スチュワート・バクスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スチュワート・バクスター Football pictogram.svg
Stuart Baxter.jpg
名前
本名 Stuart William Baxter
愛称 Stu
ラテン文字 Stuart BAXTER
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
生年月日 1953年8月16日(63歳)
出身地 Flag of the West Midlands County.svg ウェスト・ミッドランズ州ウルヴァーハンプトン[1]
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1971-1975 イングランドの旗 プレストン・ノースエンド 41 (1)
1975 イングランドの旗 モアカム 1 (0)
1975-1976 スコットランドの旗 ダンディー・ユナイテッド 0 (0)
1976-1977 イングランドの旗 ストックポート・カウンティ 4 (0)
1978-1979 オーストラリアの旗 サウス・メルボルン 50 (4)
1981 スウェーデンの旗 ヘルシンボリIF
1983 アメリカ合衆国の旗 サンディゴ・ソッカーズ英語版
1983-1984 スウェーデンの旗 エーレブルーSK 41 (5)
監督歴
1985 スウェーデンの旗 エーレブルーSK ユース
1986 スウェーデンの旗 IFスカルプ英語版
1987 ポルトガルの旗 ヴィトーリア・セトゥーバル (コーチ)
1988-1991 スウェーデンの旗 ハルムスタッズBK
1992-1994 日本の旗 サンフレッチェ広島
1995-1997 日本の旗 ヴィッセル神戸
1998-2000 スウェーデンの旗 AIK
2001 ノルウェーの旗 リン
2002-2004 イングランドの旗 イングランド U-19
2004-2005 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
2006 日本の旗 ヴィッセル神戸
2006-2007 スウェーデンの旗 ヘルシンボリIF
2008-2010 フィンランドの旗 フィンランド
2011-2012 スウェーデンの旗 AIK (アドバイザー)
2012-2015 南アフリカ共和国の旗 カイザー・チーフス
2015 トルコの旗 ゲンチレルビルリイ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スチュワート・ウィリアム・バクスターStuart William Baxter 1953年8月16日 - )は、イギリス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションミッドフィールダー

人物[編集]

スコットランド人サッカー選手/指導者の父ビル・バクスター英語版イングランド人の母の間に生まれる。イングランド中部のウルヴァーハンプトンで生まれ、スコットランドで育った[2]。スコットランドリーグでプレイした初のイングランド人選手と言われる。

息子のリー・バクスターも元サッカー選手、指導者で、父が率いたチームでゴールキーパーとして所属していた。現在は父と同じくAIKソルナでコーチングスタッフとして働いている。

経歴[編集]

選手として[編集]

1971年プレストン・ノースエンドでキャリアを始める[3]1975年、スコットランドのダンディー・ユナイテッドに移籍[3]。キャリアの晩年はスウェーデン、オーストラリアン・ナショナルサッカーリーグ北米サッカーリーグでプレー[3] した後、1984年エーレブルーSKで引退。

現役引退後[編集]

引退後にはスカンディナヴィア半島のクラブで指導者としてのキャリアを積み重ねる。1985年にエーレブルーSKのユースチームで監督[3] を務め、1986年にはIFスカルプ英語版[3]1987年にポルトガルのヴィトーリア・セトゥーバル[3] でコーチや暫定監督を務めた後、1988年からスウェーデン2部ハルムスタッズBK監督[3] に就任、同シーズンにスウェーデン1部に昇格させる。しかし1991年シーズンには2部に降格させてしまう。

1991年、Jリーグ開幕を控え、サンフレッチェ広島の前身であるマツダSCは強化のため北ヨーロッパに遠征し、バクスター率いるハルムスタッズBKと練習試合をした。この時に今西和男総監督に見初められ、1992年にサンフレッチェ広島監督に就任した[4][5]。規律を重んじるサッカースタイル[5]1994年の第1ステージ優勝に貢献した。だが高額な移籍金および年俸がかかるミカエル・ラウドルップの補強をバクスターが強要したことから、広島とは監督契約延長の交渉は決裂した[4]。この際、バクスターは日本で監督を続けたかったことから今西はヴィッセル神戸を推薦した[6]

1995年からは神戸市に移転したばかりのヴィッセル神戸監督[3] に就任しラウドルップを補強[5]1996年ジャパンフットボールリーグで2位の成績をおさめ、Jリーグ昇格を果たしたが翌年は成績が振るわず解任された。

この間、1993年、1994年、1997年とそれぞれJリーグ最小反則数というチームを作り上げ、1997年にはフェアプレー賞を受賞している。

その後スウェーデンにもどり、1998年AIKソルナ監督[3] に就任。いきなり同シーズンにはリーグ優勝させ、UEFAチャンピオンズリーグに出場している[3]。2年後、SFKリン・オスロ監督を1シーズン務めた[3]

2002年、母国であるイギリスに戻り、イングランドサッカー協会の専属コーチとなり、U-19イングランド代表監督[3] として若手を育成、その手腕を買われて2004年南アフリカ代表に就任した[3] が、2006年ドイツW杯アフリカ予選で本大会出場を逃して辞任する[3]

