広島県立びんご運動公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島県立びんご運動公園 > 広島県立びんご運動公園陸上競技場
広島県立びんご運動公園陸上競技場
Bingoriku1.jpg
広島県立びんご運動公園陸上競技場の位置(広島県内)
広島県立びんご運動公園陸上競技場
施設情報
所在地 広島県尾道市栗原町997番地
位置 北緯34度26分11.29秒
東経133度10分37.72秒
座標: 北緯34度26分11.29秒 東経133度10分37.72秒
開場 1993年
所有者 広島県
運用者 ポラーノグループびんご
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107m×68m
照明 メイン : 4基(1000ルクス)
使用チーム、大会
FC今治JFL2017年
収容能力
メインスタンド 4245人
芝生席 約5000人
アクセス
おのみちバス

広島県立びんご運動公園陸上競技場(ひろしまけんりつ びんごうんどうこうえん りくじょうきょうぎじょう)は、広島県尾道市広島県立びんご運動公園にある陸上競技場。施設は広島県が所有し、イズミテクノ・RCC文化センター・シンコースポーツ共同企業体が指定管理者として運営管理を行っている。

歴史[編集]

正式開場は1993年1994年アジア競技大会1996年ひろしま国体でも使用された。

フィールドは球技場としても利用され、AFCアジアカップ1992の会場、1993年のJリーグ公式戦でサンフレッチェ広島清水エスパルス戦(11月6日)が開催された。また、高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ中国など高校年代のサッカー会場でもある。

またJFLに所属するFC今治が、2017年に本拠地スタジアムとなるありがとうサービス. 夢スタジアムの完成まで暫定本拠地として一部の試合を開催する。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • トラック:400m×8レーン、全天候舗装
  • フィールド:107m×68m、天然芝
  • 収容人員:メインスタンド/4245人、芝生席/約5000人
  • 照明塔:4基(最大照度1000Lx)
  • スコアボード:電光式

アクセス[編集]

バス[編集]

  • JR尾道駅新尾道駅よりおのみちバス中国バス「びんご運動公園北門」行で終点下車
    • 土・日・祝日に1往復のみで経由地の違う「びんご運動公園」行きもある
    • プロ野球・高校野球等開催時は臨時便を多数運行し「しまなみ球場前」バス停を経由する

[編集]

徒歩[編集]

  • JR新尾道駅から約30分

フォトギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]