リー・バクスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リー・バクスター Football pictogram.svg
Lee Baxter (before AIK-Gefle 2013).jpg
名前
ラテン文字 Lee BAXTER
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
 スウェーデン
生年月日 (1976-06-17) 1976年6月17日(43歳)
出身地 スウェーデンの旗ヘルシンボリ
身長 187cm
選手情報
ポジション GK
ユース
1990-1992 イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズFC
1992 スウェーデンの旗 BKアストリオ英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1993 日本の旗 サンフレッチェ広島 0 (0)
1995-1997 日本の旗 ヴィッセル神戸 0 (0)
1998 スコットランドの旗 レンジャーズFC 0 (0)
1998-2000 スウェーデンの旗 AIKソルナ 8 (0)
2001-2003 スウェーデンの旗 マルメFF 17 (0)
2003-2004 イングランドの旗 シェフィールド・ユナイテッドFC 1 (0)
2004 スウェーデンの旗 IFKヨーテボリ 0 (0)
2004 スウェーデンの旗 ボデンスBK英語版 17 (0)
2005 スウェーデンの旗 マルメFF 0 (0)
2006-2007 スウェーデンの旗 ランズクルーナBoIS 41 (0)
2008 スウェーデンの旗 AIKソルナ 0 (0)
監督歴
2008-2015 スウェーデンの旗 AIKソルナ (GKコーチ)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年8月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リー・スチュワート・バクスター(Lee Stuart Baxter、1976年6月17日 - )は、スウェーデンヘルシンボリ出身(イングランド国籍)の元サッカー選手(GK)、サッカー指導者[1]Jリーグでの登録名はリー

AIKソルナGKコーチ。

人物[編集]

父はサッカー指導者のスチュワート・バクスター。若年期は父のキャリアに付き添う形で各国のクラブに在籍している。

妻のカリン・ヨンソン(旧姓)は著名な短距離走者[1][2]

来歴[編集]

ユース年代はブラックバーン・ローヴァーズのアカデミーにまず在籍し、その後スウェーデンのBKアストリオユースでプレーする[1]

1992年5月、16歳のときに父バクスターがJリーグ・サンフレッチェ広島監督に就任したことに伴い来日する。ユースではなくトップチームの選手登録されたが、出場機会はなかった。1994年は外国人枠の関係から選手登録からは外れたが同チームには引き続き在籍した。翌1995年、父が旧JFLヴィッセル神戸監督就任に伴って入団[3]、選手登録はされたがまったく試合には出ていない。

1998年、父の神戸退団と共に自身も神戸を退団し一時スコティッシュ・フットボールリーグのグラスゴー・レンジャースに入団する。

同1998年、父が率いるアールスヴェンスカンのAIKソルナへ入団する。同年までにマグヌス・ヘドマン含め3人GKが退団したことからマティアス・アスペル英語版とともに入団した形であった[1]。同シーズン中にリーグ戦デビューを果たしたものの[1]、アスペルが正GKとして定着する。アスペル移籍後はダニエル・アンデルソン英語版が正GKに定着する[1]

2001年、マルメFFへ移籍[1]、控えGKとして在籍した。

2003年夏にはイングランド・フットボールリーグのシェフィールド・ユナイテッドFCに移籍するも、そのデビュー戦で致命的なミスを犯してしまう[4]。同シーズン中にスウェーデンに戻りアールスヴェンスカンのIFKイェーテボリへ移籍するものの、すぐに当時2部のボデンスBKへレンタル移籍しレギュラーを獲得する。そのときの活躍が認められ、翌2005年シーズンからマルメFFに復帰した[5]

2006年、GKの枚数が少なくなっていたランズクルーナBoISに移籍し[5]、レギュラーとして活躍する。

現役引退後、2008年からはAIKソルナGKコーチに就任、選手層の薄さから第3GKとして選手登録された[6]。2009年からGKコーチに専念することとなった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1992 広島 - J - 0 0 0 0 0 0
1993 - 0 0 0 0 0 0 0 0
1995 神戸 31 旧JFL 0 0 -
1996 0 0
1997 J 0 0 0 0 0 0 0 0
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯スコティッシュ杯 期間通算
1997-98 レンジャーズ 0 0
スウェーデン リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1998 ソルナ
1999
2000
2000 マルメ
2001
2002
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2003-04 シェフィールド・W 0 0
スウェーデン リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2004 IFKヨーテボリ 0 0
2004 ボデンス 17 0
2005 マルメ 0 0
2006 ランズクルーナ
2007
2008 ソルナ 0 0
通算 日本 J 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 旧JFL 0 0
スコットランド 0 0
スウェーデン
イングランド 0 0
総通算

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g AIK、2013年6月26日閲覧。
  2. ^ Karin JÖNSSON”. all-athletics.com. 2013年6月26日閲覧。
  3. ^ ヒストリー”. ヴィッセル神戸公式. 2013年6月26日閲覧。
  4. ^ Martin Blackburn (2003年12月8日). “Baxter blunders prove Burnley's saving grace”. The Guardian (Guardian News and Media). http://www.guardian.co.uk/football/2003/dec/08/match.sport10 2013年6月26日閲覧。 
  5. ^ a b Baxter klar för BoIS”. Landskrona Direkt. 2013年6月26日閲覧。
  6. ^ Hallå där, Lee Baxter…”. AIK Fotboll. 2013年6月26日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]