ガジ・ガジエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガジ・ガジエフ Football pictogram.svg
GGadzhiev.jpg
名前
ラテン文字 Gadzhi Gadzhiev
ロシア語 Гаджи Гаджиев
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1945-10-28) 1945年10月28日(72歳)
出身地 ソビエト連邦の旗ブイナクスク
ユース
1959-1964 ソビエト連邦の旗スパルタク・ハサヴュルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1964 ソビエト連邦の旗スパルタク・レニングラードロシア語版  ? (?)
1965 ソビエト連邦の旗ウォーカー・レニングラード  ? (?)
監督歴
1965-1972 ソビエト連邦の旗スパルタク・ハサヴュルトコーチ
1972 ソビエト連邦の旗ディナモ・マハチカラロシア語版コーチ
1973-1975 ソビエト連邦の旗ディナモ・マハチカラロシア語版監督
1980-1984 ソビエト連邦の旗CSKAモスクワコーチ
1978-1986 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ナショトレコーチ
1986-1988 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦オリンピックコーチ
1989-1991 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦コーチ
1992 独立国家共同体の旗 CISコーチ
1992-1999 ロシアの旗 ロシアコーチ
1999-2001 ロシアの旗FCアンジ・マハチカラ監督
2002 日本の旗サンフレッチェ広島監督
2002 ロシアの旗FCファケル・ヴォロネジロシア語版
コンサルタント
2003 ロシアの旗アンジ・マハチカラ監督
2004-2006 ロシアの旗クリリヤ・ソヴェトフ監督
2007-2008 ロシアの旗サトゥルン監督
2010-2011 ロシアの旗アンジ・マハチカラ監督
2012 ロシアの旗FCヴォルガ監督
2013 ロシアの旗クリリヤ・ソヴェトフ監督
2013-2014 ロシアの旗アンジ・マハチカラ監督
2015- ロシアの旗FCアムカル・ペルミ監督
1. 国内リーグ戦に限る。2008年11月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ガジ・ムスリモヴィッチ・ガジエフロシア語: Гаджи Муслимович Гаджиевラテン翻字: Gadzhi Muslimovich Gadzhiev1945年10月28日 - )はロシアダゲスタン共和国出身[1] の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

ソ連時代[編集]

ダゲスタン自治ソビエト社会主義共和国ブイナクスク出身[2]。スパルタク・ハサヴュルトでユース年代を過ごす[1][2]

その後レニングラードの2クラブ、スパルタク・レニングラードロシア語版とウォーカー・レニングラードでプレーするものの、1965年に極度の近視を理由に若くして現役引退した[1][2]

その後、スパルタク・ハサヴュルトでコーチ経験を積んだ後、1973年ディナモ・マハチカラロシア語版監督に就任[1][2]、1975年にはダゲスタンのリーグで優勝した。退任後はモスクワの大学で[1] スポーツ心理学とトレーニングを学び、教育学の博士号を取得。そのままモスクワに留まり1980年からCSKAモスクワでコーチとして活躍した[2]

ソ連/ロシア代表[編集]

一方1978年からソビエト連邦代表スタッフ入りし、A代表や五輪代表のアシスタントコーチ、ナショナルトレセンの代表者やU-19およびU-16監督などを歴任する[1]

ソ連崩壊後の1992年独立国家共同体(CIS)代表、1992年バルセロナオリンピックEUN代表、1992年からのロシアでも代表コーチの職にあり、20年近く代表スタッフとして活躍した[1]。その間コーチとして、1987年ワールドジュニアユース優勝、1988年欧州選手権準優勝、同年ソウルオリンピック金メダル獲得などに貢献した[1][3]

ロシア以降[編集]

1999年、当時トップディヴィジョン(2部リーグ)だったFCアンジ・マハチカラの監督に就任するといきなり優勝してトップリーグ(1部リーグ)へ昇格[1]。さらに翌シーズンには4位入賞を果たしてUEFAカップ出場権を獲得、同年にはロシア最優秀監督に選出された[1][3]

2002年、その実績を買われヴァレリー・ニポムニシから推薦を受け、Jリーグ・サンフレッチェ広島監督に就任[3][4]。しかし自身初の海外での指揮であったこともあり、チームとのコミュニケーション不足からチーム方針の相違[注 1]や補強の失敗[注 2]や選手との軋轢[注 3]を生み、さらに主力の長期離脱[注 4]や不調もあいまって、チームは下位に低迷した。同年7月、シーズン途中に事実上解任された[注 5][4]

