン
1998 予選敗退
1999 J1 2回戦敗退
2000 2回戦敗退
2001 ベスト8 ロシアの旗 ヴァレリー
2002 予選敗退 ロシアの旗 ガジエフ
2003 J2 出場権なし 日本の旗 小野剛
2004 J1 予選敗退
2005 予選敗退
2006 予選敗退 日本の旗 小野剛、日本の旗 望月一頼[注 3]
2007 ベスト8 オーストリアの旗 ペトロヴィッチ
2008 J2 出場権なし
2009 J1 予選敗退
2010 準優勝
2011 1回戦敗退
2012 予選敗退 日本の旗 森保一
2013 ベスト8
2014 準優勝
2015 予選敗退
2016 ベスト8

カップ戦[編集]

現在の天皇杯出場回数は前身の東洋工業/マツダ時代も考慮しているため、記録もここに併記する。なお過去に天皇杯に出場した日本の全チームのうち、2013年現在でダントツの本大会出場回数を誇る[1]

広島[編集]

年度 所属 天皇杯 監督
1992 J 2回戦敗退 イングランドの旗 バクスター
1993 ベスト4
1994 ベスト8
1995 準優勝 オランダの旗 ヤンセン
1996 準優勝
1997 4回戦敗退 スコットランドの旗 トムソン
1998 ベスト8
1999 J1 準優勝
2000 4回戦敗退
2001 4回戦敗退 日本の旗 木村孝洋(代行)[注 4]
2002 ベスト4 日本の旗 小野剛
2003 J2 4回戦敗退
2004 J1 4回戦敗退
2005 5回戦敗退
2006 5回戦敗退 オーストリアの旗 ペトロヴィッチ
2007 準優勝
2008 J2 ベスト8
2009 J1 3回戦敗退
2010 3回戦敗退
2011 3回戦敗退
2012 2回戦敗退 日本の旗 森保一
2013 準優勝
2014 4回戦敗退
2015 ベスト4
2016 ベスト8

前身[編集]

天皇杯 監督
1962 3位 下村幸男
1963 ベスト8
1964 3位
1965 優勝
1966 準優勝
1967 優勝
1968 ベスト8
1969 優勝
1970 準優勝
1971 (予選敗退) 大橋謙三
1972 ベスト4
1973 ベスト4
1974 ベスト4
1975 ベスト16
1976 ベスト16 松本育夫
1977 ベスト16 小城得達
1978 準優勝
1979 ベスト16
1980 ベスト16
1981 1回戦敗退 二村昭雄
1982 ベスト16
1983 ベスト16
1984 2回戦敗退 今西和男
1985 ベスト4
1986 2回戦敗退
1987 準優勝 ハンス・オフト
1988 1回戦敗退 今西和男
1989 ベスト16
1990 2回戦敗退
1991 2回戦敗退 今西和男[注 5]
全日本選手権 監督
1938 - 山崎芳樹
1939 -
1940 -
1941 (開催されず)
1942
1943 休部
1944
1945
1946
1947 山崎芳樹
1948
1949 ベスト4
1950 (予選敗退)
1951 (予選敗退) 小畑実
1952 ベスト8
1953 ベスト4
1954 準優勝
1955 ベスト8
1956 3位
1957 準優勝
1958 ベスト8
1959 3位
1960 ベスト8
1961 3位

対戦成績[編集]

タイトル・表彰[編集]

国内タイトル[編集]

その他タイトル[編集]

表彰[編集]

日本年間最優秀選手賞
Jリーグ
リーグ杯
その他

記録[編集]

クラブ記録[編集]

