北京中赫国安足球倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北京中赫国安足球倶楽部
Guoan club badge 2002e.jpg
原語表記 北京中赫国安足球俱乐部
愛称 近衛軍(御林軍)、国安
クラブカラー    
創設年 1951年
所属リーグ 中国超級
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 北京市
ホームスタジアム Workers stadium.JPG北京工人体育場
収容人数 66,161
代表者 中華人民共和国の旗 周金輝
監督 ドイツの旗 ロガー・シュミット
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
北京中赫国安足球倶楽部
各種表記
繁体字 北京中赫國安足球俱樂部
簡体字 北京中赫国安足球俱乐部
拼音 Běijīng Zhōnghè Guó'ān Zúqiú Jùlèbù
発音: ペイチン クオアン ツーチウ チュイラープー
英文 Beijing Sinobo Guoan Football Club
テンプレートを表示

北京中赫国安足球倶楽部漢音読み:ペキン-Sinobo-こくあん-そっきゅうクラブ、英語: Beijing Sinobo Guoan Football Club)は、中華人民共和国北京市をホームタウンとする、中国プロサッカーリーグ(中国超級)に加盟するプロサッカークラブ。通称・北京中赫国安もしくは北京国安

概要[編集]

1951年創設。ホームタウンは北京市である。

チーム名は親会社の中信国安グループに由来する。同グループは、中国最大の金融コングロマリットである中国中信グループ(CITIC Group)内の一部門で、主に事業投資や情報インフラ投資を本業としている。

歴史[編集]

1992年以前

チームの前身は北京足球隊

1992年

北京市体育局と共同で北京国安足球倶楽部創立。

1997年

プロ化への移行により、中信国安グループの管理下に置く

2002年

北京現代汽車有限公司がチームスポンサーになり、チーム名を「北京国安足球倶楽部北京現代汽車隊)」と呼ぶ

2006年

北京現代汽車有限公司チームスポンサー解消

2007年

オランダの名門アヤックスと契約を結び、フランチャイズクラブとして生まれ変わる。育成理論などを吸収。

2007年中国サッカーリーグ2位としてAFCチャンピオンズリーグ2008の出場権を獲得した。

2008年

AFCチャンピオンズリーグ2008ACL初出場すると予選で鹿島クルン・タイ・バンクナムディンのグループEを4勝2敗で2位に終えグループリーグ敗退。

2008年中国サッカーリーグ3位としてAFCチャンピオンズリーグ2009の出場権を獲得した。

2009年

2年連続の2回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2009の予選で名古屋ニューカッスル・ジェッツ蔚山のグループEを1勝2分3敗でグループリーグ最下位の4位で終えた。2年連続でグループリーグ敗退した。

中国スーパーリーグ優勝。AFCチャンピオンズリーグ2010の出場権を獲得した。

2010年

3年連続の3回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2010の予選で城南一和川崎メルボルン・ビクトリーのグループEを3勝1分2敗の2位で初の決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で水原三星と対戦した。アウェイでの一発勝負は0-2で敗れ、ラウンド16で敗退が決定した。

中国サッカーリーグ5位。

2011年

2011年中国サッカーリーグ2位としてAFCチャンピオンズリーグ2012の出場権を獲得した。

2012年

4回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2012の予選で蔚山FC東京ブリスベン・ロアーのグループFを3分3敗でグループリーグ最下位の4位で終えた。

2012年中国サッカーリーグ3位としてAFCチャンピオンズリーグ2013の出場権を獲得した。

2013年

2年連続の5回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2013の予選でブニョドコル浦項広島のグループGを2勝3分1敗の2位で決勝トーナメントに進出した。ラウンド16でソウルと対戦した。ホームの第1戦を0-0で引き分けたが、アウェイの第2戦では1-3で敗れてしまい合計スコア1-3でラウンド16で敗退が決定した。

7月には当時の中国リーグ間での最高額である4億7000万円を投じて大連阿爾濱からピーター・ウタカを獲得した。

2013年中国サッカーリーグ3位としてAFCチャンピオンズリーグ2014のプレーオフの出場権を獲得した。

2014年

2月15日、AFCチャンピオンズリーグ2014のプレーオフラウンドで本戦出場をかけてホームでタイのチョンブリーと戦い4-0で勝利し、6回目の本戦出場を果たした。

3年連続の6回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2014の予選でソウル広島セントラルコースト・マリナーズのグループFを1勝3分2敗の3位で終えグループリーグ敗退した。

2014年中国サッカーリーグは、惜しくも広州恒大と勝点3差で優勝を逃した。21勝4分5敗の2位としてAFCチャンピオンズリーグ2015のプレーオフの出場権を獲得した。

2015年

張稀哲VfLヴォルフスブルク于洋広州富力張思鵬江蘇舜天へ移籍した。

大連阿爾濱から于大宝晋鵬翔河南建業から李磊ユールゴーデンIFからエルトン・フェイズラフを完全移籍で獲得。遼寧宏運から石笑天をレンタルで獲得。

2月17日、AFCチャンピオンズリーグ2015のプレーオフラウンドで本戦出場をかけてホームでタイのバンコク・グラスFCと戦い3-0で勝利し、7回目の本戦出場を果たした。

4年連続の7回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2015の予選でブリスベン浦和水原のグループGに入った。

2016年

サッカー日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが監督に就任。また1月20日にSCコリンチャンス・パウリスタからブラジル代表MFであるレナト・アウグストを獲得。しかし成績不振により5月で解任。その後、謝峰が監督代行で2016シーズンを指揮した。