2003年、プレミアリーグから1部リーグに降格した古巣・アンジの監督に復帰[1] するものの昇格を果たせず1年で退団。翌2004年からクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ監督を務め、同年のロシア・カップでは準優勝した[1]

2007年5月からサトゥルン・ラメンスコーエ監督に就任すると下位に低迷していたチームをいきなり5位にまで上げ、チームを初のUEFAインタートトカップ出場に導く。同シーズンロシア最優秀監督。翌2008年は下位に低迷し8月にロシアカップで早期敗退したのを機に解任された[1]

2010年、7年ぶりにアンジの監督に復帰する。翌2011年1月、チームは大富豪スレイマン・ケリモフロシア語版がオーナーとなり、ロベルト・カルロスサミュエル・エトーらビッグネームを獲得、同年9月にチーム成績が平凡なことから監督にもビックネームを招集することが決定しガジエフは解雇された[10]

2012年6月、この年からリーグ秋冬制となるロシア・プレミアリーグのFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド監督に就任した[11]。同年12月、引き抜かれる形で同リーグのクリリヤ・ソヴェトフ監督に復帰した[12]

2013年8月、2年ぶりにアンジの監督に復帰[13]、4度目の就任となった。このシーズン、アンジは緊縮財政で挑んでおりエトオやウィリアンラッサナ・ディアッララシナ・トラオレなど主力が移籍売却された中での監督就任だった。結果、一度も浮上することなく最下位に沈み、シーズン終了後ファーストディヴィジョン(2部)に降格、2014年5月責任を取る形で辞任した[14]

2015年、FCアムカル・ペルミは成績不振からスラヴォルユブ・ムスリン英語版を解任し、後任としてガジエフが監督に就任した[15]

監督成績[編集]

年度 チーム 所属 大会名 試合数 勝点 勝利 引分 敗戦 順位 ナビスコ杯 天皇杯
2002 サンフレッチェ広島 J1 1st 8 7 2 1 5 -位 予選リーグ敗退 -

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ チームは育成型監督を望んだがガジエフは補強でチーム作りをするタイプの監督だった[4]
  2. ^ ガジエフの判断により、前年度に活躍したコリカおよびオレグを退団させたことが同年末のJ2降格原因の一つと見られている[5]。さらに彼の進言によりミロビロングを獲得するも、目立った活躍はしなかった[6][7]
  3. ^ ガジエフのサッカーに一貫的な明確さがなく、どういうサッカーをすればいいのか選手のみならずコーチ陣も混乱していた[4]
  4. ^ 開幕直前に上村健一が怪我したことで計算できるCBがまったく居なくなってしまった[8]
  5. ^ 公式発表は養母危篤により帰国離脱[9]
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m sports.ru。
  2. ^ a b c d e サトゥルン公式。
  3. ^ a b c ガジエフ氏の来季監督就任について”. サンフレッチェ広島公式 (2001年12月11日). 2002年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  4. ^ a b c d ガジエフ監督、退団へ”. 中国新聞 (2002年7月17日). 2002年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  5. ^ 紫熊倶楽部』2003年1月号
  6. ^ MFミロが退団”. 中国新聞 (2002年9月11日). 2002年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  7. ^ 下田、DF陣の連係の悪さ指摘”. 中国新聞 (2002年3月9日). 2013年8月22日閲覧。
  8. ^ 攻撃的守り指示へ上村復帰 29日京都戦”. 中国新聞 (2002年9月29日). 2002年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  9. ^ ガジエフ監督の緊急一時帰国について”. サンフレッチェ広島公式 (2002年7月11日). 2003年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。
  10. ^ Третий уход Гаджиева” (ロシア語). gazeta.ru (2011年9月29日). 2013年8月22日閲覧。
  11. ^ Гаджи Гаджиев назначен главным тренером нижегородского ФК "Волга"” (ロシア語). タス通信 (2012年6月7日). 2013年8月22日閲覧。
  12. ^ Гаджи Гаджиев ушел в «Крылья Советов», досрочно расторгнув контракт с ФК «Волга»” (ロシア語). progorodnn.ru (2012年12月26日). 2013年8月22日閲覧。
  13. ^ ФК «Крылья Советов» расторг контракт с Гаджи Гаджиевым из-за его ухода в ФК «Анжи»” (ロシア語). kommersant.ru (2013年8月8日). 2013年8月22日閲覧。
  14. ^ Гаджиев: не ожидал, что «Анжи» продаст 14 футболистов основного состава” (ロシア語). gazeta.ru (2014年5月27日). 2014年6月7日閲覧。
  15. ^ Гаджи Гаджиев возглавил пермский "Амкар"” (ロシア語). rg.ru (2014年12月30日). 2015年1月1日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]