公式戦初試合
  • リーグ戦:2-1(1993年5月16日、Jサントリーカップ第1節 市原戦)
  • リーグ杯:2-3(1992年9月6日、ヤマザキナビスコカップ第1節 読売ヴェルディ戦)
  • カップ戦:2-0(1992年12月5日、天皇杯1回戦 同志社大学戦)
1試合最多
  • 得点
    • リーグ戦:7-1(2008年9月7日、J2第34節 岐阜戦)
    • リーグ杯:7-0(2009年5月30日、ヤマザキナビスコカップ第4節 大宮戦)
    • カップ戦
      • 7-2(1999年12月26日、天皇杯準決勝 V川崎戦)
      • 7-0(2000年12月10日、天皇杯3回戦 水戸戦)
  • 失点
    • リーグ戦:0-7(2009年10月25日、J1第30節 川崎戦)
    • リーグ杯:0-5(1993年10月16日、ヤマザキナビスコカップ G大阪戦)
    • カップ戦:0-4(2001年12月16日、天皇杯4回戦 対清水戦) 
公式戦連続記録
  • 勝敗
    • 連勝:10試合(J2リーグ戦のみ、2003年3月23日-2003年5月10日)
    • 連敗:7試合(J1リーグ戦のみ、2002年7月24日-2002年8月31日)
    • 未敗戦:16試合(13(J2)+3(天皇杯)、2008年8月23日-2008年12月6日)
    • 未勝利:14試合(1(天皇杯)+10(J1)+3(ヤマザキナビスコカップ)、2005年12月10日-2006年4月29日)
    • 引分:4試合(J1リーグ戦のみ、2004年10月3日-2004年10月31日)
  • 得失点
    • 得点:25試合(7(J1)+13(J2)+1(ヤマザキナビスコカップ)+4(天皇杯)、2008年5月11日-2009年4月26日)
    • 無失点:7試合(J2リーグ戦のみ、2003年9月6日-2003年10月11日)
    • 無得点
      • 4試合(2(J)+2(チャンピオンシップ)、1994年11月16日-1994年12月2日)
      • 4試合(Jリーグ戦のみ、1995年8月26日-1995年9月9日)
    • 失点:17試合(12(J1)+3(ヤマザキナビスコカップ)+2(カップ)、2005年11月27日-2006年4月29日)

個人記録[編集]

試合出場記録
  • 最年少:高萩洋次郎(2種登録)、16歳8ヶ月3日(2003年4月5日、J2第4節 湘南戦)
  • 最年長:小村徳男、36歳8ヶ月0日(2006年5月6日、J1第12節 福岡戦)
  • 1シーズン最多:柳本啓成、55試合(50(J)+5(カップ)、1995年)
  • 在籍最多:服部公太、543試合(365(J1)+85(J2)+51(リーグ杯)+36(カップ)+2(入替戦)+1(スーパーカップ)+5(ACL)、1996年-2011年)
  • 公式戦連続:服部公太、143試合(74(J1)+44(J2)+14(リーグ杯)+11(カップ)、2002年11月30日-2006年4月22日)
    • リーグ戦のみ:服部公太、218試合(133(J1)+85(J2)、2002年11月30日-2008年11月30日)
ゴール記録
  • 最年少:高柳一誠(2種登録)、17歳10ヶ月10日(2004年7月24日、ナビスコカップ第6節 東京V戦)
    • リーグ戦:高萩洋次郎、18歳0ヶ月19日(2004年8月21日、J1・2nd第2節 C大阪戦)
  • 最年長:ミハエル・ミキッチ、36歳3カ月9日(2016年4月15日、J1・1st第7節 新潟戦)
  • 1シーズン最多:佐藤寿人、31ゴール(28(J2)+2(カップ)+1(スーパーカップ)、2008年)
  • 1シーズン最多(J1リーグのみ):佐藤寿人、22ゴール(2012年)
  • 1試合個人最多:高橋泰、4ゴール(2003年4月19日、J2第7節 横浜FC戦)
  • 在籍最多:佐藤寿人、201ゴール(134(J1)+28(J2)+21(リーグ杯)+12(カップ)+2(スーパーカップ)+1(ACL)+3(クラブW杯)、2005年-2014年現在)
  • 公式戦連続:森崎浩司、5試合(J2リーグ戦のみ、2003年4月19日-2003年5月10日)
    • リーグ戦のみ:5試合
      • 森崎浩司(同上)
      • 李忠成(J1のみ、2010年9月18日-2010年10月24日)
その他
  • 最長在籍年数:17年
    • 下田崇(1994年-2010年)
    • 服部公太(1995年-2011年)
    • 森崎和幸、森崎浩司(1999年-2015年現在、ユースも含めると19年在籍)
  • 公式戦連続フルタイム出場:服部公太、143試合(上記連続出場と同じ)
    • リーグ戦のみ:服部公太、171試合(127(J1)+44(J2)、2002年11月30日-2007年10月6日)
  • 公式戦初ゴール:森保一(1992年9月6日、ヤマザキナビスコカップ第1戦 読売V戦、前半25分)
    • リーグ戦初ゴール:風間八宏(1993年5月16日、Jサントリー第1節 市原戦、前半1分)
  • 兄弟初アベックゴール:森崎和幸・森崎浩司(2004年5月5日、J1・1st第8節 C大阪戦)

国際記録[編集]

国際試合[編集]