11月23日、2017シーズンよりホセ・ゴンサレスが監督に就任することが発表された。

2017年

2月27日、レッドブル・ザルツブルクからスペイン人FWであるホナタン・ソリアーノを獲得した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

表彰[編集]

中国サッカー協会
超級リーグ

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 カップ
2004 超級リーグ 7位 22 8 7 7 35 33 +2 28 2回戦敗退
2005 超級リーグ 6位 26 12 4 10 46 32 +14 40 準決勝敗退
2006 超級リーグ 3位 28 13 10 5 27 16 +11 49 2回戦敗退
2007 超級リーグ 2位 28 15 9 4 45 19 +26 54 -
2008 超級リーグ 3位 30 16 10 4 44 27 +17 58 -
2009 超級リーグ 1位 30 13 12 5 48 28 +20 51 -
2010 超級リーグ 5位 30 12 10 8 35 29 +6 46 -
2011 超級リーグ 2位 30 14 11 5 49 21 +28 53 準決勝敗退
2012 超級リーグ 3位 30 14 6 10 34 35 −1 48 準々決勝敗退
2013 超級リーグ 3位 30 14 9 7 54 31 +23 51 準決勝敗退
2014 超級リーグ 2位 30 21 4 5 50 25 +25 67 準々決勝敗退
2015 超級リーグ 4位 30 16 8 6 46 26 +20 56 4回戦敗退
2016 超級リーグ 5位 30 11 10 9 34 26 +8 43 準々決勝敗退
2017 超級リーグ

現所属メンバー[編集]

2017年3月1日現在
No. Pos. 選手名
1 中華人民共和国の旗 GK 侯森
2 ウズベキスタンの旗 DF エゴール・クリメツ
3 中華人民共和国の旗 DF 于洋
4 中華人民共和国の旗 DF 李磊
5 ブラジルの旗 MF ラルフ
6 中華人民共和国の旗 MF 張暁彬
7 中華人民共和国の旗 MF 張池明
8 中華人民共和国の旗 MF 朴成
9 スペインの旗 FW ホナタン・ソリアーノ・カサス
10 中華人民共和国の旗 MF 張稀哲
11 中華人民共和国の旗 MF 宋博軒
14 中華人民共和国の旗 DF 晋鵬翔
No. Pos. 選手名
16 中華人民共和国の旗 MF 杜明洋
18 中華人民共和国の旗 MF 金泰延
19 中華人民共和国の旗 MF 于大宝
20 中華人民共和国の旗 DF 張辛昕
21 ブラジルの旗 MF レナト・アウグスト
22 中華人民共和国の旗 GK 楊智 (Captain sports.svg)
23 中華人民共和国の旗 MF 唐詩
24 中華人民共和国の旗 MF 李翰博
26 中華人民共和国の旗 MF 呂鵬
28 中華人民共和国の旗 DF 姜涛
30 中華人民共和国の旗 DF 雷騰龍
31 中華人民共和国の旗 DF 趙和靖
監督

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
2 ウズベキスタンの旗 DF エゴール・クリメツ (パフタコール・タシュケント)
out
No. Pos. 選手名
-- 中華人民共和国の旗 MF Ba Dun (梅州客家)
-- 中華人民共和国の旗 DF Li Bowen (梅州客家)
No. Pos. 選手名
-- 中華人民共和国の旗 FW Zhu Chaoqing (四川隆发)

リザーブチーム[編集]

2016年2月29日現在
No. Pos. 選手名
41 中華人民共和国の旗 GK Guo Quanbo
42 中華人民共和国の旗 MF Geng Junyi
43 中華人民共和国の旗 DF Huang Chao
44 中華人民共和国の旗 MF Xue Mengtao
45 中華人民共和国の旗 MF Shi Beisi
46 中華人民共和国の旗 DF Wang Xiaole
47 中華人民共和国の旗 MF Wen Wubin
48 中華人民共和国の旗 DF Li Siqi
49 中華人民共和国の旗 MF Wang Hongyu
50 中華人民共和国の旗 MF Wu Guichao
No. Pos. 選手名
51 中華人民共和国の旗 MF Tang Hai
52 中華人民共和国の旗 DF Cai Peilei
53 中華人民共和国の旗 MF He Yuan
54 中華人民共和国の旗 MF Zhong Jiyu
55 中華人民共和国の旗 MF Xu Ziteng
56 中華人民共和国の旗 DF Sheng Pengfei
57 中華人民共和国の旗 MF Tang Fan
58 中華人民共和国の旗 FW Xu Ziyue
60 中華人民共和国の旗 GK Zhang Hao

U-19チーム[編集]

No. Pos. 選手名
-- 中華人民共和国の旗 DF Pan Qi
-- 中華人民共和国の旗 DF Yang Kaideng
-- 中華人民共和国の旗 MF Ke Yi
No. Pos. 選手名
-- 中華人民共和国の旗 FW Li Minghao
-- 中華人民共和国の旗 FW Wu Bo

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

国外関連クラブ[編集]

  • シンガポール国内サッカーリーグ「Sリーグ」に北京国安チームを参加させて、当クラブの出場機会が少ない2軍選手やシンガポール在住中国人が中心となって参戦していた。
    • なおシンガポールでは中国人が多く在住していることから、過去のSリーグにおいても「シンチFC」(2003年-2005年)、「大連実徳四五FC」(2008年)といった中国系チームが参戦した事例があるが、いずれも撤退している。

外部リンク[編集]

公式