沈祥福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沈 祥福 Football pictogram.svg
名前
カタカナ シェン・シャンフー
ラテン文字 Shen Xiangfu
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
生年月日 (1957-05-27) 1957年5月27日(60歳)
出身地 北京市
身長 172cm[1]
体重 66kg[1]
選手情報
ポジション FW
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1974-198x 北京足球倶楽部
1988-1991 富士通
代表歴
1977-1986 中華人民共和国の旗 中国 37 (7)
監督歴
1991-1993
1994-1995
1996-1997
1997-1998
2000-2004
2005-2006
2007-2009
2010-2011
2012
2013-2014
富士通(コーチ)
富士通
北京国安(コーチ)
北京国安
中国U-20、U-23代表
北京国安
広州医薬
長春亜泰
河南建業
上海申花
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

沈 祥福(ちん しょうふく、Shen Xiangfu1957年5月27日-)は中華人民共和国北京市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはFW(ウインガー)。

略歴[編集]

選手時代は北京足球倶楽部(現在の北京国安)や日本サッカーリーグ(JSL)2部の富士通サッカー部(現在の川崎フロンターレ)に在籍、主に左ウイングとしてプレーをした。また中国代表として、1982 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選に出場し最終予選進出に貢献するが、1982年1月10日に行われたニュージーランドとのプレーオフで敗れ、ワールドカップ出場を逃している。

1991年に現役引退後は富士通のコーチや監督を務め1996年に帰国。古巣の北京国安を指揮した後、中国U-20代表監督に就任。2001 FIFAワールドユース選手権でベスト16に導き、この大会を制したアルゼンチンと接戦を演じると、その手腕が高く評価された。

その後、中国代表コーチとして2002 FIFAワールドカップに参加。またボラ・ミルティノビッチ監督の退任後は監督代行を務めていた。これに続いてU-23代表監督として2004年のアテネオリンピック予選に挑んだが、予選敗退に終わり、監督を辞任した。

2007年からは中国甲級リーグ(2部リーグに相当)の広州医薬の監督に就任。中国超級リーグ(CSL、1部リーグに相当)昇格へと導いている。

個人成績[編集]

日本サッカーリーグ成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1988-89 富士通 JSL2部
1989-90 29 7 2 0
1990-91 14 22 2 2 0
通算 日本 JSL2部
総通算

監督成績[編集]

日本国内成績

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 リーグ杯 天皇杯
1994 旧JFL 富士通 10位 30 - 11 - 19 - 予選敗退
1995 12位 30 34 11 - 19 - 1回戦

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『1990-1991JSLイヤーブック』p74

外部リンク[編集]