  • 親善および練習試合は除く
  • 2013年から広島ビッグアーチはネーミングライツ導入しエディオンスタジアム広島となったが、AFCチャンピオンズリーグでAFC公式スポンサー以外の私企業の名前を冠したスタジアム名等をつける事が認められていない。
開催年 月日 大会名 対戦相手 会場 結果
2010年 2月24日 ACL2010 グループリーグ 中華人民共和国の旗 山東魯能泰山 広島ビッグアーチ ● 0-1
3月10日 大韓民国の旗 浦項スティーラース 浦項スティールヤード ● 1-2
3月24日 オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッドFC ハインドマーシュ・スタジアム ● 2-3
3月30日 オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッドFC 広島ビッグアーチ ○ 1-0
4月13日 中華人民共和国の旗 山東魯能泰山 山東省体育中心体育場 ○ 3-2
4月27日 大韓民国の旗 浦項スティーラース 広島ビッグアーチ ○ 4-3
2012年 12月6日 FCWC2012 1回戦 ニュージーランドの旗 オークランド・シティFC 横浜国際総合競技場 ○ 1-0
12月9日 FCWC2012 準々決勝 エジプトの旗 アル・アハリ 豊田スタジアム ● 1-2
12月12日 FCWC2012 5位決定戦 大韓民国の旗 蔚山現代FC ○ 3-2
2013年 2月27日 ACL2013 グループリーグ ウズベキスタンの旗ブニョドコル 広島ビッグアーチ ● 0-2
3月13日 中華人民共和国の旗北京国安 北京工人体育場 ● 1-2
4月2日 大韓民国の旗 浦項スティーラース 広島ビッグアーチ ● 0-1
4月10日 大韓民国の旗 浦項スティーラース 浦項スティールヤード △ 1-1
4月23日 ウズベキスタンの旗 ブニョドコル JARスタジアム △ 0-0
4月30日 中華人民共和国の旗 北京国安 広島ビッグアーチ △ 0-0
2014年 2月25日 ACL2014 グループリーグ 中華人民共和国の旗 北京国安 広島ビッグアーチ △ 1-1
3月11日 オーストラリアの旗 セントラルコースト・マリナーズ セントラルコースト・スタジアム ● 1-2
3月19日 大韓民国の旗 FCソウル 広島ビッグアーチ ○ 2-1
4月1日 大韓民国の旗 FCソウル ソウルワールドカップ競技場 △ 2-2
4月16日 中華人民共和国の旗 北京国安 北京工人体育場 △ 2-2
4月23日 オーストラリアの旗 セントラルコースト・マリナーズ 広島ビッグアーチ ○ 1-0
5月7日 ACL2014 ラウンド16 オーストラリアの旗 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 広島ビッグアーチ ○ 3-1
5月14日 パラマタ・スタジアム ● 0-2
2015年 12月10日 FCWC2015 1回戦 ニュージーランドの旗 オークランド・シティFC 横浜国際総合競技場 ○ 2-0
12月13日 FCWC2015 準々決勝 コンゴ民主共和国の旗 マゼンベ 長居スタジアム ○ 3-0
12月16日 FCWC2015 準決勝 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート ● 0-1
12月20日 FCWC2015 3位決定戦 中華人民共和国の旗 広州恒大 横浜国際総合競技場 ○ 2-1
2016年 2月23日 ACL2016 グループリーグ 中華人民共和国の旗 山東魯能泰山 広島広域公園陸上競技場 ● 1-2
3月1日 大韓民国の旗 FCソウル ソウルワールドカップ競技場 ● 1-4
3月16日 タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド 広島広域公園陸上競技場 ○ 3-0
4月5日 タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド ブリーラム・スタジアム ○ 2-0
4月20日 中華人民共和国の旗 山東魯能泰山 済南オリンピックスポーツセンター ● 0-1
5月4日 大韓民国の旗 FCソウル 広島広域公園陸上競技場 ○ 2-1

国際大会出場選手[編集]

アラカルト
  • 日本人初招集
  • 日本人初国際Aマッチ出場
    • 高木琢也:1992年5月31日キリンチャレンジカップ対アルゼンチン代表戦
    • 森保一:同上
  • 在籍時日本人最多キャップ:高木琢也:45試合(1992年-1997年)
  • 在籍時日本人最多ゴール:高木琢也:27ゴール(1992年-1997年)

リーグ戦ホームゲーム観客動員数[編集]

