チュラニ・セレロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チュラニ・セレロ Football pictogram.svg
Thulani-serero-1315994501.jpg
名前
本名 チュラニ・ケイレブ・セレロ
Thulani Caleeb Serero
ラテン文字 Thulani Serero
基本情報
国籍  南アフリカ共和国
生年月日 (1990-04-11) 1990年4月11日(29歳)
出身地 ソウェト
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム オランダの旗 フィテッセ
ポジション MF (OH)
背番号 17
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 南アフリカ共和国の旗 A.ケープタウン 63 (17)
2011-2017 オランダの旗 アヤックス 88 (8)
2013-2017 オランダの旗 ヨング・アヤックス 12 (0)
2017- オランダの旗 フィテッセ
代表歴2
2006-2007 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 U-17 15 (1)
2008-2009 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 U-20 14 (1)
2012 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 U-23 0 (0)
2011- 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 35 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年7月1日現在。
2. 2016年11月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

チュラニ・セレロThulani Caleeb Serero, 1990年4月11日 - )は、南アフリカ共和国ソウェト出身のサッカー選手エールディヴィジフィテッセ所属。南アフリカ代表。ポジションはミッドフィールダー

トゥラニ・セレーロとも表記される。

経歴[編集]

ソウェトのMapetlaに生まれ、地元のSenaoane Gunnersでキャリアを始めた。それからアヤックス・ケープタウンFCにスカウトされ、2008年にユースからトップチームへ昇格。2009-10シーズンにはクラブの若手最優秀選手に選ばれた[1]。2010年夏に親クラブであるアヤックス・アムステルダムにインターシップへ行き、2011年春に再び訪れた[2]。その期間で獲得を検討させるほどのプレーを見せ[3]、アヤックスは2011年4月に獲得を打診した。2010-11シーズン、ケープタウンでの最後の年は優勝を逃すも11ゴールを決め、南アフリカ共和国リーグ (PSL)の最優秀選手に選ばれた[4]

アヤックス[編集]

2011年5月22日に2年+オプション2年契約を結んだことが発表され、会見でセレロは夢が叶ったと語った[5][6][7]。また、アヤックスへ移籍する際にスタントン・ルイス英語版, デイロン・クラーセン英語版と過去にケープタウンからアヤックスへ移籍を果たすも失敗に終わった2人から教訓を受け、スティーヴン・ピーナールベネディクト・マッカーシーのように活躍したいと願った[8]

2011年8月7日のデ・フラーフスハップ戦に途中出場をし、正式にデビューをするも、その後の負傷により6試合に止まった。

2012年8月25日のNACブレダ戦で移籍後初ゴールを決め、ホームでの勝利に貢献した。1週間後のSCヘーレンフェーンで2ゴールを決めたが、レッドカードを提示され退場した。

代表[編集]

エジプトで開催された2009 FIFA U-20ワールドカップに4試合出場。

2011年2月9日、ケニア戦で71分にバーナード・パーカーに代わり、南アフリカ代表デビューをした[9]。2014年11月15日のアフリカネイションズカップ2015予選スーダン戦で代表初得点を挙げた。

タイトル[編集]

クラブ
アヤックス
個人

脚注[編集]

  1. ^ Annual Awards - Ajax Cape Town
  2. ^ Serero opnieuw op stage
  3. ^ Ajax wil aanvaller vastleggen en verdediger nog een keer laten komen Voetbalzone
  4. ^ Toekomstig Ajacied Serero grote winnaar Zuid-Afrikaans voetbalgala
  5. ^ "Serero signs for Ajax Amsterdam" Archived 2012年3月24日, at the Wayback Machine.
  6. ^ "Serero secures 'dream' Ajax deal"
  7. ^ アヤックス、シグトルソンとセレロを獲得
  8. ^ Serero determined to succeed in Europe
  9. ^ "Bafana Bafana defeat Kenya"

外部リンク[編集]