2000年のJリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jリーグ > Jリーグカップ > 2000年のJリーグカップ
2000 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2000年4月12日-11月4日
参加チーム数 27
優勝 鹿島アントラーズ
準優勝 川崎フロンターレ
試合総数 51
ゴール数 136 (1試合平均 2.67 点)
観客動員数 275,848 (1試合平均 5,409 人)
得点王 平瀬智行(鹿島)
柳想鐵(横浜FM)
サントス(清水)
(4得点)
最優秀選手 中田浩二(鹿島)
1999
2001
テンプレートを表示

2000年Jリーグカップ4月12日に開幕し、11月4日迄の日程で行われた大会である。

優勝は鹿島アントラーズ(3年ぶり2度目)。

大会名称[編集]

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとしてJリーグヤマザキナビスコカップの名称で開催された。

レギュレーション[編集]

2000年のJリーグカップのレギュレーションは以下の通りである。

  • 参加クラブはJリーグJ1・J2の全27クラブ。
  • 全ての試合がノックアウトトーナメントで行われた。
  • 1回戦から準決勝まではホーム&アウェーで試合を行い、2試合の合計点数で勝敗を決める。
    • 第1戦は90分で終了。第2戦の90分終了時に勝敗が決まらない場合、Vゴール方式の延長戦→PK方式で勝者を決める。
  • 決勝戦は90分の1試合を行う。90分で勝敗が決まらない場合、Vゴール方式の延長戦→PK方式で勝者を決める。

試合結果[編集]

下表の「チーム #1」が第1戦のホームチーム。

1回戦[編集]

一部の試合を除き、第1戦が4月12日に、第2戦が4月19日に行われた。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
川崎フロンターレ 4 - 2 浦和レッドダイヤモンズ 3 - 0 1 - 2
セレッソ大阪 3 - 0 ベガルタ仙台 2 - 0 1 - 0
サガン鳥栖 1 - 3 ヴェルディ川崎 0 - 1 1 - 2
アルビレックス新潟 1 - 4 京都パープルサンガ 0 - 1 1 - 3
大宮アルディージャ 0 - 6 ヴィッセル神戸 0 - 4 0 - 2
ヴァンフォーレ甲府 1 - 7 横浜F・マリノス 0 - 2 1 - 5
モンテディオ山形 1 - 3 サンフレッチェ広島 0 - 3 1 - 0
大分トリニータ 3 - 5 ジェフユナイテッド市原 2 - 2 1 - 3
湘南ベルマーレ 2 - 3 アビスパ福岡 2 - 3 0 - 0
ガンバ大阪 3 - 1 コンサドーレ札幌 2 - 1 1 - 0[* 1]
清水エスパルス 7 - 2 水戸ホーリーホック 4 - 1[* 2] 3 - 1[* 2]
  1. ^ 有珠山の噴火に伴い、室蘭市入江運動公園陸上競技場で開催予定だった札幌のホームゲームを4月12日から5月24日に延期、会場も札幌厚別公園競技場に変更した。
  2. ^ a b 清水がアジアカップウィナーズカップに出場のため、第1戦が6月7日に、第2戦が6月14日に変更された。

2回戦[編集]

横浜 - 広島戦を除き、第1戦が7月5日に、第2戦が7月12日に行われた(横浜 - 広島は6月28日・7月5日に開催)。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
横浜F・マリノス 4 - 2 サンフレッチェ広島 4 - 1 0 - 1
川崎フロンターレ 2 - 1 柏レイソル 1 - 0 1 - 1
ジェフユナイテッド市原 2 - 3 名古屋グランパスエイト 1 - 1 1 - 2
京都パープルサンガ 2 - 1 FC東京 1 - 1 1 - 0
ガンバ大阪 2-2 (PK2-3) ジュビロ磐田 0 - 2 2 - 1
アビスパ福岡 3 - 4 鹿島アントラーズ 1 - 1 2 - 3
ヴィッセル神戸 2 - 4 清水エスパルス 2 - 0 0 - 4
セレッソ大阪 0 - 2 ヴェルディ川崎 0 - 1 0 - 1

準々決勝[編集]

第1戦が8月30日に、第2戦が9月6日に行われた。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ヴェルディ川崎 0 - 2 川崎フロンターレ 0 - 0 0 - 2
横浜F・マリノス 2 - 3 鹿島アントラーズ 0 - 0 0 - 2
清水エスパルス 4 - 6 名古屋グランパスエイト 4 - 6 0 - 0
ジュビロ磐田 2 - 3 京都パープルサンガ 1 - 1 1 - 2

準決勝[編集]

第1戦が10月11日に、第2戦が10月18日に行われた。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
名古屋グランパスエイト 3 - 6 鹿島アントラーズ 1 - 3 2 - 3
京都パープルサンガ 2 - 3 川崎フロンターレ 0 - 2 2 - 1

決勝[編集]

決勝は、初のタイトルを狙う川崎フロンターレと、3度目の決勝進出となった鹿島の対戦となった。この年のニューヒーロー賞を獲得した鹿島のFW鈴木隆行は、ナビスコカップ開始当初はレンタル移籍で川崎に所属しており(川崎の選手としては同大会2試合出場無得点)シーズン途中で鹿島に復帰。決勝では古巣との対戦となった。

試合では攻守にわたって鹿島が圧倒、2-0で鹿島が4年振り2度目の優勝を果たした。

2000年11月4日
14:32
川崎フロンターレ 0 - 2 鹿島アントラーズ
レポート 中田浩二 31分にゴール 31分
ビスマルク 63分にゴール 63分 (PK)
テレビ中継

表彰[編集]

  • 大会MVP 中田浩二(鹿島アントラーズ)
  • ニューヒーロー賞 鈴木隆行(鹿島アントラーズ)

関連項目[編集]