年度 所属 1試合
平均
試合数・
年間入場者
最多動員   最少動員
動員数 試合日 対戦 会場 動員数 試合日 天気 対戦 会場
1993 J 16,644 18 299,586 36,863 5月22日(土) V川崎 BA 9,672 12月8日(水) 名古屋 S
1994 17,191 22 378,195 42,505 9月3日(土) V川崎 8,523 11月16日(水) 磐田
1995 11,689 26 303,903 20,265 3月29日(水) V川崎 7,012 11月11日(土) 名古屋 BA
1996 8,469 15 127,040 18,863 3月20日(水) 鹿島 4,491 11月6日(水) 福岡
1997 6,533 16 104,534 10,504 8月20日(水) V川崎 4,156 4月16日(水)
1998 8,339 17 141,769 17,020 8月8日(土) 鹿島 4,132 5月2日(土) 市原 S
1999 J1 9,377 15 140,650 18,263 9月15日(祝) 横浜FM 3,812 4月10日(土) 曇/雨 G大阪
2000 8,865 132,978 20,876 11月23日(祝) 磐田 4,175 4月5日(水) BA
2001 9,916 148,741 19,423 11月24日(土) 鹿島 5,161 4月14日(土) 福岡
2002 10,941 164,111 18,404 11月23日(土) 6,481 3月16日(土) 京都
2003 J2 9,000 22 198,004 26,158 9月23日(祝) 新潟 3,471 4月9日(水) 水戸 S
2004 J1 14,800 15 222,005 29,332 5月2日(日) 浦和 5,251 4月14日(水) 名古屋 BA
2005 12,527 17 212,960 26,083 9月18日(日) 浦和 6,230 7月13日(水) 磐田
2006 11,180 190,066 17,564 3月5日(日) 鹿島 5,545 7月26日(水) 曇/雨 甲府
2007 11,423 194,199 22,675 9月15日(土) 浦和 6,037 6月20日(水) 川崎
2008 J2 10,840 21 227,631 19,349 9月23日(祝) 愛媛 4,622 6月25日(水) 徳島
2009 J1 15,723 17 267,299 27,113 8月22日(土) 浦和 9,479 5月16日(土) 山形
2010 14,562 247,550 23,948 7月17日(土) 横浜FM 5,334 7月14日(水) 曇/雨 C大阪
2011 13,203 224,447 18,788 4月24日(日) G大阪 7,099 8月13日(土) 名古屋 S
2012 17,721 301,249 32,724 11月24日(土) C大阪 11,123 4月21日(土) 名古屋 BA
2013 16,209 275,556 27,911 3月2日(土) 浦和 Eスタ 10,045 5月29日(水) Eスタ
2014 14,997 254,951 24,734 3月15日(土) 浦和 9,515 7月15日(火) 横浜FM
2015 16,382 278,499 33,210 11月22日(日) 湘南 7,966 7月15日(水) 松本
  • 略記のうち、Eスタはエディオンスタジアム広島(BA:広島ビッグアーチと同様、キャパ50,000人)、Sは広島県総合グランドメインスタジアム(愛称広島スタジアム、キャパ13,800人)
  • クラブは年間入場者数から、1992年から1995年までを「Jリーグバブル期」、1999年までを「低迷期」、2004年までを「再建期」、それ以降2013年現在まで「安定期」と定義している[3]
  • BAおよびSはほとんどの観客席に屋根がないため、天候が崩れると観客数に減少傾向がでる[3]。BAは降雨だけでなく降雪することもあるため[4]、結果「春先」「冬入」あるいは「梅雨期」「ミッドウィーク開催」に最小動員となる傾向にある。
  • 2011年は東日本大震災に伴う日程変更が動員に影響している。また最小動員を記録した名古屋戦は諸事情により広島スタジアムに仮設スタンドを設けて行われた(広島県総合グランドメインスタジアム#歴史参照)。
  • 2014年は台風11号(リーグ)・広島土砂災害(天皇杯)で2度順延している。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1st第1節から1st第8節 ガジエフ、1st第9節から2nd最終節 木村
  2. ^ 第1節から第8節 小野、第9節から第12節 望月、第13節から最終節 ペトロヴィッチ
  3. ^ グループリーグ第2戦まで小野、第3戦以降望月
  4. ^ ヴァレリー帰国に伴い代行として木村が指揮
  5. ^ 「総監督」名義。

出典[編集]

  1. ^ 記録で見る天皇杯全日本サッカー選手権大会の歴史”. 日本サッカー協会 (2013年9月6日). 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ 中国新聞 (2010年4月27日). “久保に最優秀ゴール賞”. 2010年6月5日閲覧。
  3. ^ a b サッカースタジアム建設協議資料 PowerPointプレゼンテーション (PDF)”. サンフレッチェ広島 (2013年). 2014年1月1日閲覧。
  4. ^ フォトニュース”. J's GOAL (2014年12月6日). 2014年12月18日閲覧。

参考資料[編集]