2006年はJ2降格となったヴィッセル神戸で再び指揮を執った[3] が、家庭の事情により9月2日の横浜FC戦を最後に退任した[7]。なお、コーチとして11月に一時的に復帰[7] しリーグ戦3試合の指揮を執った。

同年9月から、ヘルシンボリIF監督に就任、同シーズンにはスウェーデンカップ優勝、翌UEFAカップ 2007-08に出場した。しかし、同年12月にクラブ首脳とのあつれきを理由に監督を辞任。

2008年よりフィンランド代表監督[8]。2010年UEFA EURO 2012予選モルドバオランダハンガリーと3連敗したため監督を退いた[9]

その後はAIKのアドバイザーに就任する。2011年5月、マルメFF監督にオファーがあったものの最終的には断っている[10]

2012年5月、カイザー・チーフスFC監督に就任すると[11]、2012-13シーズンでリーグ、カップ優勝を果たし、PSL初の外国人優勝監督となった。2014-15シーズンも優勝を果たしたが、双方合意の上で契約満了[12]

2015年、トルコスュペル・リグゲンチレルビルリイSK監督に就任した。ただ開幕スタートに失敗し、リーグ戦2試合で解任された[13]

監督成績[編集]

年度 所属リーグ 大会名 試合数 勝点 勝利 引分 敗戦 順位 ナビスコ杯 天皇杯
1992 J - - - - - - - 予選リーグ敗退 2回戦敗退 サンフレッチェ広島
1993 J 1st 18 - 9 - 9 6位 予選リーグ敗退 ベスト4
2nd 18 - 9 - 9 5位
1994 J 1st 22 - 17 - 5 1位 1回戦敗退 ベスト8
2nd 22 - 12 - 10 4位
1995 JFL - 30 55 18 - 12 6位 - ベスト8 ヴィッセル神戸
1996 JFL - 30 75 25 - 5 2位 - 3回戦敗退
1997 J 1st 16 17 6 - 10 14位 予選リーグ敗退 4回戦敗退
2nd 16 7 3 - 13 17位
2006 J2 - 48 86 25 11 12 3位 - -
  • 2006年は途中退任。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Szreter, Adam (2000年11月16日). “Bradford looking to Baxter to take the reins” (英語). www.guardian.co.uk (London: The Guardian). http://www.guardian.co.uk/football/2000/nov/16/newsstory.bradford 2011年10月8日閲覧。 
  2. ^ James, Stuart (2009年5月26日). “Baxter eager to test himself on his long coach journey round the world” (英語). www.guardian.co.uk (London: The Guardian). http://www.guardian.co.uk/football/2009/mar/26/stuart-baxter-finland-wales 2011年10月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ヴィッセル神戸公式(2005年12月3日)、2011年11月8日閲覧。
  4. ^ a b 広島のドン:今西氏のクラブGM論、サッカー批評vol.33、2006年12月、ISBN 4575478938
  5. ^ a b c 明確な戦術 バクスター”. 朝日新聞 (2012年6月22日). 2012年6月23日閲覧。
  6. ^ 今西和男さん(FC岐阜セネラルマネージャー、吉備国際大学教授/'07年2月11日放送)”. 広島サッカー向上委員会中国放送. 2012年7月22日閲覧。
  7. ^ a b “バクスター監督帰国のお知らせ”. ヴィッセル神戸公式. (2006年8月24日). http://web.archive.org/web/20120303121239/http://www.vissel-kobe.co.jp/whatsnew/wn_1742.html 2011年10月8日閲覧。 
  8. ^ “Stuart Baxter Huuhkajien päävalmentajaksi” (フィンランド語). palloliitto.fi (Suomen Palloliitto). http://www.palloliitto.fi/viestinta/?num=105377 2011年10月8日閲覧。 
  9. ^ “フィンランド、バクスター監督交代”. 日刊スポーツ. (2010年11月10日). http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20101110-700641.html 2010年11月10日閲覧。 
  10. ^ “Locket på i MFF efter Baxters nej” (スウェーデン語). sydsvenskan.se (Sydsvenskan). http://www.sydsvenskan.se/sport/fotboll/mff/article1469972/Baxter-tackar-nej-till-Malmo-FF.html 2011年7月2日閲覧。 
  11. ^ “Baxter joins Chiefs” (英語). kickoff.com. (2012年5月7日). http://www.kickoff.com/news/28293/stuart-baxter-has-been-named-the-new-kaizer-chiefs-coach.php 2012年5月8日閲覧。 
  12. ^ “Chiefs and Stuart Baxter part ways” (英語). time live. (2015年6月2日). http://www.timeslive.co.za/sport/soccer/2015/06/02/Chiefs-and-Stuart-Baxter-part-ways 2015年6月21日閲覧。 
  13. ^ “Stuart Baxter fired in Turkey after just two matches” (英語). time live. (2015年8月25日). http://www.timeslive.co.za/sport/soccer/2015/08/25/Stuart-Baxter-fired-in-Turkey-after-just-two-matches 2015年9月20日閲覧。 

参考資料[編集]